読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

海外の喫煙規制は「屋内はダメ、屋外はOK」という形が多いようだ

受動喫煙に関しての規制を東京都、そして国として取り組むという方向で進んでいるらしい。自民党は消極的であまり受動喫煙防止法を厳しくしないで、分煙の方向で進めたいと思っているらしい。コレに対して駒崎さんや永江さんなんかがかなり積極的に受動喫煙防止に対して発言している。

まぁ私は基本的に非喫煙者なのだが、この受動喫煙防止の運動についてはまったく賛成できないし、どちらかと言うと強く反対したくなる。まるで「喫煙者は殺人者」「人間じゃないからいくらでも罵倒していい」というような批判の仕方をしている。

私の周りにはまだまだ喫煙者はいるわけで、そうなるとこういう批判している人たちに乗っかることは難しい。もう少し喫煙者も同じ人間であり、喫煙する権利もあるというのを前提で運動してほしいなと思う。

イギリス・ドイツでは屋外でパカパカ喫煙する

さて、世界では受動喫煙を防止する方向で動いているそうだ。日本は受動喫煙天国なんて言われたりするんだけれども、諸外国がどういう対策をしているかご存知だろうか。受動喫煙防止で先進的なヨーロッパ、例えばイギリスやドイツを例にとってみよう。

実はイギリスもドイツも屋内での喫煙は全面的にできない、となっている。ホテルも空港も飲食店も禁煙だ。日本は色んな所に喫煙所があって、飲食店も分煙が多いので屋内禁煙についてはだいぶ遅れている。

ただ、逆にヨーロッパでは屋外は全面的に喫煙OKになっていたりする。つまりパカパカ歩きタバコをする人もいれば、町中で喫煙してそのあたりにポイ捨てしたりしている。屋内はダメでも屋外はOKなので、一歩建物や公共施設の外に出れば灰皿が設置されていたりする。

これが受動喫煙防止なのだという。屋外は煙草の煙が外に逃げていくし、吸っている人はひと目見たらわかるから、受動喫煙をしたくないなら近寄らなければいい、という考え方なのだろう。逆に屋内はたばこのケムリが充満してしまうので、受動喫煙につながるために、全面禁煙ということにしているのだと思う。

屋内禁煙は良いとしてどこでタバコを吸えばいい?

何度も言うが私は非喫煙者なのでタバコは吸わないのだが、タバコを吸う権利は誰にでもある。なので喫煙者の人がタバコを吸うとしたらどこで吸うべきなのか?ここの議論はかなり抜けているように思う。

例えば音喜多さんはブログで喫煙場所を作ることを推進していくべきとおっしゃっています。屋根付き・囲い付きで煙が出ないようにしてということなのでしょう。

otokitashun.com

しかしこれ、結構大変じゃなかろうか?東京もそうだけど、首都圏の都心に近いあたりでは人が山ほどいる。2割の人が喫煙者としたら昼間のピークで200~300万人くらい喫煙者が都内にいることになるだろう。屋内全面禁煙になれば、その人達が外で全員吸うことになるが、その人たちが使えるだけのスペースを都内に確保できるのだろうか?私はそれは難しいと思うのだが…

そもそもロンドンにしてもドイツのベルリンにしても人は多い。受動喫煙防止を考えれば屋外で喫煙できるようにするとしても、音喜多さんが言うように囲いのある喫煙スペースを作ったほうが確実だ。でもそれをしないということは、景観の問題だとかスペースの問題、予算の問題があるんだと思う。

それに東京都は予算がいっぱいあるからいいけれども、地方で喫煙スペース以外は喫煙不可にするのはちょっと厳しいだろう。高知県の小さな街で喫煙スペースを作るのは難しいだろう。予算もそうだし、受動喫煙の面からみてもイマイチ効果がありそうな気もしない。

なので東京と地方では分けて考えたほうがいいだろう。

なので受動喫煙防止を推奨している人たちは、ぜひどこで吸うべきかの議論もしてほしいなと思う。日本はヨーロッパと違って屋内は緩いが屋外は歩きタバコなど厳しいからね。

huluのリニューアルについて、私の推測に関する補足

アゴラに書いた記事でメディアの専門家?の方からご批判を頂いた。推測に基づくことを書くのはフェイクニュースの例もありデマ拡散につながるから止めておいたほうがいいというものだ。

