読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

メディア露出の価値

最近、知り合いが「ラジオに出ました」であるとか「テレビに出ました」というようにフェイスブックで書いている。ご活躍はいいことで、こっちとしても知人がそのように活躍してメディアに取り上げられるのは嬉しい。

しかしふと考えたのだが、そのメディアに取り上げられて露出するという価値は今はどの程度あるのだろうか。メディア露出をするということ、それ自体は悪いことではないし、一定の効果はあると思うのだが、じゃあそれで一気に売上が上がったとか有名人になったかというとそんなことはない。やっぱり知人は知人のままだ。

私が子供の頃はテレビに出るなんていうと一躍有名人になったものだ。もちろんそれは全国区でのタレントのように有名になるということではなく、グループの中で有名になるということだ。しかし最近ではそのようなこともなくなっているのかなというように感じることが多い。

取り上げられたのが関西ローカルで番組のコーナー内の一部、ということもあるのかもしれないが、それにしてもテレビに取り上げられたということで「おお、有名人じゃないか」と思うことが減ってしまった。それだけテレビやラジオなどの媒体に出ることの価値というのが減ってしまったのかなと思う。

もちろんちょっとテレビ出演したから、ラジオ出演したからといってその人の事業がうまくいったり、売上が上がったりすることもない。最近は情熱大陸に取り上げられたいという人もいるようだが、個人的には情熱大陸自体見ていないしそれにどれだけの価値が有るのか疑問だ。

今はテレビやラジオなどのメディアに露出することの価値というのはどのくらいあるものなのだろうか。

広告を非表示にする