ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

内部留保課税をするよりも経済活性化に力を入れろ

内部留保課税とかいうわけのわからない事をしようとしている政党がいるそうなので、内部留保と言うものに課税するのがどれだけ馬鹿げているか、ということをお話しよう。

内部留保を知るためのPLとBS

まず内部留保とは何か?内部留保はフローとストックの2種類が存在する。これは簿記をやっている人ならわかるPL(損益計算書)とBS(貸借対照表)だ。PLは主に1年の業績を表すもので、1年間のうちにどれだけ売上があり、どんな費用がかかり、結果的にどれだけの利益が残ったかを示す。

この内、残った利益から法人税等を引いた後に残る金額がおそらく内部留保とされているのだろう。PLでは当期純利益とされるものだ。この当期純利益はBSにの右下、資本金の近くの項目に貯められていく。利益剰余金と言われるもので、何年も企業が継続して黒字であれば、利益剰余金はドンドン貯まっていく。

このフローとストックの2種類の内部留保のうち、おそらく課税の話はストックの内部留保の話をしているのだと予想される。

事例で見る内部留保≒現金

事例でみるとわかりやすいのですごく単純化した小売店を考えてみよう。Aという小売店は輸入してきた洋服をネットで販売している。ネットで販売した金額は手数料10%を差引かれて、毎月末日締め翌月15日に銀行口座へ入金される。仕入れは現金前払いで仕入れているとしよう。

この時100万円でスタートし、80万円分を仕入れたとしよう。そして当月の売上は仕入れた洋服が全部売れて130万円だった。月末のこの企業の利益は130万円の売上から手数料13万円と80万円の仕入れを引いて、37万円となる。これがこの月の利益だ。

では現金はどうだろう?月末締めの翌15日払いなので、手元には20万円しかないことになる。利益37万円はすぐに現金になるわけではない。法人税は利益に対してかかるので、利益だけだして現金がなくて倒産する黒字倒産といったことも実際に起こるのだ。

労働者報酬を上げるなら景気を上げるしかない

これはアゴラでもすでに書いていることなのだが、労働者報酬を上げるなら景気を上向かせるしかないのだ。GDPを順調に増やしているドイツやアメリカは給与がドンドン上がっている。しかし日本は給与が上がっていない、なぜならGDPがまったく10年前から増えていないからだ。

agora-web.jp

分配の話も当然大事だが、労働者の給与を上げる為に手っ取り早いのは景気を上げるしかないのだ。その話題から逃げているようでは、日本の失われた20年は30年40年と更新し続けることになるだろう

スタンダードな笑いとにゃんこスターと日本エレキテル連合

遅ればせながらキングオブコント見ました。全部見たけど、圧倒的にかまいたちが面白かった。笑いの量だけで勝敗を決めるAIができたとしても、圧倒的にかまいたちが優勝しただろうっていうくらい、他と差があった。関西から羽ばたいていってほしいね。なんせ元々実力あるコンビだし、トーク番組もうまく順応できるはず。

さて2017年のキングオブコントではにゃんこスターが一つの衝撃になった。まぁダウンタウンのまっちゃんが高い点数をつけたということが一つのポイントになっていて、まっちゃんが低い点数をつけてたらこんなに言われることはなかっただろう。

オールザッツ漫才に出たら埋もれる個性

じゃあ面白かったのか?っていうとそうでもない。単に「ゴールデン番組で行うコント大会だから、こういうものが行われるだろう」という関係者・視聴者の考えがあり、その範囲からはみ出るようなことをしたから、衝撃が強かったというのが正しいのではなかろうか。その証拠に2回目は同じパターンで目新しさがなかった。

ただ、本当に面白いものっていうのは目新しさがなかったとしても笑えるものだ。例えば吉本新喜劇では同じようなネタが舞台設定は変わるけれども行われている。ベテランの漫才師や落語家の話しというのも、何度も行われているものだ。それでもお客さんを笑わせる。

にゃんこスターはそれができなかった。同じパターンのネタを持ってきて、明らかにパワーダウンしてしまった。それは彼らのネタへの衝撃が今までのゴールデン番組ではなかったから、高い点数が出ただけではないか?と思う。もちろんお笑いとしてあってもいいと思う。

私がこういう評価を下すのはにゃんこスターくらいのレベルだったら、今までいくらでもオールザッツ漫才で出てきたからだ。おそらく関西だったら埋もれるレベルのネタ・笑いでしかない。東京でもライブシーンなどではにゃんこスター以上に衝撃的なネタをする芸人はいるはずだ。