私の個人ブログにしてもそうだし、アゴラにしても確かにえらくアクセスを集める形になってしまったので、まぁ影響力はあったんだなと感じる。とは言え、推測で書くのは禁止、とされてしまうとインターネットの言論空間が狭苦しくなってしまう。

もちろんデマはいけないが、状況から見た推測記事を書くことは新聞でもテレビでもネットでも、止めるべきじゃないと思う。もし間違いというのであれば、それは言論で反論するのが筋かと思う。もちろん推測が間違いという証拠をつけて。

経営者は利益を出すのが仕事です

さて、今回の私がどうしてこのような推測を行ったか?という点について、少し解説しておこうと思う。もちろん根も葉もない部分から事実を作り上げたわけではなく、huluのプレスリリースや社長のインタビュー、その他公式発表から推測したものだ。

主に私の推測している点は下記の二つだ。

  • システムリニューアルは赤字の解消を狙っている
  • システムリニューアルは独自コンテンツ配信のために行った

まず一つ目の赤字の解消についてだが、そもそも会社経営者は事業で利益を出すことが仕事だ。そしてhuluの日本法人は日本テレビが買収してからもずっと赤字が続いている。この赤字をなんとかしなければならないのは明白だ。

で、システムリニューアルをすればなぜ赤字を解消できる可能性があるのか?といえば、システムを自前で持つと損益分岐点を落とすことができるからだ。おそらくアメリカ本社のフールーシステムとドメインを使うことによって料金を支払っていたのだが、それがなくなる。

システムを最初に作ると大きな出費が必要になるが、それは一時的なものなので、システム開発が終われば後は保守費用だけになり、だいぶ安く収めることができる。それこそ何億・何十億円と払っていたであろうお金を払わなくなるのだから、初年度は赤字が継続したとしても、当然赤字解消に傾くのは間違いない。

利用者が増えているのに赤字

そしてこの赤字解消を目指す事自体、なんら問題ないし、経営者として当然の方向だ。huluが日本テレビに買収されてから、およそ90万人もの会員が増えている。月額933円のサービスなので、90万人増えるということは単純計算して、約8億4千万円の売上増になっている。

で、現在は155万人会員がいるので、月額だいたい14億5千万円の売上が見込める。これが12ヶ月分で173億円だ(最新の年間売上高は163億円)。そこからコンテンツを購入したり、システム利用料として支払ったりするコストが上回っているために、赤字経営なのだ。

おそらく削れるであろう大きな出費は、コンテンツの購入の部分とシステム利用料の2つだけだと思うので、システムを独自に作って赤字解消に動いたと言う推測ができるわけだ。

独自コンテンツを配信したいという推測

もう一つの独自コンテンツを配信したいという推測についてだが、こちらも間違っていると思っていない。なぜなら6月2日にDragon Ashライブ配信を行うそうだ。これ、実は今まではPCでしか見れなかったようだが、独自システムにすることでタブレットスマートフォンでも対応することができるそうだ。

アメリカ本社のシステムを使っていたとしたら、このライブ配信のために新しくシステムを作ってもらうようにお願いする必要があった。そうなるとコストがかかるし、さらにランニングでずっと利用料も払わないといけないので、コストがかさんでしまう。

こういったライブ配信などの独自コンテンツを出したかった、だからシステムを独自のものにしたというのは間違っていないと思うし、何よりも社長がそもそもインタビューで言っている。

もちろんそれ以外にも著作権保護の話もしており、どちらかと言うと今回のシステムリニューアルで混乱の元になっているのは、こちらの著作権保護に関しての部分だといえるだろう。

システムリニューアルがコケても解約を増やさない方法はあった

とまぁ私の推測は基本的に間違っていないと今でも思うのだが、あくまでこれは経営論・財務論からみた話しなので、メディア論からみたらまた別の理由があるということなのだろう。その点は専門家におまかせするとしよう。

最後に今回のシステムリニューアルだが「ほんとにユーザーのことを考えていないんだな」と思った最大の理由はシステムを一気に変更した点だ。ある日突然、旧ドメインにアクセスできなくなり、アプリも使えなくなり新しいシステムに移行した。これがいけなかった。

