ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

学校は一部業務をアウトソーシングすべき

agora-web.jp

アゴラの中沢さんが書かれているのは給食の話だが、一番最後にこう書いている。

これは給食の話だからまだいいのですが、実際の授業も外部委託した方がいいんじゃないか、と思うのが、元教員の忌憚ない意見なのです。

これは私もそうだと思う。いろんな教員をやっている人と話をしていると、アウトソーシングをやらないといけないと説に思う。

教材作成と部活動はアウトソーシング

知人にも何人か教師をしている人がいたり、合コンで出会った子が教師をしていたりして、最近の子供の様子を聞いたりする。昔よりも発達障害の子供が目立つようになったという話しもあるが、それ以上に話を聞いていて思うのが何でもかんでも教師がやり過ぎということだ

彼ら・彼女らの話を聞くに、すごい責任感が強いなと思う。だから子供の教育に責任を持っているし、そのために子供との距離が近い自分たちが何でもかんでもしないといけない、と思っている。

まぁルールや制約と言うものも多く、法的にもなかなかアウトソーシングできないという理由もあるため、責任感が更に強くなっているのかもしれない。しかしそれを見ていると、明らかに非効率だし教員への負担が重すぎるのだ。

特に思うのが教材作成と部活動、この2つはアウトソーシングすべきだ。もちろん教員個人ではできないから、ルールとして法的にアウトソーシングができるようにし、そして外部の人材・サービスを使うことを推奨する・努力義務にするくらいでもいいくらいだ。

ベネッセ以上の教材を作るのは至難の業

例えば毎日使う教科書に加えて副教材としてのプリントがある。テストもそうだけれども、こういったものをすべて作るのは教師だ。教師が授業の終わりなどに教材を作るのだが、ない時間を使って作っている。負担が大きいものの一つだと思う。

負担が大きいという反面、アウトソーシングしやすい部分でもあると思う。例えばこどもちゃれんじで有名なベネッセにお願いするというのも一つだろう。ベネッセが数種類のプリント教材を用意し、授業の進捗・レベルに合わせてプリントを使い分ければ良い。

教員が作る時間を減らすことができるし、民間の力を使うことで民間も潤うことになる。少し予算を増やしてあげればいいだけだ。大学の無償化などをするヒマがあるなら、こっちに金を使ってほしい。

部活動はいつまで外部委託しないのか

もう一つは誰もが言っているのだがなかなか進まない、部活動だ。部活動、特にスポーツ系なんてまったく経験がない教員が教えていたり、顧問として見ていたりする現状だ。危ないし、効率も良くない。結局子供のためになっていないと思う。

部活についてはYahoo!個人で内田さんがずっと情報発信をしている。かなり支持が広まっているし、多くの人もおかしいと思っているのに、なかなか変わらない。まだ無理をしたらなんとかなると思っているのかもしれないが、早く外部委託できる制度を作るべきだ。

news.yahoo.co.jp

教員の働き方改革も考えるべき

私は教育者でもないし、教員の友達が数人いるくらいのものだ。中沢さんとも色々話をしたことがあるが、やはり教育にはまだまだ問題がある。

その中でも個人的には教員の負担減をもっと進めてほしいと思う。教員の友人が忙しくしているのを見ると、もっと効率的にできるのにと思ってしまう。今は法制上・ルール上できないことが多いが、早く効率化できるルールづくりを行ってほしい。

働き方改革というのを安倍さんが掲げているようだが、一般企業の働き方改革に加えて、教員の働き方改革もしっかりと行ってほしい。こちらは特に民間と違って国がルール作りできる部分でもあるのだから、ハンドリングが効くはずだ。

私の知人・友人のためにも、そして子どもたちのためにも早急に進めてほしい。

注意欠陥、集中力不足=ADHDではないパターンがある

 乙武さんも不倫騒動後、離婚してからまた積極的に色々活動を始めているようだ。で、発達障害を持つ子どもたちと専門家をマッチングさせるウェブサービスにお金を出すという。たしかにウェブサービスで専門家とのマッチングと言うのはあまりないし、あってもちょっと見にくいものが多い。

