ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

「AIが仕事を奪う」とかよそから聞いた話で与太飛ばしてんじゃねーよ。

思い出したから書くんだけど、こないだの勉強会でAIの話になったのよ。いや別にAIの専門家誰もいないんだけどね(笑)で、どこぞのおっさんが「事務職なんてAIにとって変われるんだから」とか言っちゃってんの。

多分夕刊フジとかのタブロイド紙とかに載ってたんだんだろうな、そういう話が。で、そのまま話しちゃったんだと思うけど、なにを与太飛ばしてんだとしか思えんねぇ。事務職がAIに取って代わられるのなんて、あと2世紀くらいはかかるんちゃうか?少なくとも俺が死ぬまでには無理やで。

AI事務員ができるために必要な3つの条件

まずAIが事務職員の代わりを担えるようになるまでに、幾つかの条件が存在する。

一つがAIのレベルだ。AIのレベルが事務職員の行っている仕事ができるようになるレベルまで行かなければ、取って代わることはない。事務員が行っている仕事は多種多様だ。来客対応に電話対応、事務書類作成に雑務、掃除などなど。これらすべてをAIができるようになり、一つの事務員システムに統合されるのは100年以上先だろう。

二つ目がコストだ。AI事務員が仮に出来たとしよう。しかしそのコストを支払えるだろうか。あの大きな話題になった囲碁AI、AlphaGoについてはサーバーの運用料金だけで30億円は年間にかかってくるという。

www.itmedia.co.jp

一方の事務員は人件費コストで言えば300~500万円と言ったところだろう。30億円の1000分の1で済む。しかも30億円払って囲碁しか出来ないのだから、さらに事務員としての機能を搭載したAIとなれば、年間運用コストは莫大に上がるだろう。もちろん商用になれば、開発コストも回収し、利益も出さないといけないのでさらに高い利用料になる。

この事務員の人件費コストをAI事務員が下回らない限り、仕事がとって変わられることはない。

三つ目が心理的障壁だ。日本では事務員イコール女性という意識がまだまだ強い。男性を入れることすらも消極的な日本で、さらにロボットやAIシステムを事務員として採用するだろうか?女性事務員がいなくなることに、反対するのはおそらく女性事務員当事者よりも、オジサン管理職ではなかろうか。

オッサンは知った口を利くな

以上の3つの観点から見ても、AIが事務員の仕事に取って代わる、なんていうのは何世代もあとの話でしかない。にも関わらず与太話をしているおっさんたちは自分たちが無知なのを晒しているのだということをよくわかってほしい。

オッサンは若い人に知った口を利くなと言うが、その言葉はそっくりそのままお返しされたほうがいい。オッサンこそ知った口を利くべきじゃない。わからないなら黙るか、それとも自分で正しい知識・知恵を身につける勉強をするかだ。

そんなタブロイド紙や週刊誌で得た間違った知識を開陳するのは、アナタのためにもならないし、勉強会参加者のためにもならないことを理解してほしいもんだ。

今後、民進党は「二重国籍はどうなんだ!」という足かせをつけて戦うのか?

民進党蓮舫代表が二重国籍についての説明を自ら行った。なぜ今のタイミングなのか?子供がどうとかいっていたが、子供に関係する部分を公開したわけではないので疑問でしかないが、まぁそこはいいだろう。

そして今回の公開によって自らが二重国籍であったこと、そして二重国籍でありながら立候補をしており、日本人であると虚偽の説明をしていたことが明らかになった。それが「故意」であるかはわからないが少なくとも「過失」であることは認めた。

アゴラの新田編集長が「政治責任をどう考えているのか」、そしてフリー記者の安積さんが「過去の発言に矛盾がある」と指摘していた。この指摘は至極まっとうであり、蓮舫代表は政治責任についての明言を避け、過去の発言については「ニュアンスが違う」というような受け答えだった。