もし旧ドメイン・旧システムを2ヶ月ほど置いておけば、新システムに馴染めない人や新システムでの不具合を調整することだってできた。私もhuluを解約することなく、旧システムでずっと見続けていただろう。新システムが安定したらそちらに移っていたと思う。

Googleでもこういったことは当たり前のように行っていて、新しいデザイン・UIやシステムに代わるときには旧システムも並行して使えるようにしてある。もちろんそれは数ヶ月だけではあるが、ユーザーのことを考えれば、当然のことだ。なによりシステム開発者や企業の担当者も安心して新システム移行に取り組めるのも大きい。

しかしhulu日本法人はそれをしなかった。たった2ヶ月3ヶ月だけでもいいので、契約延長をしておけば、こんなことにはならなかったはずだ。交渉して断られたのかもしれないが、それならなおさらユーザーのためにもっと早く開発を急ぐか、リニューアルを遅らせる必要もあっただろう。

私はもうhuluをやめてしまったが、新システムと旧システムを併用させる、これだけのことがあれば、やめなかったのに…と思う。そう考えると、たった2ヶ月でも契約延長するコストをケチったんじゃないか?と推測するのも、致し方ないんじゃないだろうか。

6月に新刊の出る、私が読んでるマンガ一覧

さて、5月から始めていた新刊コミックが出るマンガの紹介です。そろそろ5月も終わって鬱陶しい梅雨の季節に入るわけだが、みなさん体調はどうだろうか?イマイチ精神的にすぐれない…という人はぜひマンガを読んで、雨の日の憂鬱をふっとばしてやろうじゃないですか、ねえ(笑)

6月に出る新刊一覧

で、6月に出る新刊は下記の通り。あ、ちなみに私がよく行く漫画喫茶の一つである快活クラブのホームページから新刊情報は拾っております。

6月新刊の注目マンガ3つ

さて私が読んでいる新刊が出るマンガの中で、楽しみなマンガ3つを上げましょう。

一つは中間管理職トネガワ、これはもう鉄板。中間管理職の悲哀を書いてるんだけど、結構部下がポンコツ多くて大変そう(笑)今、雑誌では「ハンチョウ」が出ているらしいのだが、こちらもコミックになるのが楽しみだ。

二つ目がベイビーステップなっちゃんかわいい。

三つ目がBLUE GIANT SUPREME。いやもうね、第一部の最後はマジで泣けましたよねぇ。あんなクライマックスとはね…でも意味のあるコンサートだったよねぇ…

というわけで、6月はこんな感じで。みなさんが読んでいるオススメあれば、また教えてください。

huluの解約はどこまで増えるか?今後の展開予測

前回書いたhuluを解約したという記事がえらく反響があった。SmartNewsからの流入もあって驚いたが、それだけhuluのシステム改悪について怒ってる人が多かったということでもあるだろう。

今回のhuluシステムリニューアルにおいて、たくさんの解約が出ているようだ。Twitterで「hulu 解約」や「hulu 退会」と検索してみると、多くの人がつぶやいているのがわかる。実際に解約しているかどうかはさておき、ここまで大きな流れになるとは、日テレ側も思っていなかっただろう。

ではどのくらいの人が解約するのだろうか?俺の予想ではだいたい1割前後くらいかな?と見ている。

hulu騒動で行動するのはイノベーター・アーリーアダプター

イノベーター理論というものがマーケティングにはある。キャズムという言葉を聞いたことがある人もいるだろう。どんな商品やサービスでも、ある一定以上に広まっていくためにはこのキャズムと言われる部分を超えないと行けないのだ。

そしてキャズムを超えた先にはマジョリティーが存在する。キャズムの手前には「イノベーター」「アーリーアダプター」と言われる、感度の高い人たちがいて、実際に早く利用しようとする。

イノベーター理論 フリー素材 - Google 検索

おそらくこのイノベーター理論が今回のhulu騒動でも使えるのではないかと思っている。つまりこのキャズムを超えるまでには、もっと大きな要因が必要だろうということだ。なのでイノベーター2.5%、アーリーアダプター13.5%、合計16%くらいが最大の解約率ではないかと予想される。

huluの業績・契約者数の推移

huluはアメリカから日本にやってきて、その後日本テレビが2014年に買収し、完全子会社としている。小会社化した2014年からの業績については以下の通りだ(参照1参照2参照3)。