例えばワムネットという独立行政法人が作っているサービスがある。これはまさに福祉施設や相談支援などを行っている施設を探せるのだが、いかんせん見にくいし使いにくい。デザイン性も低い。さらにネット上で「こういうサービスがあるよ」と教えてくれるわけではないので、福祉サービスを知っている必要がある。

そういう点では今後、この乙武さんがお金を突っ込むことになったサービスがその辺を改善してくれたらなぁと思う。それ以外についてはすでに草の根でも自治体・国レベルでやってるからね。

ADHD、ADD以外にも注意欠陥の場合がある

さて、タイトルの話だけれども、ADHDといえば注意欠陥多動性障害として有名だ。いわゆる学校で子どもが授業中に暴れたりする場合はADHDの場合が多い。で、大人になると多動性は薄くなって、注意欠陥だけが目立つようになり、ADDと判断されることが多い。もちろんADHDのまま大人になる人も多い。

最近は発達障害ADHDという言葉も少しずつ市民権を得てきているので、「注意力が散漫になる自分はADHD気味なのではないか」と自己診断する人もいるようだ。

ただ実は注意欠陥の状態でも、ADHDではなく、ASDの場合もあるらしい。これはいつも専門の先生をお呼びして研修をしているのだが、そこで知った。

普段と違う状況でミスが多発する場合はASD

ASD、いわゆる自閉症スペクトラムと言われる発達障害だ。ASD自閉症だとかアスペルガー症候群だとかが含まれる、非常に広範囲の発達障害だ。コミュニケーションが苦手、空気が読めない、冗談か本気かを読み取れない、社会常識の欠如、ズケズケものを言うなど、様々な特徴がある。

ASDは認知の発達障害と考えられているようで、他方のADHDは行動の発達障害だという。同じような注意力不足のミスであっても、そこに至るまでのプロセスが違うようだ。

先日の事例で言うと、小売店でのピッキングだ。商品が配送されてきて、伝票にサインをして、中身のチェックをして、倉庫荷運び入れるという一連の仕事を任されている。この場合、ADHDの場合はとりあえず行動!すぐにやりたくなるという衝動性があり、考えずにとりあえず衝動的にやってしまって手順と違うミスをしがちだ。

一方のASDの場合はしっかりと手順をマニュアル化すれば問題なくできるのだが、例えば急に忙しくなる繁忙期だとか、急な応用を頼まれてしまうなどすると、右往左往してしまってミスを多発してしまうという。

つまり注意力不足のミスだったとしても、その状況をよく見なければADHDASDか判断が別れるのだ。決して注意欠陥=ADHDと言えないというのは私にも目からうろこのお話だった。

発達障害の人は褒める・認めるが第一歩

まぁそういうわけで発達障害って一口に言っても、簡単に分類できないんだよーということだ。

とは言え発達障害の人たちと長年付き合ってきている先生がいつもおっしゃっていることだが、彼らとコミュニケーションを取るときは小さいことからでも褒めていく・認めていくことが絶対に大事だ、ということだ。これは私も肝に銘じて行動しているつもりだ。

発達障害を持つ子どもは子どものうちから何かと否定されてきている。衝動性で怒られたり、他の子ができることが出来ずに怒られたり、内向的で怒られたり、算数や国語ができずに怒られたり…何かと怒られて、否定されて来ているのだ。

なので大人であろうとも子どもであろうとも、ちょっとしたことでいいからちゃんと褒める、認めるということが大事なのだ。私もそれはその通りで、ちゃんと一人の人間として認めると、コミュニケーションも徐々に円滑になっていくことを実感している。

まぁこれって別に発達障害だけに限らず、どんな人に対してもちゃんとリスペクトを持って、敬意を持って接しろっていうことなんだよね。皆さんも是非敬意を持って他人に接して欲しいなと思う。

