ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

酒もタバコもランニングもリストカットもすべて同じ

bunshun.jp

身体的な健康に悪いけれども酒もタバコもやめられないっていう人は多い。タバコはしないけれども、酒については飲むのでよくわかる。

とは言え依存症というほどではないので、酒については飲まないときは飲まない。例えば明日の朝が早い・大事なイベントがあるなどのときは飲まないし、夜に集中して作業したいときにも飲まない。また連日飲み会が続いたりしたら、1~2日は飲まない。今は結石が降りてきているので、痛むときは飲まない。

毎日飲まないとやってられないとか、数時間ですらタバコをやめられないという人は依存症だとは思うが、そうではない人も習慣的にやめられないことは多い。ただ、これは人間の性ではないかと思う。

f:id:outroad:20160622111513j:plain

リストカットとランニングは同じ

やめられないということであれば、アンダーグラウンドな話としてリストカットがある。私も全く理解出来ないが、リストカットをすると安心するという人は多い。女性に多い傾向があるように思うが、脳内では落ち着けるような脳内物質が出ているとのこと。だから落ち着くしやめられない。

www.urraca.jp

またランニングも「ランナーズハイ」という言葉を聞いたことがある人も多いように、走り続けていると苦しさがなくなる瞬間がある。脳内物質が出まくって、疲れを感じないようになるわけだ。これも本質的にはリストカットと似たようなもんだろう。「ランニングをして気持ちがいい」と「リストカットでスッキリする」は脳の動きで言えば似ているようだ。

ちなみにランニングも体にいいのか?といえば良くはない。運動として激しすぎるからだ。だからランニングよりもウォーキングが推奨される。体に良くないという意味ではリストカットもランニングも一緒だ。

タバコも酒も安心を求めている

そして酒もタバコも同じように安心するとかスッキリするとか気分が良くなるとか、そういったことのために行っている。決して健康に良いと思ってやっているわけではない。バーテンダーというマンガには「酒は魂を癒やしてくれる」と紹介されるが、まさにそのような効果を求めている。

健康のために良いことをするというのは確かに身体にとってはいい。身体にとってはいいが、じゃあ魂にとってはいいのか?というとそうではない。たいていあまり美味しくない物を食べないといけないし、適度な運動も必要だ。そして睡眠時間も取らないといけない。

健康のために、身体のためにいいことが必ずしも自分の安心や魂の癒やしにつながるわけではない。ここが人間社会の矛盾点であり、面白い部分でもあるのかなとも思う。健康に良いものを全員が魂の癒やしと感じられるなら、矛盾はなかったのだが人間社会はそううまく行かないようだ。

おそらく隊長はストレスや不安と言ったものが昔に比べて減ったのだろう。そして安心やストレス発散ができる別の物ができたのだろう。たぶん結婚して家族ができたことが大きいのではないか?と感じた。だからウォッカ1本空けることもなくなったのだと思う。

ちなみに俺も明日のためにとか、連続して飲み会が続いたときは飲まないなど、酒を飲まない。それはおそらく「明日の仕事が自分の人生にとって大事」であるとか「明日恋人と遊ぶから、そのために元気でいよう」とかそういう酒やタバコで得られる安心よりも大事なものがあるからではないかと思っている。

人間、健康だけで生きられるものではない。健康を損ねてでも安心や生きがいと言ったものを見つけたいのが人間だと思う。だから酒や煙草、リストカットなど一般的に身体に悪いものの代わりに、安心や生きがいをもっと若い頃に見つけられるようにしておく教育が必要なのかもしれない。

レイトタックルが3回続けて起こるのは指示がなければありえない

アメフトが今、危機的状況に陥っている。日本アメフトが盛り上がるかそれともマイナー競技として十数年続くのか、その分かれ道に来ている。いわゆる日大が関学のQBにレイトタックルを行った問題だ。なんとこのタックルについて、監督は指示をしていないという。

監督・コーチが指示をしていないとなると、選手個人が自分自身で行ったことになるが、明らかにこの説明は論理的に矛盾しているのだ。

f:id:outroad:20180516215058p:plain

勝つことが目標なら論理矛盾する説明

なぜ「反則行為を指示したこと無い」という説明が論理矛盾しているのか?というと、日大も関学も、試合に勝つために全力を尽くしているわけだ。全力で試合を行っていて、1人のプレーヤーが勝手に自分の判断で反則をした。そして15ヤード罰退のペナルティをとられた。

