ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

【ご協力願い】発達障害・グレーゾーン向けITスクールに関するアンケート

先日、ロボットプログラミング体験会を行った。発達障害・グレーゾーンの小学生・中学生・高校生でも参加できるというもので、かなりの方に来ていただいた。

で、次回も行いたいなと思うのだが、先立ってアンケートを取らせてもらっている。発達障害やグレーゾーンとプログラミングに関するもので、ぜひアンケートにお答えいただきたい。

goo.gl

皆さんのご協力、よろしくお願いします。

マッキンゼーというパワーワードが作り出す一般人との断絶

diamond.jp

どこでも誰とでも働ける」という本を出した方がトークセッションされた内容なのだが、まぁこういうのを読んでも「ぜんぜん違うところで生きている人だなぁ」としか思わない。というか、こういった人たちの話ってホント一般人に真似できないんだよね。

その一つがマッキンゼーというワード。もうすでにマッキンゼーというのは一つのブランドになっていて、その言葉が水戸黄門の印籠のようになっている。誰もが持てるものではなく、それを持った人間は特別な人間であるかのように。

ブランディングと断絶

上記の記事にはこのようなことが書かれている。

東京で0→1をいっぱい学べる場所はどこなんだろうと思っていたら、「マッキンゼーという会社がいろんな会社の0→1をやっているらしい」と聞いたので、面接で阪神・淡路大震災のボランティア体験を熱く語ったら、相手も情にほだされて、こんな人間でも受け入れてくれました。

これを真に受けて「あ、自分もできるかもしれない」なんて思ってはいけない。そもそも学生時代からビジネスバリバリやっていて、ボランティアに行くという行動力・実行力・ビジネス力を見出されたのだ。あなたにそれだけのバックグラウンドがあるだろうか?そんな経験をしたことがある人はほとんどいないはずだ。それだけマッキンゼーが採用してくれる人というのは雲の上の存在であり、我々一般人には関係がない。

おそらくトークセッションの記事を書いた人も「マッキンゼーというワードは強い引き・ブランド力がある」ということを知っているので、ワードをチラ見せする。それが著者のセルフブランディングになると考えており、それはそのとおりだと思う。マッキンゼーはそれだけのパワーワードだ。

しかしセルフブランディングの反面、マッキンゼーというパワーワードは我々一般庶民との間に深い谷底・断絶を作り出すということも事実だ。私も学生時代にマッキンゼーを受けたことがあるが、見事に落とされた。面接すら行けなかった。ここに入れる人はそれだけ「特別」なのだ

つまり「マッキンゼーにいたすごい人」という事実を表出すると「この人はすごい人なんだ!」と周りから思われるので、セルフブランディングとして高い効果を上げる。反面、この人のやっていることや言っていることをそのまま実行しても、一般庶民には真似できないということをはっきりと示してしまうことにもなる。

まさにマッキンゼーというワードは「痛し痒し」「ダブルミーニング」なわけだ。

選ばれた人間だけができる「自分らしい生き方」

似た話として、やまもといちろうさんがインタビューされていた「半年だけはたらく」を出された村上アシシ山の話も、まさに一般庶民には真似できない話だ。下記インタビューを読めばそれがわかると思う。

dot.asahi.com

著者は自分は優秀ではないとおっしゃっているが、東京理科大に入ってアクセンチュアに入れるのがどれだけ優秀なことか。一部の人間にしかできないことだ。ちなみにアクセンチュアも私は新卒時代に受験して、落ちている。大学卒業の時点で私にはこの方の言っていることを実行できないというわけだ。

とはいえ、この著者の方やダイヤモンドの記事の方を批判しているわけではないただ、そういう生き方というのは選ばれた人間にしかできないのだから「誰でもできるよ!」という幻想を振りまくのはやめてくれ。一般庶民を私が代表するのもおこがましいが、かなわない夢を見させるのはいいことなのか。

今も多くの方が好きでもない仕事に歯を食いしばって働いている。自分の生活のために、家族のために、子供のために。月々2~30万円の手取りで、やっと暮らせる給料で働いているのだ。そんな彼らの気持ちや立場を察した上で、提案してほしいと思う。

イケハヤさんはそれを意識して炎上目的でやったわけだが、悪気なくエリートにしかできない働き方を提案するのも、同等に罪深いのではなかろうか。

エリートではない我々の生き方

日本の99%の人たちはエリートではない。1億人1千万人以上、右を向いても左を向いてもいるのは「庶民」だ。私も含め、庶民が生きるためにはエリートな人たちとは違う生き方をしないといけない。彼らとは違う「楽しみ」「生きがい」を見つけなければいけない。

