ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

M-1だけで面白い・面白くないを語るのが難しくなってきた

M-1終わりましたね。とろサーモンよかったよ~、勝ってくれて!なんせ昔からすごいすごいと言われながらも、なかなか結果が出なかった。結構ガリガリくりぃむとかに出てくる久保田さんは好きだったんだけどねぇ。クズっぷりがいい(笑)

で、表題の件だけどもうそろそろ全体のNo.1を決めるって難しくなってきたよねぇって話。いやまぁこれはM-1だけに限らないんだけどさ。

フースーヤーと博多華丸・大吉、どっちが面白い?

昨今、メディアもテレビ以外にインターネット、しかもアベマTVのようなネットTVも増えてきた。アマゾンプライムなんかもオリジナルのバラエティが増えているし、独自でYouTubeにアップロードしている芸人さんも多い。

今やテレビだけがすべてじゃないし、テレビがメディアの代表でもない。もっと言えばテレビに出ているタレントが一番エライとか、一番面白いとか、一番演技ができるという時代でもなくなった。メディアも多様化していて、そのメディアに合わせて芸人も多様化している。

例えば若手で若い子に人気のあるフースーヤー、面白いという若い女の子は多い。一方博多華丸・大吉は漫才は上手で30代以上の人には受ける。でも10代の子どもにはわからない。焼酎を乾杯の時に飲むネタの面白さがわかる小学生や中学生がいたら、俺が謝らないといけないけど(笑)

で、両方ともにある年代・ある層から支持されているわけだけど、じゃあ純粋な面白さだけで言えばどちらが上なのよ?それって判定する人にもよるよね。おじさんたちがメインの審査員なら、博多華丸・大吉が勝つし、中高生がメインならフースーヤーが勝つ。どちらもある人・ある層から見れば面白いのだ。

芸人さんは様々な生きる道があるのでは?

芸人になりたいとダウンタウンウッチャンナンチャンとんねるずに憧れていた世代は「テレビに出て人気になりたい」という目標があったはずだ。あくまで目標はテレビであり、テレビ以外で有名になろうという気はなかっただろう。

しかし今やテレビだけではない。東京03はテレビはさほど出ないが、ライブではどこでも満席になるほどのコントグループだ。ライブシーン以外で言えばYouTubeをはじめとしたネットメディアで生きるという道もある。ネットメディアだけで人気の人たちはたくさんいる。もちろんテレビに出るというのも一つの方法だ。

にゃんこスターアンゴラ村長が下記のような発言をテレビでしたようだが至極まっとうな発言だ。

まったくその通りではあるが、間違っているところもある。それはさげすむ笑いで食っている人たちがたくさんいるテレビでこの流れを変えようとしても、それは無理だろう。むしろそういった空気・文化のないネットテレビで新しい文化を作るほうが早いし確実なはずだ。

そしてこのことからわかるように、今のM-1と言うのはテレビと言う枠の中で面白い漫才師を決めるというものになっている。もっと言えばテレビが求めていない漫才をする人たちは評価されないし、変わったことをすることが出来ないとも言える。その証拠に、最終的に残った3組はスタイルは違えどベタベタの正統派漫才だ。

漫才であること、そしてその漫才はテレビ受けすること、この2つを満たす漫才師を決めるM-1に合わない漫才師も当然いる。であれば、テレビ以外に生きる場所を探すという選択肢もあっていいはずだ。もっとネットを中心に、たくさんの漫才師・芸人が活躍できる場が出来てほしい。

12月に発売する、読む予定の漫画・コミック

12月ですね、もう今年も終わりかと思うと時の過ぎ行く早さに驚きです。年を取れば取るほど、どんどん時の過ぎ行くスピードが早くなると言いますな。10年しか生きていない人の1年より30年生きている人の1年のほうが割合が少ないからだとか。

いやぁおじさんになったもんです。死ぬまでの間にどのくらいの漫画が読めるもんなんでしょうかねぇ。漫画は老人になっても趣味として持っておきたいもんですな。

12月に読む予定の漫画・コミック

というわけで12月に読む予定の漫画はこちら。まぁまぁ数が多いね。

3冊ピックアップ

というわけで3冊ピックアップ。

1冊目は意外に好きですKING GOLF。最近はやたらとライバルである霞見ひかるの周りのエピソードばかりで、ひかるが落ちたり上がったりしているような状況。これはあんまり長引くと面白くなくなるなぁとは思うけど、今のところは大丈夫。早く主人公と対決してほしいもんです。

KING GOLF(1) (少年サンデーコミックス)

KING GOLF(1) (少年サンデーコミックス)

 

2冊目は新テニスの王子様。ご存知テニヌの漫画だけど、このテニヌはどんどんわけの分からない展開になっている。なんか今は色んな国の代表になって、日本チームが戦うみたいになってる。なんかよくわからない展開だけど、なんとなくまだ読んでる漫画の一つだ(笑)

3冊目は火葬場のない町に鐘が鳴る時。こちらホラー漫画。子供の頃に過ごした町に引っ越しで帰ってきた主人公、実はこの町には18時を過ぎて家の外に出ると、メイド様が迎えに来て死んでしまうという言い伝えが…なぜこのようなことが起こっているのか?など、真相を探っているところなのだが、こういうホラー系はなんか途中で慣れてくる。彼岸島とかもそうだし、ウォーキング・デッドも。もうちょっとなんとかならんのかなー??

