ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

スタンダードな笑いとにゃんこスターと日本エレキテル連合

遅ればせながらキングオブコント見ました。全部見たけど、圧倒的にかまいたちが面白かった。笑いの量だけで勝敗を決めるAIができたとしても、圧倒的にかまいたちが優勝しただろうっていうくらい、他と差があった。関西から羽ばたいていってほしいね。なんせ元々実力あるコンビだし、トーク番組もうまく順応できるはず。

さて2017年のキングオブコントではにゃんこスターが一つの衝撃になった。まぁダウンタウンのまっちゃんが高い点数をつけたということが一つのポイントになっていて、まっちゃんが低い点数をつけてたらこんなに言われることはなかっただろう。

オールザッツ漫才に出たら埋もれる個性

じゃあ面白かったのか?っていうとそうでもない。単に「ゴールデン番組で行うコント大会だから、こういうものが行われるだろう」という関係者・視聴者の考えがあり、その範囲からはみ出るようなことをしたから、衝撃が強かったというのが正しいのではなかろうか。その証拠に2回目は同じパターンで目新しさがなかった。

ただ、本当に面白いものっていうのは目新しさがなかったとしても笑えるものだ。例えば吉本新喜劇では同じようなネタが舞台設定は変わるけれども行われている。ベテランの漫才師や落語家の話しというのも、何度も行われているものだ。それでもお客さんを笑わせる。

にゃんこスターはそれができなかった。同じパターンのネタを持ってきて、明らかにパワーダウンしてしまった。それは彼らのネタへの衝撃が今までのゴールデン番組ではなかったから、高い点数が出ただけではないか?と思う。もちろんお笑いとしてあってもいいと思う。

私がこういう評価を下すのはにゃんこスターくらいのレベルだったら、今までいくらでもオールザッツ漫才で出てきたからだ。おそらく関西だったら埋もれるレベルのネタ・笑いでしかない。東京でもライブシーンなどではにゃんこスター以上に衝撃的なネタをする芸人はいるはずだ。

なのでお笑いをよく見ている人ほど「ああ、あるある。こういうコンビあるよね」くらいになるが、見ていない一般人にしてみたら衝撃だったろう。

エレキテル連合と同じ道をたどるか

個人的にはにゃんこスターが嫌いなわけではないし、ああいう笑いがどんどん出てくるのは歓迎だ。コントの幅・漫才の幅を広げて、より幅広く一般視聴者に受け入れられるようになって欲しい。そうすればリットン調査団はきっと再評価されるだろう(笑)

今回のにゃんこスターの衝撃で気になるのはエレキテル連合のように消えていかないか、使い捨てにされないかということだ。テレビと言うのは視聴率が取れるなら使うが、取れないとわかれば一気に使わなくなる。芸人をプロデュースして育てよう、なんていう考え方もない。

昔は電波少年など、そういうチャレンジしてスターを生み出そうとしたテレビ番組はあったが、今は予算が厳しくテレビ局も収益力が落ちている。そんな中でエレキテル連合は一時期、すごいはやりになった。あれもだいぶぶっ飛んだネタだったが、なぜか流行した。

しかしその勢いは流行語大賞後、一気に転落していった。実際、彼女たちが転落したわけではなく、テレビが離れていったわけだが、テレビで見なくなって一般視聴者にしてみればエレキテル連合はいないも同然の扱いになってしまった。このテレビの扱い方、これを危惧している。

つまりにゃんこスターが一時期はもてはやされたとしても、そのうち消えてしまうのではないか?ということだ。悪く言えばテレビに使い捨てにされないか?が心配なのだ。個人的に、彼らのネタとしてはそこまで評価していないのだが、それでも枠を飛び出したコントをしたいっていう姿勢は評価されるべきだし、それによって救われる芸人はたくさんいるはずだ。

だからこそスタンダードな笑いではない、にゃんこスターの笑いというのがエレキテル連合のように使い捨てにされないでほしいと思う。と言うか、テレビはそうやって使い捨てにしていくのをやめるべきで、そのような使い方をしていたらテレビ局に芸人は協力しなくなっていくだろう。

なんせ下記の吉本社長のインタビューで語られているように、今やネットのほうが制作費を出してくれる時代なのだ。まだテレビの影響力は大きいが、若い世代を中心にネットに移っていっているのは間違いないのだ。であれば、もっと芸人を大事にしなければ、テレビ局は早晩見放されてしまうだろう。

www.businessinsider.jp

お笑いは自由で楽しくて、そして人によって刺さるポイントは違うはずである。であれば、にゃんこスターで笑う人がいてもいいし、笑わない人がいてもいい。ただ、それをテレビが流行り廃りで決めるのだけは辞めてほしい。もっと笑いに寛容であってほしいのだ。

だれも芸人がクイズ番組で答える姿ばかりを見たいわけではない。そんな番組ばかりのテレビ、誰が憧れる?誰が見たい?テレビはぜひともにゃんこスターを使い捨てにせずゆっくり育てる、そんな気概を見せてほしい。