ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

記事広告にPRを入れるなら、アドネットワーク・CMにも入れるべきでは?

ヨッピーさんといえばネット上では有名なライターだ。ネットにあまり詳しくない人はヨッピーさんを調べると「えっ…」と引いちゃうみたいだ。ビジネスパートナーの方に話したら検索して「この人はないわ」と言っていた。まぁ下ネタ系の記事を見たのだと思う(笑)

yoppymodel.hatenablog.com

さて、そんなよっぴーさんがPR系の記事、つまり記事広告やネイティブアドについて、PRである・広告であるということをはっきりと表すようにした方がいいのかどうか、みんなに聞いていた。半数以上がPRと入れるべき、と言う主張のようだ。

私もリスティングやらSNSなどの広告を使う側であるのだが、個人的にはPRやADなどはタイトルに入れなくていいと思っている。

記事中には明示するが、嫌な人もいる

もちろんなのだが、記事広告やPR記事については記事中には明示しておくべきだ。カテゴリをPRとする、広告として明記するというのもいいだろう。CMみたいに「この記事は◯◯の提供でお送りしています」と最初に書いてもいい。とりあえずどこかで明示することは必須だ。

それに加えてタイトルに「広告」や「PR」というのを入れるか?という問題だ。

これは簡単に言えば下記のようにまとめられるだろう。

  1. 広告だと思っていたらまず読まない
  2. 読まないのだから、広告と書いておいてくれたらクリックしない
  3. 逆に書いていないとクリックして損した気分になってしまう

というわけだ。なのでタイトルに書いてくれたらはてブのインフィード広告であっても、Yahoo!のリコメンド広告であっても、クリックしないから棲み分けが出来てユーザーはハッピーであるという考えに基づいている。

お金を出している広告側の気持ちはどうなるか

では広告を出している広告出稿側の気持ちはどうだろうか。PRや広告と書いたがために、クリックされなかったとなるとショックを受けるだろう。場合によっては「もう貴社には頼まない!」となるかもしれない。

PRや広告とタイトルに書いていれば、絶対にインプレッションは下がるし、クリック数も下がる。これは間違いない。であれば、広告を出す側としては「たくさんの人に見てもらいたい」という狙い、つまりリーチを増やして認知してもらいたいと考えていたにも関わらず、見てもらえないのは無駄な広告になってしまう。

もちろんだからといってステマをすれば逆効果なのでありえない。だからといってPRや広告とタイトルに入れて、あえて多くの人に見てもらわない方向に進みたいという出稿主もいないだろう。

広告出稿側の気持ちに立てば、PRも広告も入れてほしくないとなるのは当然だ。

CMやアドネットワークに「広告」をつける?

個人的にあまり納得いっていないというか、論理的に周りに説明出来ないのが検索連動型広告とアドネットワーク広告で、広告表記をするかどうか」だ。検索連動型広告Yahoo!Google共に最近は「広告」と必ずタイトルの下に表記されるようになっている

ではアドネットワークはどうだろうか?というと、広告と表記されているものなんてほぼない。他にもYahoo!のブランド広告はどうか?トップページにわざわざPRです、なんて書かないだろう。また、アフィリエイトも「これはアフィリエイトリンクです」なんて書いたりはしない。

個人的にこのあたりの記事広告とバナー・動画広告、CMなどとの切り分けについてはあまりはっきりとわからない。なぜ画像の広告やオンマウスで動画が広がる広告などはPR表記をはっきりさせなくてもいいのか?という点が、周りに納得できるように私には説明できないのだ。

おそらく歴史的「これは広告だ」と他のコンテンツと違ってわかるから、ということなのかな?とも思うのだけれども、やはりユーザーファーストでいけば、こういったものもすべて「広告です」と表記しておくべきだと思うのだ。それこそヘビークリッカー問題などを考えると、リテラシーの低い人には広告かただの画像かがわかっていない人もいるわけで。

思えば記事広告だけは4大メディアでも同じように「これは広告です」と表記している。雑誌の記事広告もそうだ。でも記事広告以外であれば、広告ですと表記しないのだ。これは私にしてみればアンフェアに思うのだ。

もちろん広告なのだから広告と表記すればいいと思うのだけれども、タイトルにまで入れるべきか?というと、記事広告が圧倒的に公平ではなくなるように思うのだ。そういう点からも、私は入れなくていいと思うし、記事中に広告であると言及するだけでも十分だと思う。

広告をクリックする人の立場で考えたい

ちなみにアドネットワーク広告では7割近いクリック数がヘビークリッカーという一部のユーザーによるものである、という調査がでている。つまりバナーを多くクリックする人は一部のリテラシーの低い人なのだ。

アドネットワークだけでなく、広告をクリックする人は今回のヨッピーさんの記事やシミズさんの記事に反応するような、リテラシーの高い人ではない。リテラシーの低い人に合わせた広告表記が求められると思う。

そうなるとやはりバナーにもPR表記がいるような気もするんだよなぁ…