今後、過失であれば与党を追求できない

今回の会見での受け答えで、今後民進党は与党を追求しにくくなった。

例えばある大臣が政治資金規正法違反で300万円の記載ミスがあったとしよう。今までは「辞任しろ!」とかなり厳しく追求できたかもしれないが、「過失だった。今は修正した」となった場合、これ以上追求できなくなる。なぜなら蓮舫氏が過失だからということで、政治責任を果たすことがなかったからだ。

つまりブーメランとしての材料を今回の会見で新しく作り出したわけだ。このような状況で民進党の議員がなんだかんだと与党を攻めたところで「蓮舫はどうなるんだ」と言われるわけだ。違法状態を放置している議員が与党にいたとしても「お前が言うな」と言われるようになる。

しかも今は加計・森友という、政治家に違法性がない問題を追求している。違法状態だった議員が違法性のない問題を追求するとは、なんの冗談なのだろうか?

国民にとってもマイナスだった蓮舫氏の二重国籍会見

民進党はバカだなぁ」と思うが、ブーメランの材料を作ることは何も民進党にとってだけマイナスなわけではない。我々国民にとってもマイナスなのだ。

なぜなら自民党が違法状態であっても、それを追求する野党第一党の力がなければ、与党はやりたい放題になるからだ。もちろん、自民党にも自制心はあると思うので、ある程度は抑えられるだろうが、他人からの追求や抑止力がなければ、暴走してしまう可能性だってある。

数の上では民進党野党第一党として頑張ってもらわないと、うまく政治が機能しない。もちろん野党第一党民進党である必要はないのだから、他の政党に変わってもらってもいいが、維新ではまだ弱いだろう。だからこそ、他の野党第一党が育つまでの間、もしくは野党第一党として民進党が頑張らないと政治がダメになる。

もし今回、蓮舫氏が代表を辞任して、一議員として活動して、どこかのタイミングでまた野党第一党の代表になるというのなら、ブーメランの可能性をなくすことができたのではないかと思う。中には議員辞職しろとまで言う人もいるが、私はそこまででなくても代表辞任と代表の期間の報酬返上くらいでもいい(優しいからね、私は(笑))。

今回の二重国籍についての解説会見で、民進党と言うのはまた議席を減らしていくのだろうなと感じた。民進党はもうダメかもわからんね。

的はずれな意見と文句は言うが自分で汗をかこうとしないオヤジどもは一体なんなん?

よく私が行く勉強会があるんだけれども、そこは元々始めた方が大学教授ということもあって、なかなかに年齢層が高い。まぁ60代前後のおじさまが一番大多いのだが、こないだ少しカッとなって大きな声で意見を言ってしまった。我ながら情けない、ガキだなと思う(笑)

簡単に言えばライフプラン・キャリアのモデルとして、20~35歳まで女性は子どもを生むというステージに設定したらいい、と主張しておられた方がいた。まぁご多分に漏れずかなりお年の方で、最初の方は聞き流してたが何度も主張するので3回目くらいで「それは違う!」と大声を出してしまった(笑)

いやまぁ別に色んな意見があるし、そういうモデルケースにそった生き方をするのもダメではないけど、60代のおっさんがなんで20代30代の人の人生を決めようとするのか?そこが納得行かないんですよ

十人十色の人生を認めることから始まる

これね、別に60代の人が自分の人生でっていうならいいんだよ。でもさ、こういうふうに生きるべきって言われて「その通り!」って納得して生きる若者どこにいるのよ?10代の若い頃なら大人の言うことを疑わないかもしれないけど、自我が芽生えて何年もしている20代以降には無理でしょ。

そもそもこういう意見はこの人に限らず、例えば茂木健一郎さんであるとか田村耕太郎さんであるとかがよく言うので、オジサン型には珍しいものではない。いわく「没個性なサラリーマンはダメ」であるとか「海外留学しろ」であるとか。もうこういう意見の方がありきたりすぎる気もするが(笑)

別に海外に行こうがサラリーマンをやめようが、それは一つの生き方であってもちろん尊重されるべきだ。でもね、だからってサラリーマンやっていたっていいじゃない。日本を出たことなくてもいいじゃない。なんでその人の生き方を他人に決められないと行けないの?