  売上高 営業損失 経常損失 当期純損失 会員数
2015年3月期 83億3900万 36億5000万 36億6500万 36億6900万 約60万人
2016年3月期 127億6400万 21億4500万 21億 21億3800万 約130万人
2017年3月期 163億3770万 18億9400万   17億8900万 約155万人

となっている。買収してから売上高も倍増、会員数も100万人近く伸ばすことに成功している。日テレが会員増のためにコンテンツ増強や広告・PRなどを行ったことで、ココまで大きく売上高を成長させることに成功している。

ただ、いかんせん営業損失が今でも18億以上もある。買収した当時の売上高営業利益率が▲43.8%で、そこから▲16.8%、▲11.6%と順調に減ってきて入るが、それでもやはり赤字だ。

3年続けて赤字を出し続けられる体力は日テレグループだからこそできる。しかし日テレも買収金額と合わせれば100億円以上huluにつぎ込んできているはずだ。にも関わらず赤字で投資が回収できない状況に、焦りが出てくるのもよく分かる。

やはり大型投資をしながらも赤字で利益が出ず、投資資金が回収できないというところを見ても、今回のリニューアルは赤字を圧縮するためのものではないか?というのが濃い線のように思う。

解約数がどの程度が一つの指標に

赤字解消に急いでいるのでは?と推測されるhuluだが、今回のリニューアル騒動でどの程度のユーザーが解約したかが一つのキーになりそうだ。おそらく10%程度、人数にして多くとも10~20万人程度と言ったところだろう。おおよそ売上高で言えば12億から24億円ほどのダウンになりかねない。これは大きな痛手だ。

いつ頃会員数について発表されるのかはわからないが、まずはこの解約したユーザー数がどの程度かを見守らないといけない。ここで多くのユーザーを失えば、また赤字が膨らんでしまい、コンテンツへの投資も滞ってしまうだろう。ますますユーザーは不便を強いられる悪循環になる。

できれば少ない人数で解約を押さえてほしいのだが…どの程度になるだろうか。

hulu日本法人はなぜシステム改悪をしたのか?~hulu解約してNetflixにしました

いやー、なんですかねこれは。解約しましたよ、hulu。解約して初めてわかったんだけど、俺2012年の9月から使ってたのね。5年も使ってたユーザーが、今回のシステム変更に伴って辞めるって、よっぽどのことだってのをわかってほしいね。

f:id:outroad:20170521065947p:plain

なんで辞めたの?と思うかもしれないけど、まぁとりあえずTwitterで検索してみたらわかるかなと思う。

twitter.com

いろんなことがあるんだが、みんなが怒ってることの一つが告知なしに使えない機器が出てきた、ということだろう。今まで使えていたのに、使えなくなった。しかも使えなくなるという告知もなしに、ということだ。これは酷いね、はっきり言って。

リアルプレーヤー時代に戻った画質の悪さとローディング

俺の方は特に視聴自体が出来ないわけじゃないのだが、視聴の質が悪くなった。

一つ目が画質だ、あまりにも悪い。画質が悪いというよりも通信が悪いのだ。今までは画質がよい通信が当たり前に見れていたのだが、新しくなってからはまるで「あれ、HuluっていつからRealPlayerで再生されるようになったん?」と思うくらいの低画質に変わってしまうことが度々起こるのだ。

加えてキレイに見れているときですら、何度もローディングが入るようになって動画が止まるようになったのだ。「何回止まるねん!いいところで止まるなよ!」と何度思ったか。アクション映画を見ていてカクカク動いて見るところを想像してほしい、ワクワクドキドキ感がゼロになるだろう。

これ、正直消費者側もそうだけどコンテンツを作っている側にも大変失礼な話だし、コンテンツを提供している側から抗議があってもおかしくないよ。FOXとかね。

画面がデカすぎる

二つ目はプレーヤーの大きさ。全画面で見るならいいんだけど、ブラウザで見る場合はプレーヤーの大きさがでかすぎて上下が切れる。なにそれ、なんでそんなでかくする必要があったん?でかいのみたいなら全画面にするから、ブラウザのときはYouTubeくらいの大きさにしてくれよ。

そもそも今までのhuluのプレーヤーの大きさで誰か文句言ってたの?ブラウザでもでかいプレーヤーで見れるようにしてくれって。そんな話聞いたことないけどな。ノートPCやタブレットを使っている人はもっとひどい状況だろうなぁ。

システム利用料・ブランド利用料を支払いたくなかった?