それが毎日家に帰って晩酌をしながら野球中継を見るのでもいいだろう。合コン三昧・キャバクラ三昧というのもいいし、子育てでもいい。趣味のアニメやマンガでもいいだろう。人それぞれの生き方がある。

エリートの方々のやっていることは素晴らしいことだ、続けてやっていってほしい。しかし気軽に「君もやってみなよ!」と能力も立場も違う庶民に投げかけるのは、誰も幸せにならないのでやめておいたほうがいいのではなかろうか。

2018年6月に発売される読む予定のマンガ

また知らない間に6月になってしまい、マンガ紹介のエントリーが遅れてしまった…5月には最強伝説黒沢のスピンオフマンガ「最強伝説、仲根」が発売されてたけど、なかなか面白かった!さすが黒沢系マンガ、いいこと書いてるよね。

さらにこのブログにもサイドバーにマンガ紹介をしておいた。原則、完結したものでさらに私が面白かったなと思ったものだけを置いてるので、参考にしてほしい。なんとなく私の好みがわかるチョイスになっていると思う(笑)

6月に読む予定のコミック一覧

6月の注目コミック

3冊ピックアップが厳しくなってきたって言うことで、この6月はなんといってもアカギが終わるということだろうか。あの長年やっていた鷲巣麻雀が終わって、どのように最後を迎えるのだろうか。 

アカギ?闇に降り立った天才 1

アカギ?闇に降り立った天才 1

 

で、クロコーチなんてダラダラ続いたなーという感想。正直、話があっちいってこっちいってしすぎだった。結局、大金の話も3億円事件からM資金だとか、いろいろ出てきてわかりにくかった。まぁそれでも読んでたけどね、内容ほとんど覚えてないけど(笑)

クロコーチ 1

クロコーチ 1

 

刃牙道については語らなくてもいいかな(笑)

「企業はもっと給料を上げろ」だけでは解決できない理由

ちょっと気になることが合ったので、給料と求人倍率についての関連性を調べてみた。よく「人手不足なんだったら給料を上げろ」という声がネット上で聞こえる。この言説、逆に言えば「給料を高くすれば人手不足が解消される」ということだと思うが、本当だろうか?

東京都のハローワークが職業別の給料と有効求人倍率をまとめてくれていたので、それを使って考えてみたい。

職業別有効求人・求職状況 及び 求人・求職賃金状況 | 東京ハローワーク

給与の高さと有効求人倍率の関連性について

職種 有効求人倍率(正社員) 賃金状況(正社員) 有効求人倍率非正規社員 賃金状況(非正規社員
保安の職業 15.21 ¥203,884 19.47 1045
農林漁業の職業 0.78 ¥210,349 2.05 1042
運搬・清掃等の職業 0.69 ¥217,927 1.82 1006
サービスの職業 5.02 ¥221,441 6.5 1032
生産工程の職業 1.79 ¥230,255 2.38 1067
事務的職業 0.55 ¥230,498 0.7 1082
福祉関連の職業 3.93 ¥238,854 4.95 1360
輸送・機械運転の職業 3.13 ¥250,653 3.67 1102
建設・採掘の職業 5.95 ¥253,531 1.5 1185
専門的・技術的職業 2.3 ¥272,033 2.29 1520
販売の職業 2.97 ¥275,062 3.51 1053
IT関連の職業 2.68 ¥282,643 0.87 1386
管理的職業 1.35 ¥405,274 0.16 1390

一応、正社員の給与の低い順番に並べている。これだけを見ると給与が最も低い保安の職業が最も有効求人倍率が高い(=採用が出来ていない)ということなので、給与を上げることで採用できる可能性は増えるだろう。

一方で事務的職業については正社員・非正規社員ともに有効求人倍率が1を下回っている。さぞかしたくさん給与をもらえるのだろうと思いきや、正社員で下から6番目の給与であり・非正規社員でも下から7番目の給与となってる。高くもなく低くもない給与だ。

また正社員の農林漁業の職業と運搬・清掃等の職業についても、事務的職業と同じく有効求人倍率が1を下回っている。にもかかわらず給与は下から2番目と3番目で、高い給与ではない。高い給与を払っていなくても、人材は間に合っている。