仮にこの意見に従ったとしても、うまくいかないことも多々あるわけで。幸せでない人生を歩んだ時に、あなた方はその方々の人生の責任とれんの?とれないでしょ、誰も責任なんて。

だから「自分で思う自分の幸せな生き方」を自分で探して、そこに自分の力で邁進してもらう以外、納得して幸せになんてなってもらえないのよ。そこのサポートとして「こういう人もいるよ」という事例を示したり、自分が魅力的な大人になることが大事なんじゃないの?自分の考え通りに生きさせるのは大人が若者にやることじゃない。

国や自治体に求めるならお前がやれよ

もう一つ、経済産業省の方が来られていたので、その方がどういう風な起業・独立のサポートをやっているか?やっていくのかについて語られていた。そこで私も建設的な議論をしたいなと思っていたが、おじさんたちは自分たちの意見を好き勝手に言うだけで、何か一つの良い意見を出そうという気もなかったようだ。

自分勝手に好きなことを、しかもテーマもバラバラで教育もあればキャリアのこともあれば、助成金の事もあればとバラバラ。まともに議論しようと思ってたの俺だけしかいなかったんじゃない?って感じ。

まぁ議論の仕方を学んできていないんだから仕方ないと思うし、議論しようっていうよりも普段の鬱憤をはらすために、役人に文句をつけようという心構えだったんだろう。まぁそこはしょうがない。ただ納得出来ないのは何でもかんでも役所にやってもらおうとしすぎっていうこと。

例えば「こういう理想的なモデルを作れ」っていうけど、そんなん民間でもできるやん。民間で表彰していったらいいやんか。NPOでもいいし、理想的なモデルがあればそれを表彰する仕組みやったらええやん、ベストジーニストとかベストメガネドレッサーとかみたいにさ。なんで自分でやらないのに国にやらせようとするの?

意見言うのはいいんよ。でもさ、やっぱり意見するって言うことはそこに責任が発生するんじゃないかって思うのよ。「私はこう思う!こういう社会にしたいんだ!」って言うなら、そのために汗かいて時間使うのはもちろん当たり前でしょ??意見だけ言って何もしません、後は勝手にやって下さいなんて通るわけないじゃない。

ホントちょっとしたことでもいいのよそれは。イベントなら受付や誘導のスタッフとして手伝うとかでもいいし。そういうことすらしないなら、口出ししちゃダメだわ。

で、国や自治体もこういうこと言わすだけ言わすんじゃなくて、「では民間のプロジェクトチーム立ち上げて、そこから民間に事業委託しますわ。お宅が旗振りやってくださいね」ってさせればいいのに。じゃないといつまでも「上に言えばなんでもやってくれる」っていう精神から離れないよ、こういうおっさんたちは。

カッコイイおっさんの姿見せてくれ

まぁおじさんたちが多いのはわかっていて行っているからいいんだけど、一つ救いがあったのがこの会に誘ってくれたコンサルタントの方だ。この方も60歳を過ぎているが、まだ現役で製造業のコンサルタントなどをされている。そのためか、やはり現実主義で変なことも言わない。

ちゃんと自分で言ったことに責任を持たれているし、自分で言うことは自分で実行する気概を持っているように感じた。そういう点ではやはり私を誘ってきてくれたこの方と出会えてよかったなぁと思う。

この方だけに限らず、もっと多くのおじさんたちにカッコイイ背中を見せてほしいと思う。尊敬できるとかカッコイイっていうのもまた十人十色なんで、どれが正解ということもないが、若い人が憧れる背中が増えたらいいなと思う。見た目じゃなくて生き様としてカッコイイ人、増えてほしいなぁ。

