ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

プレミアムフライデーがなぜ問題なのか

国が手動する「プレミアムフライデー」が先日行われた。まぁ賛否両論あるわけだけども、実際に早めに帰れる人というのは数十人に一人程度であり、ほとんどの人には関係のないキャンペーンになりそうだ。

diamond.jp

私は個人事業主なので、全く関係ないのだが、このプレミアムフライデーでは迷惑を被る可能性もある。なぜ個人事業主が迷惑を被るのだろうか。

なんで大手企業は早く帰ることができる?

プレミアムフライデーは月末の金曜日に早く帰る、というキャンペーンなのだがほとんど大手企業ばかりしかキャンペーンに乗っかっていない。それは当然である、中小企業や個人事業主にはそんな余裕が無いからだ。

ではなぜ大手にはそんな余裕があるのか?というと、仕事を下請けに投げることができるからだ。もっとわかりやすく言えば自社で仕事を完結する必要がないのだ。

15時までに帰れなければいけないとなった場合、大手企業は提携している下請け企業に「月曜日中に納品してね」と言って帰る事ができるのだ。そういった大手からの受注を受けることが多い中小企業・個人事業主はと言うと、金曜日に早く帰ってしまうと、大手企業の納期である月曜日に間に合わなくなってしまう。

このように金曜日に下請けに投げればそのまま早く退社できる大手と、金曜日中にやってしまわなければ納期に間に合わない中小零細企業、という構図ができてしまうわけだ。

個人事業でもよくある月曜納期

この話は別に中小企業だけではなく、個人事業主にもよくあることだ。金曜日に仕事が来て「月曜朝までに納品してね」なんて言われることはよくある。まぁ人によっては断れるのだが、カツカツで仕事をしている人にしてみれば、それを断ってしまえば食い扶持がなくなってしまう。

なので無理して金曜日、それこそ土日を潰して仕事をして月曜日に間に合わせるということもあるだろう。結局、中小企業にしても個人事業にしても、プレミアムフライデーというのはありえないということがわかるだろう。

成果を指標にすれば労働時間短縮につながる

プレミアムフライデーというのは結局大手だけ恩恵を受けるものであり、当初の狙いとはかなりズレていることは間違いない。当初は残業せずに早く帰ってお金を使って経済を活性化してほしいという狙いがあったはずだ。

であればその狙いを達成させるためにどういう方策を取るべきか?といえば、成果を指標にする働き方を作ることだ。もちろん時間給による労働も並行しつつ、成果を指標にする働き方があれば良い。

成果を中心として考えれば、労働時間というものに縛られなくて済む。極端なことを言えば、1000個ネジを作ればいいなら早めに1000個作ってしまえばいい。時間あたりの生産性は上がり、かつ労働時間も短縮し休みも増えるだろう。このような働き方を認めればいいだけだ。

今のところこういった早めに済ませて会社を後にする、という働き方は認められないだろう。であれば、プレミアムフライデーの目指すべき目標も達成されないのではなかろうか。

ま、役所が色々言う割には自分たちのところが出来ていないのだから、今回はクールビズのように流行ることはなさそうな予感がする。