アメフトは極端に言えば10ヤードずつ進んでいく競技だ。4回の攻撃で10ヤード以上進むことができれば、また攻撃をすることができる。それを何度も繰り返し、タッチダウンもしくはキックでゴールを狙う。それで点数を重ねていくわけだ。4回攻撃して10ヤード進めないことなんてよくあるのだが、10ヤード進ませなければ攻撃権が交代する。

つまりこの10ヤードというのはアメフトでは大変大きいのだ。相手チームを有利にするわけだから、このような反則を繰り返していたら勝てるわけない。大学アメフトではペナルティにおける罰退は15ヤードが最大だ。つまりそれだけ自軍が不利になることを行ったのだ。それも3回も。

もし試合に勝つことが目的なら15ヤード罰退などしていたら勝てないのだから、ヘッドコーチやディフェンスコーチからは厳しい叱責を受ける。他の選手と交代させることだってあり得る。しかし日大チームはそれをしなかった。そしてその行為を3回も見逃したのだ。

  1. 監督・コーチが指示をしていない
  2. プレイヤーが勝手に判断して行い
  3. ペナルティが3回も続いた
  4. そしてそれを黙認した

本当に勝利を目指しているのであれば、こんなこと論理的にありえないとわかるだろう。

QBに怪我させることが目的なら論理的

ただそれでも「勝つために我々は努力してきた」と日大が言うのであれば、一つだけ論理的な説明が成り立つ部分がある。それが「QBに怪我をさせること」という目的のために、何度もレイトタックルをして黙認したという考え方だ。

QBはアメフトの要であり、QB次第で大きくチームの強さが変わる。NFLではブレイディという最強のQBがいたことでペイトリオッツはすごく強かった。もしブレイディでなければ、ペイトリオッツはさほど目立つチームにはならなかったと思う。そのくらい重要なポジションなのだ。

なのでスタメンのQBを怪我させることで、控えのQBを出させる。そうすればチーム力が大きく落ちるので、15ヤード罰退だとかラインバッカー1人退場でも、十分お釣りが来ると考えていたのではないか?ということだ。これなら論理的な辻褄が合うのだ。

結局いろいろとスポーツ新聞から漏れ聞こえる話では、全く納得の行く説明ではない。論理的矛盾が発生するのだ。

このままでは、日大とはどのチームも試合をしてくれないだろう。日大アメフト選手がかわいそうである。監督・コーチなど責任者はこの状況を早急に改善すべき義務がある。

世代間の問題と個人間の問題はまた別の問題

togetter.com

ネトウヨと呼ばれる方々、そして保守的な人たちに人気のある高須さんが炎上した。高須院長が若者に「甘ったれるな!私たちの時代は~」とツイートしたことがきっかけだった。正直この辺は保守・リベラル関係なく年齢が高い人、団塊世代以降の人は似た考え方をしているんだろう。

この問題は基本的に世代間格差の問題と個人の問題をごちゃごちゃにしているため、ややこしくなっている。

世代間問題では若者は割りを食っている

まず事実として世代間格差の問題はある。例えば受益と負担について、どの程度の格差があるかを見てみると、60歳以上の世代はプラスだが40代以下はマイナスだ。高齢の人たちが受益者であり、若者が負担者となっているのは紛れもない事実だ。

www.huffingtonpost.jp

もうこれだけを見ても、高齢者世帯と若者の間に大きな格差がある。そのため「私が若い頃は~」という話をしても若者は反発して当たり前だ。あなたの時代と今は違うんだ、と言われてしまうしその反論は至極全うだからだ。

世代内でも格差がある

さらに世代の中にも格差というのは存在する。高須院長の世代でも高須院長はかなりの所得を得ている。平均の数十倍を超えるだろう。一方でホームレスになってしまった人もいれば、施設に入って生活保護という人もいる。生活保護を受給している51%は65歳以上の世帯であるという報道もあるくらいだ。

mainichi.jp

生活保護をもらっている世帯の方々も、頑張ってきた人は多いだろう。しかし今は生活保護をもらう状況になっている。結果的にモーレツに若い頃働いたからといって、確実に高須院長のようになるということはない。