ユーザーにどこまで配慮すべきか?~PRをタイトルに入れるかどうか問題

yoppymodel.hatenablog.com

私の仕事はあんまりコンテンツ記事を書くとかはないんだけど、それでもネット広告系を扱っているものとして、この話題は注目している。よっぴーさんは批判があってから、タイトルにPRを極力入れるようになったようだが、私はそこまで配慮する必要があるのか?と思っている。

よっぴーさんが下記のように書いているが、この部分が本質だと思う。

その上で「タイトルにPR入れよう」と言うのであれば、その根拠は「広告を嫌う人への配慮」っていう問題になるわけでして、こうなってくると、例えば広告以外にも、何に対して配慮すべきで、何に対しては配慮すべきではないかの明確な線引きがないので「下ネタ嫌いな人への配慮」「アフィリエイトを嫌う人への配慮」「政治的な話題を嫌う人への配慮」みたいな話になってこないとも限りません。

広告はユーザーにどこまで配慮すべきか?という問題

つまりこの問題は「広告はどこまでユーザーに配慮すべきか?」という問題だと思う。今回は記事広告・タイアップ広告についての話だが、私の場合はリスティグやSNS広告をメインに扱っているので、そちらでの事例を出したいと思う。

アドネットワークだとどこまで配慮すべき?

まずアドネットワーク、いわゆるGoogleYahoo!のディスプレイ広告と呼ばれるものがある。これは様々なサイトにバナー広告を出すことができるのだが、このディスプレイ広告のクリック数のうち、6割が約4%のユーザーによって占められていると言われている。いわゆるヘビークリッカー問題だ。

およそ4%のユーザーというのはおそらくアドネットワークのバナーを広告だと思っていない。バナーは画像リンク、文字広告はアンカーリンク程度に思っているのだろう。もちろんGoogleYahoo!もちゃんとPR表記もあるし、わかりやすくサイズも規定している。が、それでも慣れていない人はガンガンクリックする。

広告を嫌うユーザーへの配慮というのであれば、ヘビークリッカーであるこの人たちには配慮しなくていいのか?彼らは広告だとわからずにクリックしているが、それでいいのだろうか?もしこの人達が確実に広告であると理解してもらうためには「これは広告です」という大きな文字を出した上で、バナーを出現させるなどが必要になるだろう。そこまでやるべきだろうか?

スマホ系バナー等、優先順位は高いのでは

もう一つ、アダルト系のバナー広告、特にスマホバナー広告はもっとひどい。透明の状態から徐々にバナーが表れて、誤ってタップを誘う仕組みになっていたりする。またスマホの真ん中辺りから下に降りていくバナーも、意図しないタップを誘発させる。

こちらの方は散々問題だと言われているのに、未だに対策が取られていない。ユーザーにまったく配慮しておらず、問題はこちらのほうが記事広告にPRを入れるかどうかよりも圧倒的に深刻だ。広告業界やデジタルコンテンツ業界全体から見れば、タイトルにPRと入れるかどうかという問題は、優先順位は低い。

またアダルト系の広告も問題が多い。最近よくあるのがアダルト動画だと思ってタップしたら「あなたのスマホはウイルスに感染しています」などと出て、アプリををインストールさせようとするものだ。しかもバイブレーションや音が出るなど、ウイルスに感染しているように見せかけてるのだから問題だ。

こういった多くのユーザーにとって影響の大きな問題は他にもあるはずだ。そちらの方に話を持っていってほしいと思う。

リテラシーの高い人ではなく中間層に合わせるべき

よっぴーさんも書かれているけれども、狭い界隈での意見で決めてしまったという点もポイントだと思う。タイトルにPRを入れる・入れないと言うものがどういう意味なのか?ということがわかる人は、ネットリテラシーがかなり高い人だ。誤クリックや誤タップもあまりせず、アドブロックなども入れているだろう。