なのでお笑いをよく見ている人ほど「ああ、あるある。こういうコンビあるよね」くらいになるが、見ていない一般人にしてみたら衝撃だったろう。

エレキテル連合と同じ道をたどるか

個人的にはにゃんこスターが嫌いなわけではないし、ああいう笑いがどんどん出てくるのは歓迎だ。コントの幅・漫才の幅を広げて、より幅広く一般視聴者に受け入れられるようになって欲しい。そうすればリットン調査団はきっと再評価されるだろう(笑)

今回のにゃんこスターの衝撃で気になるのはエレキテル連合のように消えていかないか、使い捨てにされないかということだ。テレビと言うのは視聴率が取れるなら使うが、取れないとわかれば一気に使わなくなる。芸人をプロデュースして育てよう、なんていう考え方もない。

昔は電波少年など、そういうチャレンジしてスターを生み出そうとしたテレビ番組はあったが、今は予算が厳しくテレビ局も収益力が落ちている。そんな中でエレキテル連合は一時期、すごいはやりになった。あれもだいぶぶっ飛んだネタだったが、なぜか流行した。

しかしその勢いは流行語大賞後、一気に転落していった。実際、彼女たちが転落したわけではなく、テレビが離れていったわけだが、テレビで見なくなって一般視聴者にしてみればエレキテル連合はいないも同然の扱いになってしまった。このテレビの扱い方、これを危惧している。

つまりにゃんこスターが一時期はもてはやされたとしても、そのうち消えてしまうのではないか?ということだ。悪く言えばテレビに使い捨てにされないか?が心配なのだ。個人的に、彼らのネタとしてはそこまで評価していないのだが、それでも枠を飛び出したコントをしたいっていう姿勢は評価されるべきだし、それによって救われる芸人はたくさんいるはずだ。

だからこそスタンダードな笑いではない、にゃんこスターの笑いというのがエレキテル連合のように使い捨てにされないでほしいと思う。と言うか、テレビはそうやって使い捨てにしていくのをやめるべきで、そのような使い方をしていたらテレビ局に芸人は協力しなくなっていくだろう。

なんせ下記の吉本社長のインタビューで語られているように、今やネットのほうが制作費を出してくれる時代なのだ。まだテレビの影響力は大きいが、若い世代を中心にネットに移っていっているのは間違いないのだ。であれば、もっと芸人を大事にしなければ、テレビ局は早晩見放されてしまうだろう。

www.businessinsider.jp

お笑いは自由で楽しくて、そして人によって刺さるポイントは違うはずである。であれば、にゃんこスターで笑う人がいてもいいし、笑わない人がいてもいい。ただ、それをテレビが流行り廃りで決めるのだけは辞めてほしい。もっと笑いに寛容であってほしいのだ。

だれも芸人がクイズ番組で答える姿ばかりを見たいわけではない。そんな番組ばかりのテレビ、誰が憧れる?誰が見たい?テレビはぜひともにゃんこスターを使い捨てにせずゆっくり育てる、そんな気概を見せてほしい。

10月に発売されるマンガ・コミック、読む予定のもの一覧

早いもので10月ですねぇ。夏は暑いなぁとか言って、残暑は厳しいなぁとか思ってたら急に寒くなってくるんだから、日本の四季というのは不思議なもんです。

9月は漫画喫茶に何度か行ったが、結構1巻のマンガを呼んだ気がする。が、そんなに大ヒットはなかったなぁ…そんなわけで10月のマンガ紹介も行ってみましょう~。

10月に読む予定のマンガ一覧

3冊ピックアップ

今回も3冊ピックアップしたいのだが、何と言ってもくーねるまるたが終わるという衝撃!まるたのあのほのぼのしたマンガが読めなくなると思うと…悲しい。始まりがあれば終わりがあるから仕方ないのだけどね…

もう一つは球場三食。最近グルメ漫画が細分化されている、なんて言われているんだけど、これもまたグルメ漫画だ。野球場に行ってはそこにある名物を食う、というだけのマンガなんだけど、結構面白い。野球って球場の食い物を楽しむっていう、そういう楽しみ方があってもいいよね。

3つ目は異世界系全般でいきますか。今月の異世界系は天空侵犯とダーウィンズゲームの2つがまぁ1番よくあるパターンの異世界系でしょうかねぇ。だいたいどこか別の世界とか結界張ってそこだけ能力を使えるようになるっていうパターンが多く、さらに主人公は頭が良いというパターンが多い。そろそろネタ切れになりそうな気がするし、それにいいところで落とし所を作るのはなかなか難しそうな気もするので、終わりが気になる。

というわけで寒くなってきたので漫画喫茶行ってきます(笑)