火葬場のない町に鐘が鳴る時(1) (ヤングマガジンコミックス)
 

というわけで12月、年末年始はゆっくりと漫画でも読みましょうかねぇ。

【感想文】複雑な世の中を生き抜く方法

HARD THINGS

HARD THINGS

 

この本はベンチャー企業に対する、ベンチャー企業に関わる人たちに対して書かれていたものだと思う。しかし、 ベンチャー企業に関わる人ではなくても読んだほうがいいと思う。リーダーになりたい人や管理職の人など、おすすめの本だ。

正しい経営ってなんだろう?

経営学の世界では「これが正しい経営方法だ」というものがある。あるにはあるが、それが時代によって変わる。例えばテイラーの科学的管理法と言うものが経営学の始まりとされているが、その際はできる人に合わせて収入を増減させることがいいとされていた。

それからフォードの時代は同じものをできるだけ早く・正確に作ることが、そしてデジタル製品が出てきた今ではイノベーションが大事だと言われている。その少し前には日本的経営、リーン生産法などが流行していた。時代によって経営の正しさと言うのは変わるのだ。

そのような「経営で正しいとはどういうことか?」という点が本書にもでてくる。平時の経営と戦時の経営と書かれているが、そのときによって正しい経営は変わってくる。戦時の経営の天才としてあげられているのがスティーブ・ジョブズだ。ジョブズは経営者としてピクサーやアップルを立て直した素晴らしい手腕を持っている。

ただ性格には難ありなことがよく知られている。これが安定して利益をあげられるようなビジネスだったらどうだっただろう?サーバー会社や石油会社だったらどうだっただろうか。おそらくあの苛烈な経営スタイルは合っていなかったのではないかとされる。

つまりその時々によって経営の正しさなんて変わるということだ。複雑で不確実な時代、正解なんてないのだ。

メンターと教育という視点

もう一つ大事だなと思った点が著者のベン・ホロウィッツがベンチャーキャピタルとして、メンター及び教育を受け持つということをしている点だ。ただ単にお金を投資するだけではなく、創業者を支援するためにメンターとしてアドバイスするのだ。

経営者だって最初は創業したばかりで何をしていいのかもわからない。正解もわからない。そんな中で経営をしていく必要がある。じゃあそこで頼りになるのは経営者のネットワークであり、経営をしてきた経験者の言葉だ。それをベンチャーキャピタルとしても行おうとしている。

この点は大変共感した。経営者だけでなく、サラリーマン・ビジネスマンとして会社に入る場合でも、やはりみんながビジネスの初心者だ。だれかがメンターにならないといけないし、誰かが教育をしてくれないと心細い思いをするだろう。

私も今は大学生や第二新卒までの若手ビジネスマン向けの無料ビジネスセミナーを行っているが、それも同じような考え方だ。もっと言えば、派遣社員や紹介会社をゆくゆくは立ち上げて、そういった教育に力を入れたいとも思っている。

col-seminar.com

多くの人に読んでもらいたい本だ。特に会社や仕事で悩んでいる人にはおすすめの一冊と言えるだろう。

【映画】グッド・タイム~底辺から這い上がるにはいったいどうしたらいい?

www.finefilms.co.jp

今回もアゴラに転送されている渡まち子さんの映画評を参考にさせていただいた映画。知的障害を持つ弟とニューヨークの底辺で生活する兄、二人の物語。最初の15分くらいで一気に話が進んで、そのスピード感に圧倒された。あれは良い手法だなと思った。

一発逆転を狙って銀行強盗を兄弟でするんだけど、トラブル続きでどんどん悪い方向へ転がっていくというものだ。

働いて生活を良くするという知恵が回らない

弟が障害を持っているという点は結構ポイントになるかと思いきや、それはストーリーの一つでしかない。兄の境遇・状況と弟の境遇・状況、この2つから語ることができるだろう。

まずは主線になる兄のストーリー。どういう生活をしているのか?などは特に描かれていないが、銀行強盗をしてしまったり彼女のクレジットカードでお金を借りようとしたりなど、いい生活をしているとは言い難いだろう。ニューヨークの下流社会を生きていると言っていいと思う。

そんな彼が銀行強盗で捕まった弟の保釈金を払うためにお金を工面しようとするわけだが、そのお金の稼ぎ方というのが銀行強盗だとか金を盗むだとか、そういうことしか考えつかないのだ。つまり犯罪行為をする以外に金を稼ぐ方法が思いつかない。