小池都知事はやっぱり決断できないリーダーのようだ

小池都知事が会見を開いて豊洲市場に一旦移転し、その後築地に戻ってきたい人は戻るという、よくわからないアイデアを披露した。しかもいつまでに何を行うというロードマップは未定、予算も未定で単なる思いつきのようなアイデアだが、これでみんなが納得するのかな??

www3.nhk.or.jp

そんな小池さんを話題にしたようなブログをどのくらい書いてきたのかな?と思ったら、めっちゃ書いてた(笑)

折衷案は失敗しやすく、誰もが検討して諦めた道

で、どのくらい書いてたのかって言うとアゴラも含めると4つも書いていたようだ。

agora-web.jp

agora-web.jp

t-matsumoto.hatenablog.com

t-matsumoto.hatenablog.com

で、まぁ結論としては最初に紹介しているアゴラの記事の通りで、決められない・意思決定できないというリーダーは必要ないんだよな。

というと小池都知事の支持者からは「ちゃんと豊洲移転を決めたじゃないか!」というかもしれない。確かに豊洲移転は遅ればせながら決めているわけだが、しかし築地も活用するということを会見でおっしゃっていた。つまり両方の折衷案を作ったわけだが、残念ながらこういうものを決断とは言わない。

右へ行くか左へ行くかを決めなければいけない時に「真ん中を進めばいい」と言うのは第3の案でいいように思えるが、たいていそういった折衷案というのは失敗する。そしてたいてい誰もがそういう案を考えついて、検討してみたらダメだということを知る。

もちろん気持ちはわかるのよ、両方の折衷案の方が喧嘩両成敗・痛み分けになるわけで両者Win-Winになるじゃないかっていう考え方は。でもね、そういうのは両者にとってどちらも痛みを伴うし、不満を伴うのよ。だから必ずリーダーというのははっきりした方針を決めないとダメ。

嫌われる勇気がリーダーには必要

今回で言えば豊洲に行って築地は売却、もしくは豊洲を売却して築地を改修して使い続ける、この2つしかリーダーが選ぶ道はなかったのよ。で、後者の改修の方は非現実的だから結局前者しかなかった。進む道が一本しかないのに、決断できずにその場をウロウロして前に進めなかったわけだ。

なぜか、それは今回の折衷案が物語っている。小池都知事が決められなかった理由は誰にも嫌われたくなかったからだ。みんなにいい顔をしたい、みんなに支持されたい、みんなに愛されたい、そう思ってたのではないか?だから豊洲移転反対派の人に批判される決断を出来なかったのではないかと思える。

結果、今回嫌われたくない・誰にでもいい顔をしたいということで作った折衷案だが、残念ながら豊洲移転賛成派も反対派も、全方位から反対される案を作ってしまった。

とまぁだいたいこういう折衷案は嫌われがちなので、選ぶべき選択肢ではないのだ。私も学生時代からある程度リーダー的な経験をさせてもらったおかげで、そのへんは25歳くらいで理解した。だから今は誰に嫌われても自分の大事な人、家族や友人のための選択をするようにしている。

まぁ小池さんのこの案をマスコミがどう伝えるかはわからないが、マスコミが批判的に伝えるのであれば、一気に支持を落としていきそうな予感もする。兵庫県知事選挙も都議会議員選挙も、両方注目したい。

AKB総選挙前に引退、もしくは隠し通すのがファンに通すべき筋

メガネびいきリスナーとしてはAKB総選挙よりも俺たちでもヤレる妄想総選挙な私なので、今回のヤレる総選挙ではもう指原は殿堂入りにしないとダメかな?と思う。じゃないと手島が1位を取れないじゃないか(笑)

