ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

マラソンで人生は変わるのか

ラジオマニアな私はMBSラジオのそれゆけメッセンジャーリスナーだ。生で聞くこともあるくらいなのだが、そこでメッセンジャーのあいはらさんは「フルマラソンを走っても別に人生なんか変わらない」と言っている。

あいはらさんは子供の頃からろくでもない親父の元、祖父母の家で住むなど肩身の狭い思いをしてきた。知っている人は知っているが苦労人だ。もちろん芸人としても苦労してきているので、42.195キロ走ることなんて大した苦労じゃない、と考えている。だから、人生なんてフルマラソンを走っても変わらないというわけだ。

これは確かに言えている。私もフルマラソンを2回完走しているがだからといってそれで人生変わった、なんて思わない。今やフルマラソンのレースには出ていない。昔とあまり変わらないし、フルマラソンはきついがだからといって人生が変わるほどではなかった。

よく「インドに言って人生変わった」とかいう人もいるが、これも同じだろう。インドに言ってカルチャーショックを受ける人もいるが、日本にいてカルチャーショックを受けることもある。そういった経験をしたことがない人が、インドに行ってショックをうけるのだと思う。

年齢が重なっていくと、多くの経験を得ることになるのでその経験からあまり新しいことに驚かなくなるという。それと同じように、子供の頃や若いころにある程度のショックを受けている人はフルマラソンだろうがインドに行こうが、そんなショックで人生が変わるようなことはないのだろう。

マラソンを走ることは1度はあってもいいと思うが、だからといって過大に考えなくていいだろう。マラソンを走るよりも苦労やつらい思いをした人は、少なくないのだから。