逆にIT関連の職業は時給1386円とトップ3で、かつ有効求人倍率が1を下回っている。これは高い給与のおかげで多くの人材が応募してきた、という可能性もあるだろう。

異常に多い事務的職業を希望する求職者の数

給与が高ければ人材不足が解消する、ということが一概には言えないというのが前述した表を見ればわかる。ではもう一つのデータとして求職者数(仕事を求める人の数)と求人数(募集している人数)を見ていこう。

職種 有効求職者数(正社員) 有効求人数(正社員) 有効求職者数(非正規社員 有効求人数(非正規社員
農林漁業の職業 379 295 99 203
保安の職業 691 10,513 365 7,106
建設・採掘の職業 1,175 6,993 129 194
運搬・清掃等の職業 1,656 7,528 10,014 18,234
管理的職業 1,656 2,253 87 14
輸送・機械運転の職業 3,146 9,853 780 2,863
生産工程の職業 4,998 8,926 1,130 2,687
福祉関連の職業 5,842 22,985 3,278 16,241
IT関連の職業 7,997 21,448 1,027 896
サービスの職業 9,375 47,094 6,222 40,416
販売の職業 11,222 33,369 2,739 9,627
専門的・技術的職業 22,944 52,798 6,678 15,288
事務的職業 46,850 25,824 17,182 11,944

そもそもの労働力自体が減っているので、求人数をすべて満たすことは不可能ではあるが、事務的職業を求める人が多いというのは特筆すべき点だろう。なぜ給与が圧倒的に高いわけでもない事務的職業を求める人が多いのか、これがミスマッチの本質ではないだろうか。

つまり事務的職業、この中でも一般職が大半を占めるのだが、一般事務職を目指す人が多いということは専門スキルを持たない人がそれだけ多いという証左ではないだろうか例えばITスキルを持っていればIT関連の職業つくだろうし、管理的職業や専門的・技術的職業を目指す人が多くていいはずだ。給与も事務的職業よりも高いわけなのだから。

職業訓練の充実、ITや機械化、柔軟な働き方がキーワードか

上記は東京の話なので、東京以外の地方ではまた事情は変わってくると思う。とはいえ、労働者が「給料を上げろ」ということ、そして企業側が「人材不足だ」ということ、この2つを解決するためには下記3つの方法がポイントではないだろうか。

  1. 専門的職業訓練の充実
  2. IT・機械化による効率化
  3. 柔軟な働き方を認める

特に個人的には専門的職業訓練の充実が必要だと思う。事務的職業につくためのワード・エクセルなどよりも、ホームページ作成やプログラミング、二級建築士であるとか警備員の基礎、医療系など様々な専門職になるための職業訓練を充実させるべきだ。

そしてITや機械化によって効率化することで、一人あたりの生産性を上げる必要がある。このときもITや機械を使うわけで、専門職が必要になろうと思う。結果的に専門職が求められることになる。

最後には柔軟な働き方を認めることだろう。例えば管理職は正社員が当たり前だが、非正規やその他の働き方も必要かと思う。ITも非正規での働き方をもう少し増やしたほうがいいだろう。正規・非正規ではなく、柔軟に働けるようになれば労働者にとっても企業にとってもハッピーになるはずだ。

結局私が前々から思っている「職業訓練の充実」が最も喫緊の課題だと思う。だが、国でその話が出ることはほとんどない。早急に議論してほしいものだ。

企業や他人が変わることを強制するより、自分自身が幸福になる努力をすべき

別に田端さんを手放しで支持するわけじゃないけれども、個人的には高プロについてはほとんど気にしていない。というか、これを気にしているのは旧リベラルであって、新リベラルの人たちはほとんど話題にしていないというのも過去記事で紹介した。

t-matsumoto.hatenablog.com

高プロを入れたところで大した影響はないと思っている。なぜか。労働者教育が企業へ求める倫理観よりも遅れているからだ。今必要なのは企業へ高い倫理観を持って経営するように法律で縛ることではなく、労働者として自分の権利・利益を守る方法を教えるほうが先だ。

一言でいえば逃げる方法を教えるべきだと思っている。

f:id:outroad:20180604081232j:plain

違法企業は根絶させられるか?