世代間格差もあれば、世代内格差もあるのだ。

世代の話なら間違い、個人の話なら正しい

今回の炎上は世代間での話と個人間での話をごっちゃにしているために、ややこしくなっている。高須院長は「甘ったれるな若者!」と特定の若い人ではなく、若者全体に対して語りかけている。つまり若者世代にもっとがむしゃらに働けと言っているのだ。そうすればいつかはリッチになれると。

これは若者世代全体に言ってしまうと反発されても無理はない。なぜなら上記で紹介したように、若い世代は高齢者を支えるための社会保障に多くのお金を取られている。高須院長は高齢者世代にくくられるわけで、受益が多い世代から負担が多い世代に説教されて気持ちがいい若者はいない。

逆に個人での話ならまったく高須院長の言うことが正しい。裕福になりたいならがむしゃらに努力をすべきだし、必死になるべきだ。必死で働かずに上からお金が降ってくるのを待つのは、意味がないことである。なので「裕福になりたいんです」という個人に対する説教なら正しいのだ。

f:id:outroad:20180514074208j:plain

がむしゃらに働いて未来はあるのか

今回の始まりは「若者がお金を使わないのは使えるお金が少ないから。経済は停滞し、少ない給与から家賃や水光熱費、奨学金の返済、年金を支払って、どうやって車を買ったり旅行をしたりしろというのか?」という問題提起だ。若者は給与が少ないが、支払うものは多いという現実を表明した投書から発している。

であれば、この話はどちらかというと個人の話というよりも世代間の話だ。この投書をした彼も「お金を使いたい!お金が欲しい!もっと旅行も行きたいし車も欲しい!」という意見ではないだろう。素直に文意を読めば「我々若者は自由にできるお金が無いということを年齢の高い人達も知ってほしい」ということなんだと思う。裕福になりたいとも言ってはいない、理解してほしいがメインだ。

高須院長の言うことも最もではあるが、それは成り上がりたいという個人に対して言うには正しいだろう。ただ、今20代30代ががむしゃらに働いて、裕福になれるのか?という疑問もあるがむしゃらに働けば全員が豊かになれる時代だろうか?今日より明日が経済成長していた時代ではなく、経済停滞している時代である。

もちろんまったく働かない、サボるという話ではない。高須院長が経験したように働けば、今の高須院長のようになれる人がたくさん出てくる可能性もある。とは言え、少なくとも私を含めて多くの若者はそうなれるという希望を持てない状況だ。がむしゃらに努力した先に希望を持てない中でも、がむしゃらに働くべきなのだろうか?

私個人の答えとしては、お金がない中でも楽しむというのも一つの方法だと思う。下記ホリエモンが言うように自分のしたいことをお金があろうとなかろうと、やればいいというのが正しいとも思う。

r25.jp

もちろん大金持ちになりたいなら、大金持ちになるためにがむしゃらに働くこともいいだろう。それも一つの選択肢だ。

今回は高須院長が「がむしゃらに働け!」と言っているが、逆にがむしゃらに働いてきたけれども生活保護になっているという人の話も聞いてみたい。彼らは若者にどういう言葉を投げかけるのだろうか。

2018年5月に発売される読む予定のマンガ

5月はゴールデンウィーク期間中もなんだかんだ仕事してたこともあって、ブログ更新が滞ってた。次にやろうとしているビジネスもちょっと資金調達が難航していることもあって、結構焦り気味。ってことでなかなかマンガのエントリーが上げられなかった。

とりあえず5月はもう3分の1過ぎてしまっているのだけれども、いつもどおりエントリー上げておこうと思います。

3月に読む予定のマンガ

3冊ピックアップ

今回のピックアップ1冊目ははじめの一歩。一歩がパンチドランカーということで、よくわからない敵に負けて、引退ということになっているわけですけれども、これからどうやって進めていくのでしょうか?ボクシング漫画で主人公がボクシングをしないということがあるのか?知人は今のはじめの一歩にすごく怒ってるのだが、ここからどうやってストーリーを進めるのだろうか…

2冊目は土竜の唄。ヤクザマンガなんだけれども、コミカルなところも多く、絵柄もそこまで濃いわけじゃないので、読みやすいと思う。しかし心配なのがもうちょっとで目的を達成しそう!ってところでどんどんそれが伸びて伸びてしている印象を最近は受ける。もっと一つの目的をスッキリ終わらせて、新章に行くとかしたほうがいいんじゃないか?とは思う。