そういうリテラシーの高い人たちにしてみれば、より快適なネット空間を目指す上で、自分が対処できる部分は自分で対処するだろう。しかしこの記事広告・タイアップ記事に関しては見ただけでは対処出来ない。だからPRを入れて対処できるようにしてほしいという願いもわかる。

ただそれはリテラシーの低い人にしてみれば、PRが入っている・いないはさほど重要ではない。それよりも「このコンテンツが企業の広告なのかどうか」をはっきりさせるほうが重要で、だからこそステマの問題と言うのは多くの人が批判した。それだけ多くの人に関わるからだ。

今回のPRをタイトルに入れる・入れない問題はリテラシーが高い人のための問題だと思う。なのであまりこの問題に真剣に取り組むと、やはりこれも徳力さんやよっぴーさんが言っているように、ルールを守ろうとしない企業・メディアが得をしかねない。自主的なものでもまだルール化すべきではないと個人的には思う。

ユーザーが快適にネットを楽しむために

リテラシーの高い人にしてみればあまり納得の行く落とし所ではないかもしれないけれども、多くのユーザーが快適にネットを楽しむためにと考えると、まだタイトルにPRを入れるべきとするのは時期尚早のように思う。

アドネットワークのヘビークリッカー問題などを見てもわかるように、どんなにルールをしっかりと作った広告であっても、やはりリテラシーの低い人にしてみれば見分けがつかない。しかしどんなにリテラシーの低い人にでも配慮をするとなると、ネットが自由でなくなる。もちろん逆もしかりだ。

もっと先にやるべき問題があり、そちらの対処が住んでユーザーの平均的なリテラシーが上がってきた頃に、またこの問題を議論すればいいのではなかろうか。

大臣や政党の役職につくものは、失言で辞職すべきか?

稲田防衛大臣の失言問題が取り沙汰されている。まぁ私はこの方がすごい優秀だとも思わないし、ファンでもなければ支持者でもないので、防衛大臣を辞めようが続けようが気にはならない。ただ、万が一のときに対応を間違えるかもしれない人であれば、防衛大臣を他の方に変えてほしいとは思う。

さて、私が防衛大臣を稲田さんから他の方に変えてほしいと考えるとすれば、それは能力や経験が不足しているとか、リーダーとして不適格だという考え方からだ。例えば小学生までもがマネをするという豊田議員がリーダーになれば、下の人間は本当に苦労をすることになるから、支持しない

というわけで私はリーダーとして能力が不適格な場合には辞めてほしいと思う。では失言の場合は大臣は辞めないと行けないのだろうか?もしくは政党の役職を辞めなければいけないのだろうか?

失言のレベルをどう推し量るか

現実的なところで言えば、失言そのもので辞職をするようなことはなくていいと思う。一時期、クイズ大会と国会が貸したり、漢字が読めないとか言って追求することがあったりもした。正直、そんなレベルの失言はまったく問題がない。たかだかカップラーメンの値段を間違えたとか、未曾有という漢字が読めなかった程度の失言で辞めるべきではない。

では、今まで閣僚は一体どういう失言で辞めてきたのか?を見てみたい。下記のブログを参照してほしい。

ameblo.jp

このブログで書かれている事実として面白いものがある。2000年になるまでは戦争関係の話をする、憲法関係の話をするということはかなりセンシティブな話題だったようだ。戦争や憲法について、今では当たり前に議論されているし、議論しなければミサイルをガンガン飛ばしている北朝鮮の有事に対応できないという認識が、国民全体にあるように思うので、まず問題になることはない。

それこそ1990年台は憲法について話をするだけで大臣を失職しているのだから、逆に言論が非常に狭く、自由度が低かったようだ。それに比べて今はいい時代になったなと思う。