さてまぁヤレる妄想総選挙の方ではなく、本家のAKB総選挙で急にスピーチで結婚発表した人がいたらしいね。いやぁ、まったく興味のない私だけれども、さすがにこういう仁義を切らない行為にはイラっとしてしまったなぁ。

www.daily.co.jp

ファンに対する筋を通さない行為は許されない

まず大前提として、恋愛禁止というのがおかしいというのはその通りだと思う。恋愛禁止は人権問題だとまでは言わないけれども、そんなルールを課すのは間違っている。そういうピュアな考え方というのはまったく正しいと思う。

しかしそんなこと言えば、キャバクラやスナックは疑似恋愛をするところであって、疑似恋愛するところにもかかわらず、既婚者は通っちゃダメだろとか、風俗なんてもってのほかって考えになる。しかし世の中そういうグレーな部分、バレなきゃOKの部分というのもあるというのは、いい悪いは別として存在している。

さて、今回のこのAKBの子が結婚発表をしたのは何がいけなかったのか?ということだが、それはファンに対する筋、そしてメンバーに対する筋を通していないということだ。

AKBは恋愛禁止でもちろん結婚も禁止だ。そうして処女性をウリにしてピュアな女の子の成長を応援するとういコンテンツがAKBだ。地下アイドルとかだと普通に彼氏がいてもOKだったりするし、結婚しているアイドルだっているし、永遠の17歳だっている。だからこのAKBというのは特殊なルールがある、特殊な学校のようなものだ。

そんなAKBで恋愛禁止という建前をみんな信じた上で、ファンは応援している。ファン彼女たちが成長していき、やがて卒業して恋愛をして結婚をするというルートに乗ってくれることを見届けたいわけだ。そしてこれはAKBのすべてのメンバーがそうだ。だから卒業後、すぐに前田敦子などはスキャンダルが出る。別にそれはファンにとっても問題ではない。

筋を通すなら早めに引退、もしくは総選挙に出るべきではなかった

まぁほとんどの日本人が空気感として感じているこのルールを破るというのは、筋が通らない。ルールはルールでそのルールの中でファンも応援しているからだ。この前提を覆すことは許されない。

なのでもし彼女がファンに筋を通すなら結婚を意識した時点で引退すべきだったし、そもそもこの総選挙に出るべきではなかった。どれだけのファンがどれだけの金と時間を投資していると思っているのか。その上で自分は給料をもらい、テレビに出ていい人にも巡り会えているわけだ。

つまりファンが支えていると言うのは本当にそのままの意味で、彼女はファンに支えられていたのだ。その多いか少ないかわからないが、ファンが支えてくれて今の自分があるということを忘れてはいけない。もちろん切磋琢磨したメンバーにも仁義は通すべきだ。

別にファンもメンバーもおそらくは結婚を未来永劫ダメだと思っていないだろう。ちゃんとした道筋を通してするなら、恋愛も結婚もOKなのだ。しかし彼女はその筋を通さなかった。好意的に捉えれば、多分みんなも喜んでくれるだろうと思ったのかもしれないが、それはさすがに考えが甘い。

ブックであっても筋は通すべき

新しい情報を見ると、もしかしたらこれは仕込まれたブック・台本・筋書きなのではないか?という推測もある。まぁそれはそれでもいい。しかしブックであっても筋の通らないことはすべきではない。もしこれを運営側が考えていた台本だとしたら、彼女もかわいそうだし、他のメンバーやファンもかわいそうだ。

私は原則、筋を通さない人が嫌いだ。なので、こういう行為は大嫌いだ。たとえ恋愛禁止がおかしいと言っても、そういう場に自分もわかってて入ってきているわけだ。筋を通すなら、ちゃんと足を洗ってから結婚発表・結婚すべきだ。でなければ筋が通らない。

