ナイスミドルになりたい

松本孝行が思っていること、考えたことなどを書きます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

貧困対策・途上国支援をするなら原発推進がロジカルには正しい

kepco.jp

いやいや、関西電力圏内である私にしてみれば、電気料金が値下げされるのはありがたいことです。というか、今まで値上げしていたのが腹立つ。しかも再生エネルギーを推進するためのお金まで我々の電気代から取られているんだから馬鹿馬鹿しいったらありゃしない。

さて、関西電力が電気料金を下げることが出来たのは原発を再稼働することが出来たわけで、原発を今使わないと逆に電気代は上がる。日本は資源のない国だというのは誰もが知っている通りで、資源がないということは電気を作る石油やガスもないということだ。

だから既存の原発を使い続けることは経済的なメリットがあるのだが、不思議な事に貧困を支援しているという人の中には原発反対の人もいたりする。そういう人はどういうロジックで考えているのだろうか?

貧困解決が第一なら原発推進は当たり前

貧困問題を解決しようと様々な人や団体が動いている。例えばホームレス支援だったり、生活保護受給者の支援だったり。いろいろな人がいて、こういう福祉系に関わる人は市民活動などと親和性が高い。なので、どちらかと言うとリベラルな人が多いように思う。

リベラルな人の中には「アベ政治を許さない」などというスローガンで抗議活動をする人や、最近の森友・加計問題で声高に政権批判をしている人も多い。そしてこういう人には原発反対の人も多い。極端な人になれば、原発即時廃止を唱える人もいるくらいだ。

まぁ考え方はそれぞれだし、別にその意見を否定する気はない。ただ、貧困問題を第一に考えている人、ライフワークにしている人は原発推進するのが筋だ。反対する人もいるがそれはロジックがおかしい。関西電力の今回の決定でもわかるように、既存の原子力発電所を動かせば、電気料金は下がるのだ。

逆に今、太陽光電力を始めとした再生エネルギーの推進のために、上乗せして電気料金を払っている。つまり原子力で発電すれば電気代が下がり、再生エネルギーで発電すれば電気代が上がるのだ。ならば貧困問題を解決しようと考えている人は原発推進するのが筋ではなかろうか。

途上国にも原発が必要

また、下記ダライ・ラマが日本に来られたときに原発に関する話をされたそうで、その内容がかかれている。

www.tibethouse.jp

ここでは原子力発電に変わる十分な方法があるなら、そちらを使えばいいが、それは途上国にとって十分であるかどうかも重要だとおっしゃっている。つまり途上国の多くの人間が満たされるだけの電力を賄うためには原子力発電が現状ベストの方法である、というわけだ。

もちろん目の前の人を救う、という意味では北の国からのように風車が一つくらいあればいいかもしれない。でも途上国に住む多くの人間を救うためには、ダライ・ラマが言うようにやはり原子力発電のような大きなエネルギーが必要になるのだ。これはロジカルに考えれば当然だ。

もちろんロジカルではなく感情的に原発反対というのも一つの意見だろう。しかしそれでは途上国支援とは相容れないということはわかっておかねばならないだろう。

左翼的・右翼的な意見からの脱却を

日本に住む人々、特にTwitterやブログなどをされている人はどうも同じような意見に固まりやすいようだ。原発反対、アベ政治を許さない、代替医療推進、解雇規制緩和反対、9条を守れ…このようにすべて同じ意見である、という人が左翼的な人には多い。

しかし左翼的な人にも当然濃淡はあるだろうし、それは右翼的な人も同じであるはずだ。私も個人的にはリベラルだと思っているが、原発は推進だし・ボランティアや寄付もする。解雇規制緩和には賛成だし安倍政権は反対ではないにせよ消極的支持をしている。かつ9条は改憲すべきと思っている。

リベラルのいいところである福祉の部分には賛同する部分も多いし、私自身も活動していたりする。しかしそれ以外の部分では異なる意見を持っている。こういう風に是々非々で意見の賛成・反対があるのは自然なことではなかろうか。

貧困対策や途上国支援をしている人も原発推進したっていいじゃないか、と思う。それが貧困や途上国の支援につながるなら。もっと幅広く意見を持てるような人が増えてほしいと思う。