3冊目は食戟のソーマ。この最新刊は5月に入って漫画喫茶に行ったので読んだのだが、なんか今まで以上に展開のスピードが早い。2話くらいでバトルが終わって次々進んでる。これ、もうそろそろ手仕舞いする予定なんじゃない?って心配。マンガの展開がコミックスの売れ行きだとか出版社の都合に振り回されるのは正直見ていて気持ちの良いものではない。

食戟のソーマ コミック 1-28巻 セット

食戟のソーマ コミック 1-28巻 セット

 

今回のピックアップはすべて苦言を呈する形になったけれども、それもマンガが好きだからでもある。好きな漫画が終わるのは寂しいけど、嘘喰い監獄学園のようにしっかり終われる漫画のほうが読者としてはいい。伸びてしまってだらけないような、そんなストーリーをぜひ見せてほしい。

支払いはすべて半自動レジにしてほしい理由

なぜそんなに500円玉を渡そうとしないのか、よくわからない意地を貼っている若い女性だが、まぁ正直人間が行動をするといろいろな感情が湧き上がる。喜怒哀楽あるので、そこでこういった500円玉を渡さないとか小銭を文鎮代わりにしてレシートを手のひらに置かれるのがイヤとか、いろいろある。

そこでぜひスーパーもコンビニも飲食店もやってほしいなと思うのが支払いだけ自動の半自動レジだ。私が使う駅の近くのあるスーパーや天王寺にあったスーパーも、この半自動だったが、大変良かった。ぜひすべての支払いを半自動レジにしてほしい。

半自動レジで小銭が最適化される

私が使っている中で感じる半自動レジのメリットの一つは小銭問題だ。それこそまさしく600円の会計に1100円を支払うというものだ。たまに611円の金額のときに1155円支払う事がある。これはこちらの財布に50円玉と5円玉しか無く、10円玉と1円玉がないからだ。

この状態で単純に1000円で支払うと、5円玉が2枚・50円玉が2枚になってしまう。これを避けたいがためにこちらは50円や5円で10円・1円の端数を支払っているのだ。ただ、これは俺のルールであって、店員さんに伝わらないことはよくある。

そこで半自動レジだ。半自動レジはそんなところで疑問を持ったりはしない。粛々と入金された金額と支払額を差し引き、最適なお釣りを出してくれる。極端な話を言えば、財布に入っている小銭を全部入れていいのだ、何も考えずに。そうすれば機械が勝手に判断してくれる。

これはご老人にも優しい。よくスーパーで見かけるのはご老人が小銭を払おうとしているのだが、小銭がよく見えないのか計算が苦手なのか「ここからとって」と店員さんに財布の中を見せて頼んだりすることだ。もしくはめんどくさいからと1000円札や5000円札で支払って、結局小銭がたまるというパターンだ。

こういうご老人も今後半自動レジになればすべての小銭を適当に全部投入してしまえばいいだけだ。で、足りなければお札を入れたらいい。何も考えなくていいのですごく楽だし、小銭も少なくなって軽くなる。おじいさん・おばあさんもやり方さえ覚えればすごくメリットが大きい。

半自動レジは衛生面にも良い

もう一つ、いいなと思うのは飲食店だ。飲食店ではレジでお金を受け渡しする仕事と調理をする仕事を1人でやらないといけないこともある。その場合、お金をつかめば手洗い・消毒が必要になり、何度も手洗い・消毒をしなければならない。

昔私もおにぎり屋でバイトしていたことがあるが、おにぎりを握ってはお金を取扱うということを繰り返していた。しかしこれが半自動レジになれば、お金を店員側が触ることがなくなる。つまり調理だけに集中することができるのだ。調理して後の支払いはすべて半自動レジに任せれば、衛生面も大変プラスになる。

 

このように半自動レジにはメリットが大きい。ただ、レジ以上に故障が多いらしいので、故障対応のスタッフや修理・メンテナンスの研修や外注企業との契約が必要になるだろう。ただ、それを差し引いてでも半自動レジのメリットは大きい。

ぜひ今後はコンビニ・スーパー・飲食店、全てで半自動レジを導入してほしい。