その象徴として途中である人の家に居座ろうとするのだが、そこのマンションに一緒に入っていった男が「俺もこんなところに住みてぇよ」と言うのだ。ここに住んでいる人は実は警備員としてコツコツ働いている人だ。コツコツ働けばマンションぐらしができるのに、そうしようとしない。できない理由があるのだろう。

そう考えるとニューヨークというのは夢もあるのだろうが、その裏には働いて稼ぐということを考えられないほどの人もいるのだろう。

障害者は一つの場所に集めようとする

「欧米は進んでいる」とどんな分野でも思う人が多い。私もその一人で日本よりマシな制度や考え方が多いのだろうと考えている。しかし障害者の福祉については、ニューヨークは全然だなと思った。

最初、障害を持つ弟はカウンセリングを受けている。カウンセリングを受けているのはおばあちゃんから言われて受けている。おばあちゃん、カウンセラーは弟を施設に入れようとしている。しかし兄は一緒に暮らそうとしている。どちらが正解とは言えないが、兄の純粋な思いを貫くにはニューヨークでは金がかかるようだ。

障害者福祉としても、もっと進んでいるのかなと思っていた。それこそ一緒に住んで、ヘルパーが家に来て、知的障害を持つ人が生き生きと生きられる、自由な環境があるのかな?と思っていた。しかし残念ながら日本と同じで施設に集められているような感じだった。

 

まぁこんな感じで2つの点から見ることができる映画だった。しかし結果的にふたりとも幸せになれたのかな?なれているようには到底思えない、救いようのない映画だったなぁ…彼らが幸せになる方法って何があったんだろうか?

名刺交換会・交流会イベントだけを続けるだけでいいのか?

本業の一つでセミナーやイベントをよく開催している。だいたい1ヶ月に1~2回くらいのペースでやってる。多くはウェブマーケティングに関するセミナーで、ビッグデータを使ったアドネットワーク広告に関するお話やSNSに関するお話が多い。

セミナーの後は名刺交換会をしている。セミナー受講+名刺交換会が無料で参加できるということになる。その他にも有料のセミナーであるとか、有料交流会などもちょこちょこやっている。

最近一緒にやっているのがサーバー屋さんなのだが、大変深く・面白い話が最近できた。それは交流会や名刺交換会を主催するだけでいいのか?という根本的な問いだ。

名刺は集まり知り合いは増える…それで?

交流会に出て名刺をたくさんゲットできて、Facebookの友達も増えたという人は多いだろう。しかし肝心の仕事が増えるということはほとんどない。友達の交流会やイベントなどには顔を出すが、自分の仕事にはつながらないという経験を、交流会に参加した人なら一度や二度感じたことがあるはずだ。

これは主催者にも同じような思いがある。特に交流会ビジネスをしていない我々は問題視していたりする。交流会を有料で開催し、参加費でビジネスをしているような人たちや会社もある。そういう人たちは儲けがあるので気にならないだろう。ただ、原則無料がほとんどの私たちは「セミナーで学んだり、交流会で人脈を作っても、肝心の仕事が増えない」ということに危機感を抱いているのだ。

かくいう私もたくさんの交流会やセミナーに出てノウハウを学んだり、横のつながりを増やしたりしてきた。しかしそこから直接的にビジネスにできたのは数えるほどでしかない。加えてそれが即効性のあるものはほとんどなかった。何年も経ってからビジネスに繋がった。

自ら仕事を作る・流れを作るイベントに転身

こういった危機感がある、より高レベルなイベントにしなければならないという考えから、今後は「自分たちの仕事に直接繋がる人を呼ぶ」もしくは「自分たちが直接仕事を作る」という方法が良いのではないかと考えた。

例えば自分たちの仕事に直接繋がるクライアントを呼ぶ、もしくは代理店を呼ぶと言った方法なら、自社のサービスをアピールすれば今までの交流会やセミナーよりも格段に仕事につながりやすいだろう。

もう一つが自分たちが直接仕事を作るというもので、例えばウェブサービスコンテストを行う等がある。この場合、ウェブサービスを作って自社のサーバーを半年や1年無料で利用できるようにし囲い込めば、サーバー会社は利用者を増やすことができるだろう。

というように、もうすでに関西のセミナー・交流会は名刺交換と人脈・スキルやノウハウの学習だけではなくなりつつある。もちろん今まで通りの名刺交換やセミナーなども行っていくが、それだけでなくさらにもう一歩ビジネスを生むための仕組みというのが今後は増えていくのではないかと思う。

私が司会をさせていただいているさぶみっと!ヨクスルin大阪もまた、地域の課題を解決するために繋がるという、一般的な名刺交換やセミナーなどよりも一歩二歩進んだイベントとなっている。

www.submit.ne.jp

かなり身のある話し合いだったし、ぜひ関西だけじゃなくすべての地域で交流会などを行っている事業者にも考えてほしく、ブログに書いてみた。