【映画】サーミの血「自由を得るには時として捨てなければならないものがある」

映画『サーミの血』公式サイト

サーミ人という民族が北欧の方にいるらしい。今では少ない人数しかいなくなってしまったけれども、1930年台には劣った民族・人種であると差別されていたようだ。スウェーデンを舞台にしたこの映画では、サーミ人の女の子が自由を得るために民族・人種の伝統から抜け出そうとしている部分が描かれている。

自由を得た主人公の女性と、自由を選ばずに伝統的な民族の生き方を選んだその妹、対比が明確に示されていた。どちらの生き方が正しいかどうかではないが、一般的には自由に生きることは尊いと言えるだろう。しかしその自由に生きた主人公は妹の葬式のために、一時的に戻ってくるのだ。

自由を謳歌した裏にいる人に思いを馳せる

サーミ人は脳の機能が一般的なスウェーデン人よりも劣っている、臭い、汚らわしい、様々な差別の言葉が主人公に投げかけられる。その差別に憤りを感じながら、自分も自由を謳歌したいと考え、サーミ人の学校から抜け出す。

その行動は悪いことでもなく、自由を得られるのは素晴らしいことだ。しかしその裏側には自由を謳歌せずに伝統や民族の掟と言った者を守った人たちもいる。それが主人公の妹だ。ハッキリとそういったシーンがあるわけではないが、伝統的な生活を妹が継いで守ってきたのだろうと推測できる。

妹だって別に自由を得るために民族の伝統から抜け出すことだってできたはずだ。性格的にできないということはあるかもしれないが、それでも無理ではなかった。しかしそれを選ばなかった。そして伝統を守った。この彼女の行動は自由を選んだ主人公と同じくらい尊いものだと思うのだ。

自由を謳歌することができる現代、その自由は多くの先人たちの努力によって作られてきたものだ。この自由はしっかり守っていかなければならないし、自由を後世に残すために不自由を強いられた人たちに思いを馳せなければならないのではなかろうか。

サーミ人への差別の映画って言うだけじゃない、非常に興味深い映画だった。しかし最近ミニシアターよく見に行ってるなぁ(笑)

結婚相談所は結婚をサービスとして提供している場所ではない

togetter.com

オタクの人をターゲットとした結婚相談所・婚活サービスで「とら婚」というのがあるようだ。で、上記のTogetterでまとめられているが、どうも炎上しちゃったようだ。その内容が下記だ。

一体なんでそんなに炎上しちゃったの?というような感じだ。なぜなら普通のこと、一般的なこと、まったく当たり前のことを言っているだけだからだ。にも関わらず炎上しちゃうと言うのは、このサービスをみんな勘違いしているんじゃないか?と思った。

結婚相談所や婚活サービスは結婚を提供するサービスをしているわけではない。

結婚相談所で結婚できる確率は10%程度!?

まずそもそも結婚相談所に入って結婚できる確率はどの程度なのだろうか?「結婚相談所 確率」などで検索してみると出てくるので見てほしい。ざっと見たところ、14%という計算を出しているサイトを見つけた。つまり100人中14人が結婚できるわけだが、逆に言えば100人中86人、結婚相談所を使っているほとんどの人が結婚できないのだ

ameblo.jp

というように、ほとんどの人は結婚相談所を使っても結婚できない。だからこそ、結婚相談所はこの少ない結婚できた人たちの特徴を紹介し、その特徴に合うように努力すれば結婚できるよ!とアドバイスするわけだ。サービスとしては当然だと思われる。

しかし、こんなにも炎上してしまうのは結婚相談所に入ればそのまま結婚させてくれると考えている人が多いからだろう。しかも自分は変わらずに自分にあった人を見つけてくれる、そう考えているように見える

結婚相談所は出会いを紹介してくれるサービス

つまり結婚そのものを売っているわけではないのが結婚相談所というわけだが、では結婚相談所は一体何を売っているのか?それ出会いを売っているのだ。結婚相談所に登録している、結婚したいと考えている人が出会える場所を提供している。決して結婚そのものを売っているわけではないのだ。

もちろん最終的に結婚というゴールに向かって、男女ともに努力するわけなので、結婚まで言ったときには出来高払いが必要になったりもする。だがあくまで出会いを提供し、結婚までをサポートしてくれるだけで結婚そのものを提供はしていない。

だからこそ「より結婚に近づくために」というサポートのの一環として、オタク趣味以外も見つけたほうがいい、オタクでもスペックが高い方がいいということを言うわけだ。これはサポートの一貫でしかない。

どうもオタクの人たちは「オタクの今、あるがままの自分を結婚させてくれるサービス」と勘違いしているように思うが、そんなものはない。あるんだったら俺だって使いたいわ(笑)