ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

西野さんが盛り上がっているので、キングコングについてお笑いファンから語ってみる

いやー、今までは一部のお笑いファンから嫌われているだけの存在だったキングコング西野さんが、ネット住民をここまで怒らせることになるとは思いもしなかったなぁ。お笑いファン以外も西野さんに対していい感情を持たないのだということがわかった。

今回の絵本の中身は正直興味がないので、絵本についてやビジネス手法についてではなく、一お笑いファンからキングコング西野さんのことを書いてみたい

お笑い芸人=ジャニーズくらいのアイドル人気

まずお笑い芸人が関西ではどういう立ち位置なのか?ということを知っておいたほうがいいだろう。今はなくなりつつあるのだが、お笑い芸人と言うと10代の女の子からすれば、ジャニーズに並ぶくらいのアイドル的人気があった。特に二丁目劇場、baseよしもと当たりのときはすごかった。

例えばナインティナイン雨上がり決死隊などがいた「天然素材」、ロザンやランディーズがいた「ウエストサイド」など、アイドルグループを作ったりしていた。今やガヤ芸人、顔でかいからやでおなじみのFUJIWARAフジモンも、昔はアイドル的人気があったのだ、信じられないかも知れないが。

というように、関西ではお笑い芸人がアイドル的人気になる歴史があった。そこでキングコングも若い女子に大人気だったのだ。梶原さんのフォルムと西野さんのツッコミで「ナインティナインの再来」とまで言われたくらいだった。

アイドル的人気が笑いの判断を歪める

ただこのアイドル的人気のおかげで、正しく笑いを判断されないことがあった。つまりネタとしてはいまいちだったのに、アイドル的人気があるため若いファンにネタの良し悪しではない部分で支持されるということだ。

それがオールザッツ漫才であったのだ、これは私はずっと覚えているだろう。その時はキングコングダイノジの対決で、キングコングが先行だった。ネタとしては何処かで聞いたことがあるものだったと思う。笑いの量はそこまでではなかった。後攻に出てきたダイノジは大阪の観客にはほとんど知られていなかったのだが、ネタの奇抜さ・面白さで笑いがドカッと起こったのだ。

笑いの量、ネタの質では明らかにその時ダイノジの方が上だった。しかし結果はと言うと僅差でキングコングが勝利したのだ。次の2回戦では敗退したので、アイドル的人気から目が覚めた観客も多かったのかもしれない。

つまりキングコングの漫才というのは中身が面白くないとは言わないが、アイドル的人気に支えられていた、ということは間違いないだろう

他流試合には出ないというスタンス

もう一つ、西野さんがよくお笑いで指摘されていたのは「自分たちの単独ライブしかしないのはどうか?」というものだ。単独ライブをするのはいいことなのだが、単独ライブしかせず他のライブには出ないことで「それはどうなの?」と言われていた。

キングコング側の言い分もあるのだろうが、よく芸人が言ってたのは「自分たちのファンばっかり呼んでネタをすれば、笑いのハードルは下がるから簡単に笑ってもらえる。他のライブならそうではない。だから他のライブに出て道場破りすることで、笑いのレベルが上がる」というものだ。

つまりキングコングは自分たちのことを笑ってくれる、ホームでうちわの笑いしかしないのはどうなの?と言われていたわけだ。実際、これはM-1でまったく成果が出なかった点やはねるのトびらが終わってから、キングコングがあまり呼ばれていない点からも、他流試合をせずにいたのが響いてきているといえるかもしれない。

お笑い芸人が二足のわらじを持つときに注意したいこと

西野さんはお笑い芸人でありながら、絵本作家というクリエイターでもある。終わり芸人と他の活動を行っている人は少なくない。例えばたけしさんはお笑いと映画監督、ダウンタウンの松本さんも映画監督をしている。ダウンタウンの浜田さんは俳優、ロンブー敦さんはバンド活動などもしている。

なのでお笑い芸人が二足のわらじを履いて活動することは特に珍しいわけではないし、禁止されているわけでもない。ファンから「お笑いに集中しろ!」と批判されるばかりでもない。しかし西野さんは批判される(笑)

おそらくそれは自分の活動以外を下に見るからだろう。たけしさんにしても松本さんにしても、他の活動をしているときに自分の創作活動こそ一番であり、それ以外はダメなんて言うことはない。しかし西野さんは言葉の端々に他の絵本作家やクリエイターの人、その他お笑い芸人に対してまで下に見る発言をすることがある。

こういう部分は腹が立つという人が多くてもおかしくはない。なので、キングコング西野さんの二足のわらじは悪いことじゃないのだが、ちょっと言葉に気をつけたほうがいいじゃないかなぁとは思う。

