読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

グリーンピースの活動を是とするかどうか

NPOや市民活動というのは幅広く、それこそ山本太郎議員とその周りの人達も市民活動家といえばそれに入ってしまうくらいだ。またその真逆に20代30代の若い社会起業家と言われている人達がいる。駒崎さんなんかはそのいい例だ。

しかしこれだけ幅広い人達がいるので、同じNPO界隈の人たちでもかなり意見ややり方などが異なっている。個人的にはここにも世代間に考え方もあるように思う。どちらかと言うと年齢層の高い人のほうがデモやストといったような昔ながらの方法を支持し、若い人たちはそういったことにあまり参加しない。もちろんサウンドデモというものが高円寺周りを中心として存在し、若い人たちもデモに参加したりもするので、一概に世代間だけでくくることは出来ない。

デモに参加して社会を変えると考える人もいれば、ボランティア活動もしくは社会起業のような経済活動を通して社会貢献をしようとする人もいる。考え方については更に過激な考え方も当然ある。それが目的のためなら手段を選ばなくてもいいというものだ。オスプレイ反対のためにたこをあげたり、政権批判のために官邸前で騒いだり、原発反対のためにデマを流すなどだ。

こういった手段を選ばないというものを支持するかどうか、それでかなりNPOや市民活動家で信用できる人とできない人を線引出来るのではないかと思う。もちろん確実に信用できるというわけではないが、やはり過激な手段を支持する人というのは信用しないほうがいいだろう。

そのいい例がグリーンピースの活動だろう。グリーンピースの活動はかなり過激だ。もちろんいい部分もあるのだろうが、そういった部分をかき消すくらいの活動をしている違法なこともするし、手段を選ばない方法をとる。こういった環境団体を支持できるかどうかはひとつの基準だ。

個人的にはこういった手段を選ばない方法は全く支持できないのだ、一定数の人でグリーンピースやその他の活動を支持している人がいる。どうにかしてそういった過激な目的のためなら手段を選ばない層と健全な市民活動・NPO活動をしている人たちを分けてほしい。名前を変えるのが一番だろう。

私はそういう過激思想の人たちと一緒くたにされたくはない。

広告を非表示にする