ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

アメブロでアクセス数を自慢された話

だいぶ前のことだがアメブロをやっているという知人から「私、アクセス数が4000だよ~」と言われたことがある。ちょうど私が昔やっていた個人ブログでコンビニ会計の話がちょっとしたメディアに取り上げられた頃だ。まぐまぐのオウンドメディアだったが今はもうなくなっているのだろう。

私のブログはFC2でやっていたのだが、そのFC2でアクセスが2000を超えた。はてブが13くらいついた時も800くらいアクセスが超えたから驚いたが、2000は初めてだったので「おー!」と興奮したことを覚えている。で、最初の知人がアクセス数が4000あると言ってきたわけである。

まぁ別に嫌いな人ではないが、なんだかかわいそうな気がした。それはその人のやっているブログがアメブロで、アメブロのアクセス数で4000人と言っていたわけだ。アメブロはアクセス数が多いことで有名だが、そのほとんどがクローラーRSSなどが占めていて、人によっては50分の1のアクセスしか無い場合もある。

少なく見積もっても10分の1くらいのアクセスしか無いわけで、その人のアクセス数は400前後と言ったところではないかと思う。それでも結構なアクセス数ではあるが4000と400ではえらい違いだ。もちろん私はこのことを指摘しなかった。いちいち指摘して角が立つのを避けたからだ。

実際アメブロを使うこと自体は私は気にしないが、しかし基本的にはコンサルティングなどを行うときには推奨していない。すでに使っている場合には仕方ないにせよ、出来るならばブログ記事は独自ドメインに移した方がいいと話している。SEO的にもいいからね。

しかしアメブロでアクセス数を比較されてもいい気分はしない。そもそものアクセス数の基準が違いすぎるのだから比較なんて出来ない。アナリティクスを入れていれば別だが、そんなことまでしてアクセス解析をする人がアメブロはそもそも使わないだろう。

いやまぁいいんだよ、アメブロのやり方は非難はしないし使うのも使わないのも好きにしたらいいと思うんだよ。でもね、そのアクセス数で自慢するのだけはやめてくれないかな?と。もう何年も前のことでこんなこと言うのも何だけどさ…