そもそもなぜhulu日本版がこんなシステムリニューアルをする必要があったのか?下記ITmediaの記事が参考になるだろう。

www.itmedia.co.jp

hulu.jpというドメインすらも変更したのはリニューアルのため、ということだがドメインの変更をこんなに簡単に行うということはネットビジネスの常識で考えればありえない。たとえウェブサイトリニューアルやシステムリニューアルをするとしても、ドメインを変えることなんてしない。

自分たちのブランドを毀損してまでhappyonに変更した理由は「契約を継続する予定はない」ということから推察される。つまりアメリカの本社法人と契約してhulu.jpを使うこと、アメリカ本社huluのシステムを使うことを止めるという選択をしたわけだ

なぜシステムやドメインの契約を解除する必要があったのか?しかも日本の悪いシステムに変更する必要があったのか?やはりここは単に契約金を支払いたくなかった、というのが1番の理由ではないだろうか。日本のHuluは日本テレビが買収しているが、赤字経営だ。2017年3月期で営業赤字が18億9400万円も出ている。この赤字圧縮のために、コストカットとしてシステム利用を止めた、と考えると自然だ

av.watch.impress.co.jp

av.watch.impress.co.jp

オリジナルコンテンツを増やす=今までのHuluではなくなる?

ちなみに上記のニュース記事を見ると、システム利用料やドメイン利用料をカットしたいということは書かれていない。営業赤字の理由としてコンテンツへの投資を上げている。有料会員を獲得するために、様々なコンテンツを取得するための投資に使っているのだという。ウォーキング・デッドだったりプリズンブレイクだったりのことを指しているのだろう。

しかし日本のhuluは未だ営業赤字ということから考えれば、アメリカ本社のシステムやドメインを使わないという決断に至ったと推測されるだろう。どの程度の利用料がドメインやシステムの利用料に使われているかはわからない。しかし、売上高163億円ある中で、営業損失を約19億出す(つまり費用に約169億円使っている)というのは、それだけシステム利用料やドメイン利用料の費用負担が大きいと考えられる。もし次回の業績発表で黒字転換していれば、それだけ多額の利用料がかかっていたと見て間違いない。

で、じゃあこの赤字経営を脱却するために経営者はどうすると言っているか?今後はhuluの独自コンテンツ制作に力を入れていき「独自性」を高めていくというのだ。

コンテンツの獲得に加えて、今後はオリジナルコンテンツ制作も積極的に推進するとしている。番組の質と量に加えて、独自性も進める構えだ。

確かに経営的にはどこかから番組を買ってきて放送するよりも、自前の番組を作って放送するほうが利益率は高い。しかし残念ながら、この姿勢こそが私のようなhuluを長年利用してきたユーザーが離れる要因になっているのだ。

我々長年huluを使ってきたユーザーが見たいのは、huluの独自コンテンツではない。海外ドラマ、そして映画なのだ。それらを快適に見ることが我々昔からのユーザーの願いだった。huluの独自コンテンツが見たくて契約しているわけではないし、もちろん日テレの番組を見たいがために契約しているわけではない。

まぁこのニュースを見る限りでは、日本のHuluは独自に進化(退化?)していくようだし、それは私のような海外ドラマを見たいという層とは違う方向に進むのだろう。もうそうなれば昔からの海外ドラマを見たいユーザーにとって、解約は致し方ないと言える。

まとめ:今後のhulu日本法人が進む方向を推察すると

まとめとして日本法人のhuluが進む方向を推測すると下記のようになるのではないか。

  1. 163億円ほどの売上がありながら、18億円を超える赤字
  2. システムとドメインを使わないのは、コストカットのためではないか
  3. 今後は海外ドラマからhulu日本法人のオリジナルコンテンツ中心に

Huluの日本法人はユーザーのことよりも、自社の赤字をいかに減らすか?ばかりに目が行ってるように見える。コストカットもいいが、それにともなって売上高が減少すれば、結果的に赤字になってしまわないだろうか。日本のhuluの行き着く先は天国か地獄か…

*(2017年5月22日)記事内の売上高と営業利益の数字が間違ってたので修正しました。