つまりこのことからわかるように、問題視される失言というのは時代によって変わるということだ。その時の国を取り巻く状況や経済状況等によって、いくらでも変わりうるのだ。時代によって失言そのものをどう捉えるか?というのがかなり変わってくる、ということがわかる。

最近の失言について

では、最近の失言について見てみたい。下記にInfoseekがまとめてくれているのを参考にしたい。

news.infoseek.co.jp

実際2017年に失言で失職している大臣は今村元復興大臣だ。この方は「大地震が起こったのが首都圏に近いところではなく、東北でよかった」という旨の発言をされている。で、この発言がどこでされているかというと派閥のパーティー内で行われているようだ。身内でのパーティー内だからと気にしていなかったのかもしれない。

で、片山虎之助さんも「大変タイミングのいい地震」と熊本県地震について話したそうだ。後に撤回・謝罪はしているが、党の役職であるおおさか維新の会共同代表を辞任することはしていない。加えて辞任しないことに対しても、マスコミは追求していない。

山本地方創生大臣は「一番のがんは学芸員」と学芸員を貶めるような発言をしたことで批判され、謝罪・撤回することになった。しかし、大臣を辞めるところまでには至っていない。コレについてもそれなりにマスコミは追求していたように思うが、辞職まではしなかった。

失言は立場によるが辞任するかは判断が別れる

これらの失言について、辞任したりしなかったり、かつ失言がどの程度の重みなのか?についてはわかりにくい。しかし上記の問題で言えば、復興大臣だった今村さんは失言で失職し、片山さんは失言でも失職していない。失言のレベルで言えば、両方ともに同じレベルくらいなのに、差がついた。

この点については明確な判断基準がある、とも言える。つまり復興大臣という立場の場合は地震などの災害についての発言は重く捉えられるというわけだ。当然とも言えば当然のことで、片山さんとの差がついたのも何の役職だったかがポイントとなる。最近よく批判されている稲田防衛大臣も、防衛や安全保障上問題がある行為・発言について批判されているように思う。

ただ、この場合に一つ疑問になるのが役職の立場から不適切な発言があったとして、その発言が不適切だから辞任するか辞任しないかの差は何か?という点だ。この点についてはかなり不明確で、少なくとも失言の内容を見るだけでは判断がつかない。

おそらくだが辞任する・しないというのは個人による自発的なものではなく、周りによる圧力や擁護によって変わるのではなかろうか。具体的に言えば、総理大臣や党の重鎮によって左右されるのではないかという点だ。辞任と言うと自発的に辞めているように思われるが、ほとんどがクビで自主退職扱いのようなものではなかろうか。

そう考えると、稲田防衛大臣が辞任しないのは安倍さんやそのまわりが支えているとかんがえればわかりやすい。もっと言えば今村復興大臣が辞任したのは彼を支える人がおらず、山本地方創生大臣が辞任しないのも周りが支えているのではないか?と考えればスッキリする。

国民にとって有益なのは辞任か留任か

実際に失言で辞任する・しないというのがどのように決められているかはわからない。クビ・自主退職扱いにしているというのも、一つの推測でしかない。

しかし大事なことは国民にとって有益なことは何か?という点だ。辞任して国民にとって有益ならそれで良いし、留任が有益ならそれでいい。その点から見れば、多少の失言で辞任とならないほうが国民にとってはプラスなると私は思う。もちろん一線を超えたときに、それを総理大臣やその他大臣が判断して辞めさせる必要はあるが。

ある種、今の安倍内閣は失言で辞任した大臣は非常に少なく、失言をしても大臣を行っている人が多い内閣だ。今までのように失言して辞任という流れを断ち切ろうとしているのかもしれない。私としてはそのほうが正しいと思うので、多少の失言ですぐさま大臣を辞任させる必要はないと思う。

失言したらすぐに大臣をクビにして新しい人をすげ替える内閣と、多少の失言では辞職せずに2年3年と大臣を続ける内閣、どちらのほうが国民にとって有益だろうか。