ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

ネットもテレビも媒体でしかなく、重要なのはコンテンツ

爆笑問題の大田さんがテレビ朝日の入社式で新入社員の人たちに励ましの言葉を送ったそうだ。ネット上で盛り上がっているのは「ネットはハイエナ、テレビの素材を流用している」といったような内容だ。

blog.livedoor.jp

はてブなんかでも「検索ちゃんやってただろ」とか「YouTubeの動画流しているだけの番組多すぎ」みたいな声が聞こえる。まぁ確かにコメントの言うとおりで、ネットの素材をテレビは簡単に流用している。著作権の問題などもあるのだろうが、それ以上にネットの情報を集めて一つの番組を作るというのは、悔しく無いのかなと思ったりはする。

しかしネットのコメントも片手落ちでしか無い。結局のところネットもテレビも媒体でしかないのだ。媒体というのは情報を届けるものであり、チャネルと言い換えてもいいだろう。あるコンテンツがあり、テレビで届けるかラジオで届けるか、ネットで届けるかの違いでしか無い。

テレビかネットかなんて全く対立しないし、ネットもテレビも情報やコンテンツを届ける存在でしか無いのだ。それが一番わかるのは内村さまぁ~ずだ。内村さまぁ~ずはウッチャンとさまぁ~ずの3人、そしてゲストが楽しく1時間のバラエティ番組を作り上げるというものだ。だいたい内Pの規模が小さくなったものと思ってもらえればいいだろう。

この内村さまぁ~ずというコンテンツはネット配信だが、今は地上波テレビでもやっている。DVDなんて何枚も出ているし、今度は映画もあるらしい。結局コンテンツが良ければネットで人気になって、ネットでも届けられるしDVDでも届けられるし映画も地上波のテレビとしても届けられるのだ。

さらに言えば最近有名な8.6秒バズーカやバンビーノと言った若手はテレビでも人気だし、子どもも真似をしているほどだ。しかし発端はなにか?といえばテレビではなくYouTube発信だ。結局ネットのコンテンツをテレビが流用している、ということでもある。もちろんテレビに出ているタレントがYouTubeに動画をアップすることもあるので、両方が流用しあっている状況だ。

ネットもテレビもどっちが上とか下とか面白いとか面白く無いということはないのだ。単純に伝える方法の違いでしか無い。ただし、現在は歴史的な積み重ねもあり、ネットよりもテレビに広告費が企業からたくさん流れている。お金が沢山ある方が豪華な番組を作れるし、優れた人材も集まりやすい。だからテレビ局が制作する番組のほうが面白い番組が多いのは事実だ。

だが、今後はネットにも多くお金が流れ始めればどうなるかはわからない。テレビでもネットでもラジオでも何でもいい、面白いものを作ったものが勝ちなんではなかろうか。