とまぁ筋を通せと言っているが、結婚自体は喜ばしいものだ。須藤さん、結婚おめでとう。幸せにね。

毎月お金が入るかどうかわからない状況に耐えられるなら独立すべし

agora-web.jp

宇佐美さんの脱サラに関する話、なかなか面白い。と言うか、私も大手商社の子会社を辞めてから独立したわけだが、ここまでの流れも「そうだよなぁ」と思いながら見ている。まぁ私の場合は数万・十数万の仕事がメインで、小さい仕事を重ねるしかないので、大きな取引を成功させている宇佐美さんには足元にも及ばないのだが(笑)

さて、まぁこういう独立に関する話を見ていて思うのが独立するとすごく不安定になる。不安定になると一言で言ってもわからないと思うので、わかりやすく言えば毎月決まった日に給料が入らないし、入る予定が急に飛ぶと思ってもらっていいだろう

入金されるまで気を許すことができない

 サラリーマンだと基本的に25日とか、30日に決まって給料が入ってくると思う。何も心配しなくても、よほど会社が傾いていない限りは問題ない。あの東芝であっても給与の遅配が行われているというのは聞かない。そのくらい確実にお金が入ってくる。

独立してからは違う。例えば、仕事を依頼されて行い、請求書を発行して送るとするだろう。その請求書通りに振込があるのが普通だ。月末とか、場合によっては請求書発行後すぐに振り込みをしてもらえる。が、場合によってはそれが行われないことがある。

それこそ「振込ないですよ~」と言って振り込んでくれる場合もあれば、まったく振り込まないで、そのまま逃げてしまうようなところもある。給料はこちらから何をしなくても振り込まれるが、独立すればお金を稼ぐために請求書を出して、かつ請求をしつこくしなければならないこともあるのだ。

もちろん8割の取引先はまず間違いなく振り込んでくれるし、私も振り込む。しかし1部の企業や個人には振込をしないという輩もいるというわけだ。これはサラリーマン時代とかなり違うので、この状況に耐えられないと厳しいだろう。

仕事を取るために重要なものは「信用」だ

宇佐美さんはブログで月間100万PVという、すごいブロガーとしてネットで有名になった。そこから徐々に問い合わせが増えてきて、仕事につながっているという。これはブログで宇佐美さんを知ってもらい、ブログで宇佐美さんのある程度の能力を知ってもらったことで、信用がついたのではないか?と思う。

だから多くの人はブログを見て問い合わせをしてくれるのだろう。PVも多く、たくさんの人から支持されているというのも、大きな信用になっただろう。

ただ、このやり方はマイクロビジネスを行う人にはあまりおすすめできない。というかここまでのPVを稼ぐなんて真似出来ない。だから100万人以上いると言われている独立事業主や中小零細企業はどうしているか?というと、仕事を横のつながりで取ってきている。

横のつながりで「自分はこういう人だ」とアピールして知ってもらう、そのことで仕事をもらうのだ。おそらく私の知っている限りではこういうパターンが8割以上だと思う。宇佐美さんようにネットで有名になってから仕事が来る、というパターンは稀だと思っていい。

なのでもし独立をするなら、まずは周りの人に信用してもらうのがいい。一番いいのは仲のいい社長にお情けでもいいので仕事をもらい、そこから実績を積み重ねて信用にしていくのがいいのではないだろうか。

うまくいかない人の方が多数の独立話

宇佐美さんの話は今もある程度うまくいっている話なので、「何だ、簡単だ」と思うかも知れない。しかしこういう成功している人がいる反面、失敗している人もたくさんいるということは知っておい他方がいいだろう。

私の周りでも仕事がうまくいかずに自己破産した人も数人いるし、うまくいかないからとお店を閉めた人も数人知っている。かつ、私自身も法人のビジネスはうまくいかなかった。失敗も当然多くあるのだ。

独立するのは私は悪いことだとは思わないが、こういう失敗もそうだし仕事で入金が入ってくる・来ないというのも全て自己責任の世界だ。給料が入って当たり前という意識であれば、独立はやめておいたほうがいいだろう。独立するなら起こっていること全て自己責任として考えられるようにならなければいけないのだ。