ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

電通も博報堂も広告代理店はフツーの会社

 

電通の新入社員が自殺したこと、そしてその前には東京オリンピックのエンブレム騒動が起こった。電通博報堂が社会的に注目され、かつ「こいつらダメなんじゃね?」と思われた。

では実際に電通博報堂は何をやってるの?という、多くの人が誤解していることをインタビューと著者自身の体験を通して書かれているのが本書である。この本は大阪で中川さんがイベントをされた時に購入させてもらった。

電通博報堂は普通の一般企業と変わらない

ネット上の多くの人達の発言を見ていると、電通は悪で裏で糸を引いているかのようにおもうが、実際にはそうではない。本書で書かれている通り普通の会社でしかない。ただし、他の企業に比べると「お客様のため」が過剰かな?とも感じる。

このあたりは私が勤めていた商社でも同じだろう。商社も売るものがあるわけではないので、仕入先に他の商社経由ではなく自社経由で仕事を流してもらうため、お客さんに買ってもらうために得意先や仕入先にペコペコしていたものだ(私がいたところは仕入先が強かったので、仕入先への営業がメインだったが)。

お客様のため、お客様は神様ですというのはよく言われるが、これが度をすぎると確かにおかしなことになる。たとえば本書では企画を作る時、良いアイデアを出すことも大事だけれども、お客様のために誠心誠意尽くしたということ大事だという。企画会議をプレゼンテーションの直前まで行ったり、10人20人という人数でプレゼンテーションの場に行くなど…一般的な営業では考えられないことをしていたようだ。

ネット広告は目標値のコミットとフィーの確定が必要

私もリスティング広告SNS広告といったウェブ系の広告運用をしている。最近ではビッグデータを活用したBtoC系のアドネットワーク広告を販売しようと考えている。電通博報堂はこういったネット広告の世界に足を踏み入れたのだが、今までの慣習からさらに労働時間が伸びているようだ。

お客様は神様となると、お客様のために必要なことを必死になって行う。例えばリスティング広告の運用となれば、少しでもクリック単価を下げるためにキーワードを逐一動かし、クリック率の良いキーワード・広告を入れるなど、いくらでもやろうと思えば無限にできる。

そのため、24時間データを監視し、そのデータに右往左往してその場その場で対策を行ってしまうために、離れられないで長時間労働になってしまうようだ。

この気持はわかる。私もそういう経験をすることはあるが、直接取引をする場合は「目標値」と「フィー」をハッキリさせておくことでコレを回避できる。例えば「インプレッション1億」という目標値に対して「1200万円」とフィーを決めておくのだ。こうすれば1億のインプレッションを達成できるように動けば良い。

もし目標がなければ、1回でも多く表示されるようにといつもいつも改善をしなければならない。そんなことでは労働時間は減らないし効率は上がらない。今までの慣習上「御用聞き」になってしまうことから、なかなかココが進まないのも長時間労働の問題のようだ。

学生・若手社員に読んでほしい

広告業界は就職活動でも人気の業種だ。就職を考えている人は一度読んでみることをおすすめする。この実態を知った上で行くのと、知らずに行くのとでは違ってくるだろう。若手社員もぜひ読んでみて、自分なりの感想を持ってほしい。

昨今提唱されている「働き方改革」も自分たちの働き方から見つめ直さなければ、大きく変わることはないだろう。日本の、自分の働き方を考える一つのきっかけに良いのではなかろうか。