読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

欲望と社会貢献の間に

たぶん俺が酔っ払って書いてるので、これが本音だと思うけど俺地震はボランティア・プロボノというのをやっているが、完全な人がいい人間ではない。「人のために」とか「社会のために」ということを100%考えているわけではない。自分自身の欲望だとか、自分の生活、周りの生活というのを必ず考えている。

例えば酔っ払えば社会貢献うんぬんよりも、周りのみんなと一緒に楽しめればいいと考えるし、いつかはみんなを招いて結婚のパーティーをしたいとか考えている。だから完全な聖人君子ではない、それは自分自身も感じている。加えて、ムラムラすれば風俗も使うし、オナニーもする。欲望にまみれて「宝くじ当たらないかなぁ」とか考えることだってよくある。嫌なことがあれば、ガンガン酒を飲むことだってある。

でもそれが自分なのだろうなと感じることがある。仕事もそこそこ、社会貢献もそこそこ、でも自分の欲望も満たしたいし、周りの友人の幸せも願いたい。もちろん社会的にみんなが幸せになって欲しいし、自分自身もしあわせになりたいと思う。

これっておかしいことだろうか?別に普通のことじゃないだろうか。自分の幸せも願いつつ、人の幸せも願う、これはふつうのことだと思う。NPOの人たちは自分が2万円とか月給がありえないレベルでも、周りの人の幸せを願ったりする。でもそれは俺には出来ない。だからこそ、そういう人たちがなくなるようにとプロボノやボランティアを行っている。

自分自身が幸せになりたい、生活が豊かになりたいという欲望と、社会をよくしたいという社会貢献の間に悩むことがある。

 

今日はよく飲んだ。いい日だったのだろう。俺に関係しているみんなに、乾杯。