読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

意識高い系(笑)は周りの環境が良くないのでは?

また意識高い系の年下の知り合いの話だが、よくSNSで意識高い投稿をしている。見ていて痛々しく感じることもあるのだが、その回りにいる人たちの投稿を見ていて「これは環境がそうさせているのではないか?」と感じた。

つまり意識高い系(笑)の人を作っているのは、その周りの環境ではないのか。もっと言えばその周りにいる人達が意識高い系(笑)を作っているように思えた。

例えばだが意識高い投稿があるとする。「世界を笑顔でいっぱいにしたい!」とか「人間は~~~である」みたいなのだが、こういうのは一般の大人はスルーする。そんな定義とかどうでもいいし、目標だけ言われても成果が見えないのだから「あー、がんばってくださいね」程度のものだ。そんなところにコメントしないもんだ。

しかしこの意識高い系の周りにはガンガンコメントをする若い子が多い。特に気になったのが学生団体に所属しているという若者だ。20代前半だし意識高い系でも全然悪くはないのだが、そういう人たちが「すごいですね!」とか「かっこいい!」とかそういう持ち上げるようなことを言うのだ。

自分の食い扶持も稼げていないような人間がいうことなんて、全然響かない。成果を残せていない人もそうだ。それは私もそうだったし、今でも成果を残せていないことを話してもやっぱり響かないだろう。だからほとんどの人はコメントをしないのに、同じような意識高い系の人たちがコメントをしちゃう。

そうすると「自分はこんなに多くの仲間がいる」と勘違いしてしまうだろう。これで例えばその周りの人たちが仕事をガンガン振ってくれて、食えるどころか会社にして成長させていけるようなレベルの人間ばかりならまだいい。そういう人たちが「すごいですね!」と持ち上げているなら、金にだって困らないだろう。

しかし持ち上げている人間のほとんどが食えていない人間だ。学生だったり個人事業やりながらアルバイトしている人たちばかりだ。そういう人はまず仕事を運んでくることはない。だから周りに意識だけ高くて成果を残せていない人たちばかりで、そういう人たちに持ち上げられて気持ちよくなっても結局自分のビジネスの役に何も立たない。だからビジネスも大きくならないし食えるようにならないのではないかと思う。

別に個人的には痛いことを言っても構わないし好きにしたらいいと思うが、やはり食えているかどうかというのは一つの基準として大きい。食えない人間が何を言ったって響かないし成果を残せていない人間が何を言ったって響かない。まずは食えるようになってから、意識高いことを言えばいいんじゃなかろうか。

ちなみに私はやっとこさ自分一人分くらいは食えるようになったが、今度は仕事の新規投資をするお金というのを確保するのが難しいなと感じるようになった。だから借金したりしているのだが、仕事を前に進めるのにも金が必要なわけだ。交通費なり広告費なり接待交際費なりがいる。

なので順番としては

  1. 自分や家族が食える生活ができるようになる
  2. 新規のビジネス投資・自己投資ができるようになること
  3. 意識高いことを社会に発信していくこと

という順番でなければ、彼の言うことを聞くのはお金も仕事も運んでこない、意識高い系(笑)の人しか集まってこないのではないかなぁと思う。ま、それもひとつの人生だとは思うがね。

広告を非表示にする