例えば、全く犯罪のない社会を作ることができるだろうか?「犯罪のない社会を作ることができる!」と強く主張する人もまぁいるかもしれない。だが、現実的には犯罪をゼロにすることはできない。とはいえ、犯罪がどんどん起こっていいわけではなく、しっかりと犯罪を減らすための施策は打たなければいけない。

一方、我々は個々人で犯罪から身を護るよう自立的に動いている。例えば

  • 危ない場所には立ち寄らない
  • 怪しい人がいたら距離を取る

女性であれば催涙スプレーやスタンガンを持つなんていう人もいるだろう。お金持ちだったら治安が良いところに住む、子供を私学の小中学校に入れるということをしている家庭も少なくない。

つまり

犯罪を減らすという努力

と同時に

自分自身の身を守るための努力

が必要になる。

これは誰もがわかっていることで今更言うことではないと思う。ただそれが「過労死」や「労働」の話になるとかなり一方的な話になる。過労死が起これば「会社に問題がある」やブラック企業の話になれば「経営者が悪い」というように。そういった会社から身を守るための方法が語られることはほとんどない。

もちろん企業に対して法で不正を縛ることは悪いことじゃないし必要なことだ。しかし個々人の幸福のことを考えれば、もっと我々一人一人が自分自身の身を守るためのことを考えるのも大事なはずだ。労働問題に置いては、このバランスがあまりにも企業側への締め付けに偏りすぎているように思う。

企業は労働者が変えられるものである

また、我々の行動一つ一つによって企業は変わっていく。逆に言えば誰も動かなければ、企業は行動を変えないのだ。

その良い事例が非正規雇用の給与が上がっているという点だ。非正規雇用の給与は3年も続けて伸びている。非正規雇用の給与が伸びている理由の一つが「人手不足」だ。全然応募がない、いい人材が来ないから企業は給与を上げて人材募集を行っている。

www.nikkei.com

一般的に日本では非正規雇用は弱い立場だとされている。しかし、なかなか人材が集まらない、応募してくれないのであれば企業は時給を上げるのだ。時給を上げるだけでなく、週2日から働いてもOKであるとか、1日4時間からOKなど、柔軟な働き方を企業側から提案してきたりする。

本来であれば企業側は労働者に対して強く出れるはずだが、このように人が来なければ下手に出るのだ。労働者の行動によって、企業側は行動を変えるという良い見本だろう。

就職してからが権利を守る戦いの本番だ

先述した事例は新卒採用についてだ。「釣った魚に餌をやらない」という慣用句があるように、一度就職した・雇用した従業員に対して冷たくなるということは多くの企業で見られる。つまり採用されてからが自分自身の権利・利益を守る本当の戦いということだ

採用されてから企業側がもしおかしなことをしてくるようであれば、戦えば良い。労働組合と一緒に戦うのもいいだろう。もし戦うほどの価値もない企業・仕事であれば、退職して転職をすればいい。個々人の幸福を考えれば、やめて他の会社に入るほうが合理的だ。特に今は求職者側の方が強い立場にある人手不足の時代なので、転職もしやすい。

この部分、つまり自分自身で企業と戦うかもしくは企業から逃げるかのどちらかを選択すべきなのだが、その戦い方・逃げ方というのを教えてもらっていないのではないだろうか。真面目に取り組むのは悪いことではないが、過労死するほどまでに真面目に仕事をする必要はないということをもっと周りが支援したほうがいい。

特に労働組合についてはもっと自分たちの責任を感じたほうがいいと思う。過労死の問題が出た時に労働組合としてもっとできることがあったのではないか?過労死が出ないために、もっとできることがあるのではないか?給料を上げることも大事だが、労働者の命を守る手助けをしたほうがいいのではないか。

もちろん労働者側の言い分がおかしければ批判されてしかるべきだ。おかしなことを主張すれば、企業側から更に冷遇されることもあるだろう。例えば「全く何も仕事をしないで金をくれ」みたいな、下記のフミコフミオさんの文章に出てくるような従業員であれば、それは会社側から冷遇されるだろう。

delete-all.hatenablog.com

自分自身の幸福のためには自分は自分で守るべきだ、企業に守ってもらおうと思ってはいけない。もちろん企業側に対して求めていくということもすべきだし、自らが幸福になるための行動はどんどんすべきだろう。日本の労働者はおとなしいと言われることが多いが、おとなしいというよりも企業や国といった「お上」が決めてくれたとおりに動くのが良いと考えている人が多いのかもしれない。

先日、私もある人と話をしたが「企業は労働者の人生の面倒を見ないといけない」と言っていた。その方は労働者側の人だが、企業に面倒を見てもらおう・企業の言うことを聞いていれば人生安泰であるべきだ、と考えている人も少なくないということかもしれない。

まさに下記の田端さんの言う通り「権利の上に眠るものは保護されない」ということなのかもしれないね。