一お笑いファンとしての希望

このようにお笑いという点から西野さんを語っても、以外にキングコングは周りに敵を作ってきたのだ。もちろんそれと対照的にコアなファンも獲得してきた。

一お笑いファンとしてはやはりナインティナインの再来だと思ったわけだし、ナインティナインのあとを継ぐような芸人さんになってくれたらなぁと、少しは思っていた。まぁそれも今後は難しそうで、少し残念です。

何事にも前提というのがあるのを理解して発言したい

なんでも前提ってあるよね。例えば東京であれば渋谷駅前となると、たくさん出入り口があって、どこ口で待ち合わせるかをしっかり打ち合わせとかないとダメとか。例えばAndroidiPhoneはバッテリーに互換性がないとか。

まぁ常識の部分もあるけれども、マイナーな話題の場合はそのマイナーな前提というのを知っておかないと、会話が噛み合わないということも起こりがち。その一つがこの川藤さんの話だろう。

b.hatena.ne.jp

これだけ見るとたしかに川藤さんを知らない人は若い人にお酒を共用している、アルコールハラスメントだと思うだろう。そういう発言はその通り何だけれども阪神ファンからしたら大した話じゃない。なぜなら川藤さんが喋っているからだ。

川藤さんというのは別にすごいプレイヤーではなかった。それこそオールスターに出たとき、ライトゴロを打つくらいだ(笑)代打選手だったのだが、代打の神様八木選手のように良い成績は残していない。

そういう選手がなぜ阪神のOB選手としてスポーツ紙が取り上げるくらいになっているかというと、阪神愛が溢れていて、そしてひょうきんな親父さんだからだ。酒飲みでひょうきんなオヤジ、冗談ばかり言うおっさん、と言った感じで愛されている。こういう前提がまずあるのだ。

だから阪神ファンがこの川藤さんが若手選手に「酒のめ!」と言っているのを聞いても「ああ、また川藤さんがなんか言ってるな」くらいのものだ。そして実際に成績もよくないので、強要するような発言の力もないわけだ。よく言えばムードメーカーであり、盛り上げ役のNo.3くらいの人なのだ。

というわけでこれを聞いて実際に川藤さんの言うとおりに飲む選手もいないし、選手に川藤さんが強要するということもない。実際強要しようとすれば、オーナーやさらに力のある選手がしっかり止めるだろう。そのくらいのキャラクターなのだ。

誰が話しているのかは重要

よくネットでは「誰が話したかではなく、何を話したかが重要」とされているが、実際の世の中は誰が話したかの方が重要だ。「お前が言うな」という言葉でも分かる通り、誰が話したかでその話の重みが変わってくる。

川藤さんが酒を飲めというのと自分が勤めている会社の社長や上司が無理やり酒を飲めというのとでは、全然重みが違うということをまず理解したほうがいいだろう。

最強のカプセルホテルはウェルビーだと思っている

 ヨッピーさんが福岡でウェルビーに泊まろうとしたらしいが、満室だったとのこと。残念ですね、といいたいところだが、カプセルホテル・サウナ好きの間でウェルビーと言うのはかなり評価が高い。あのサウナ大好きな博多華丸・大吉さんも福岡のウェルビーが好きで、スタッフの写真が並んでいるところに特別に写真が載っていたりする(笑)

ウェルビーは名古屋と福岡にあるんだが、サウナとカプセルホテルはもちろんいい。気持ちいいし広いし最高である。しかしウェルビーの最大のウリはやはり朝食だろう。朝ごはんがめちゃくちゃ豪華、それが無料でついているわけだ。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23050939/

私は名古屋出張で泊まりのとき、それと福岡に行った時に1回使ったことがあるが、やはり最高だった。朝ごはんがうまい旅館・ホテルは良いホテルだ。

というわけでウェルビーは人気なので、行くときは予約していきましょう。ウェルビー最高!

人物の内面をコンテンツ化するのは面白いから、それがネガティブなものでも

「ふーん」くらいで見ていたのだが、新海誠監督の君の名はについて石田衣良さんが人格や過去を類推して語っていた。石田衣良さんは小説家と言うのは知っているが、小説を読まない私にとってはクイズタレントみたいなもんか、という認識だったりする。

www.saiusaruzzz.com

で、そのレビュー・映画評論について上記のように人物そのものについて行うのはダメ、褒める場合でも気をつけないといけないという主張がある。うん、これ自体個人的にはその通りだと思うし、俺も書評するときには基本的に人物について語ったことはなかった。

