ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

ブラック企業という言葉は罪深い

ブラック企業という言葉はもう当たり前のように使われていて、一般用語のレベルになっているかと思うが、このブラック企業というのは一体どういう意味なのだろうか。ウィキペディアにはこう載っている。

ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す

ブラック企業 - Wikipedia

なるほど、簡単にいえば違法行為を行っている企業のことのようだ。ただ、狭義には若者を過重労働によって使い潰すような企業も含まれるようで、非常に用途が広い会社を含むようだ。

またブラック企業大賞というのがあるが、これもなかなか興味深い。ほとんどが裁判沙汰・労働問題で争っている企業が多いが、東京都議会であるとかリコーなど、法律違反で是正措置を受けたわけではないがブラック企業大賞としてノミネートしているものもある。

ブラック企業大賞

さてここで何が言いたいのか?というとブラック企業という言葉が労働問題をややこしくしているということだ。例えばtogetterにあるこちらのまとめは裁量労働制が広く認められるようになることはブラック企業にとってプラスになり、労働者にとってマイナスだということを叫んでいる。


営業職への拡大が目指されている裁量労働制 - Togetterまとめ

しかしよく考えて欲しいのだけれども、例えばこの営業職へ裁量労働制が拡大されると問題だ!というが、現在裁量労働制で残業代が払われずにどれだけの人が営業マンとして働いているだろうか。現在はこの裁量労働制の拡大に関する法案は成立しておらず、まだ実行されていない。であれば問題があるならそちらを取り締まるべきであろう。なぜそれをしないのか?明らかな違法行為をしているのにもかかわらずだ。

ホワイトカラーエグゼンプションの問題にしてもそうだ。こちらのほうがよりわかりやすい。最近では定額働かせ放題とか言う「俺、センスあるワード考えた!かっこいいー」というミサワ臭のする単語を広めようとしているようだが、こちらもホワイトカラーエグゼンプションが可決するとブラック企業が得をするという。

しかしホワイトカラーエグゼンプションの法律は年収要件も約1000万円以上で裁量を持っている人に限る、というような法律だ。仮にこの法律が通ったとした場合、「定額働かせ放題だ!」と批判する人たちは法律違反していればそれを訴えればいいだけだ。誰も年収1000万円を超えて、役員のように自由に自分の仕事が出来る人に対して、そんなことは言う必要はないし、そもそもそんな人達をターゲットにしていないはずだ。

にも関わらずあたかもホワイトカラーエグゼンプションの法律が通ればすべて働かせ放題、つまりパート・アルバイトも中小企業の正社員も平均年収である400万円にすら届かない人も残業代がなくなるかのように話している。それは違法なわけであって、違法なのだからそこを追求すればいいだけだ。俺だって違法な状況に対してのツッコミなら大いに賛同する。

さらに言えば裁量労働制の話と同じで、今法律で認められていないながらもホワイトカラーエグゼンプションのような状況の人たちというのがいるわけであって、そういう違法状況をまずは是正することを考えるべきなのではないだろうか。現在議論されて、真偽通過されようとしている法律に反対するよりもよっぽど価値のあることではないか。

そして裁量労働制を営業職に適用している企業が多いのは事実であり、俺もそれで働いたことがある。それを違法と言えばいいけれども、そういう働かせ方をしている会社がなぜいるのか?も考えなければいけない。もちろん営業職に裁量労働制は合わないという結論でも結構だが、法律違反をしている企業は多いのはなぜなのだろうか。法律が間違っているのか企業が間違っているのか、そこは調査・議論が必要だろう。

もしここで違法労働という言葉が使われていればもっと話はわかりやすかっただろう。違法なのだから取り締まるべき対象ということになる。そして違法企業でなければ取り締まらなくていい、ただそれだけのことだ。それがブラック企業がどうとかという話になり、問題がややこしくなっている。定額働かせ放題という言葉もそうだが、これは明らかに法律をミスリードさせる言葉でしかない。

なぜ労働者を守るべき立場にいる人達がこういったややこしい言葉を使って問題をややこしくしているのだろうか。違法か違法ではないか、まずはそこが問題であって違法な企業を取り締まるべきともっと声高に叫ぶべきではないのか。でなければ何か裏があるのかと疑ってしまう。