人物をコンテンツ化することは面白い

ただエンターテイメントの世界、メディアの世界ではインターネットも含めてその人そのものをコンテンツ化することは作品そのものよりも面白かったりする。

例えば情熱大陸、これはその人の成果物や作品について深掘りするのではなく、人の内面にフォーカスする。どういう行動をするのか、どういう考え方なのか、どういう過去を持つのか、どういう人間関係なのかなどなど…それが面白いから人気番組になっている。

お笑いでいえば今話題の狩野英孝さんや出川哲朗さんだろう。この人達は笑われる役を買っている。自分自身の過去もさらけ出すし、人間性もさらけ出してコンテンツ化している。それを見て我々は笑っている。

もっと言えば狩野英孝さんが謹慎するきっかけになった報道は、狩野英孝さんの芸や作品には何ら関係がない。関係がないがそこで批判をしたり悪い評価をすること、それを一般人が楽しんでいる。だからこそワイドショーだとか週刊誌は売れているのだ。人そのものにフォーカスし、しかもそれをネガティブに書いていても。

というように、人物にフォーカスしてコンテンツ化することというのは面白い。だからこそ石田衣良さんのインタビューを週刊誌は載せたのだろう。あれを面白いと思う人がいるのだ。

自分では公に過去を類推したりはしない

まぁここまで石田衣良さんのインタビューについて肯定的に書いているように思うかもしれないが、別に賛成というわけではない。個人的には過去を類推して勝手にネガティブに他人を評価する、ということはしないだろう。

私自身はしないが、それでも新海誠監督の過去を勝手に類推してネガティブに語る」というのを見て楽しんでいる人がいるのは間違いない。そしてそういう層に対して石田衣良さんは語っていると考える方がいい。

いい悪いというよりも、今の日本のメディアがそうなっているので、もうちょっとこの流れは変わらなさそうだよね…

 

なぜテレビではお笑い芸人の「いじり」は「いじめ」にならないのか

関西人のお笑い好きは年末に毎年オールザッツ漫才を楽しみにしている人は多いんじゃないかと思う。2016年はやっとのことでクロスバー直撃が優勝ということで、結構ジーンとくるものがあった。

さて表題の件だが、お笑い芸人が「いじり」をするのを真似て、学校で友達をいじることは今の若い子でもあるだろう。確かにいじりは上手にできれば笑いが起こるわけだが、これらいじりがいじめに繋がるという危険性をはらんでいる。

確かにいじりはやりすぎるといじめになる。しかしではお笑い芸人のいじりはいじめへつながるから止めるべきなのか?私はそうは思わない。むしろガンガンやっていくべきだと思っている。

いじりの方向性が力の強い人にも向いている

お笑い芸人と学生や若い子たちが行ういじりの違いは方向性にある。

年末恒例の番組になったダウンタウンガキの使いやあらへんでを見た方も多いだろう。斎藤工さん、西岡徳馬さんと最高に笑えたのだが、その中にダウンタウンがいじられていた。もう50代半ばということもあって、老いがひどいと言われていたのだ。

じゃんけんを後出しで負けるというゲームをした際に、まったく出来なくて他の芸人からやいのやいの言われていた。これこそがテレビで行われているお笑い芸人と一般のいじりの違いである。

お笑い芸人にとってはテレビで面白くなること、笑いが起こることがもっとも重要だ。たとえそれが年下に自分がいじられて起こった笑いだとしてもだ。出川哲朗さんのようないじられ方をしても笑いが起こればOKなのだ。

一方向のいじりと双方向のいじり

一回り以上年下の芸人にいじられるダウンタウン出川哲朗さんのように、本来であれば力が強い側へのいじりが度々行われる。他にもロンブー田村淳さん、梅沢富美男さん、梅宮辰夫さんといった大御所の方々もいじられることだってある。

では「いじめにつながる」とされているいじりはどうだろうか?ほぼ間違いなく、力のある人がおとなしい子をいじっている。そしてそのいじりに反抗することを許さない状況を作っている。例えば暴力かも知れないし、無視かもしれない。

つまり一般人が会社や学校で行ういじりというのは一方的ないじりなのだ。しかしテレビで行われているいじりは大物も若手にいじられる双方向のいじりだ。だからこそいじめに繋がったりすることはない。

笑いを取りたければいじられろ

笑いを取ることが上手な人は一般人でもいるが、決してこのような一方的ないじりをすることは少ない。どちらかと言うと自分の欠点をさらけ出したりすることで笑いを誘うことが多いだろう。

一般の人たちで笑いをとりたい、人気者になりたいというのであればまずはそのくだらない自分のプライドを捨てるべきだ。「俺はいじられるべき存在じゃない」なんて思っている間は笑いなんて生まれないし、誰かをいじればそれはいじめにつながっていく危ないものとなるだろう。

笑いを取りたいならいじられろ、これが1番の方法だ。