ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

デザイナーは時間と労力に比例して良いクリエイティブを生み出せる!とは限らない

反論と言うか、追記のような形で新しいエントリーを頂いた。最初に読んだときは酔っ払って電車で帰ってるときだったのでちゃんと読めてなかった(笑)

toksato.hatenablog.com

正直、読んで反論する部分なんてまったくないんだけど、一応なんであの記事を書いたのか?っていう理由の部分を強調しておこうかなと思う。もうすでにタイトルで書いている通り何だけど、ウェブデザイナーとかクリエイティブを生み出す人はどこかで「エイヤ!」と勇気を出して踏み出す必要があると思うのだ。

 

t-matsumoto.hatenablog.com

サイト制作前にわかることはすべて「仮定」でしかない

ウェブサイトの制作前には確かにいろいろ調べる。ヒアリングしてどのような目的で制作するのか、どの程度の成果を求めているのか、競争相手はどんなところなのか?簡単な業界ニュースをチェックするなど。ある程度はやるが、そんなに力を入れてまではやらない。

なぜならそれは仮定でしかないからだ。つまりどんなにやったところで100%目的を達成出来るようになるサイトを作れるわけではないのだ。これは上記のブログを書かれたディレクタ-の方も「調査というのは失敗する確率を下げるためでしかない」とおっしゃっていて、同じ認識だ

サイト制作前にわかる事はすべて仮定でしかなく、それを深く広く考えれば確かに失敗の確率は減る。しかしそれを行うには時間や人数のコストもかかれば調査資料を取り寄せたりする金銭的コストもかかる。そのコストに見合った成果が出せるか?というと疑問なのだ。

だからこそコストの面から見ても、ウェブデザイナーが制作をする際に定形・テンプレートと言うのはあっていい。信頼といえば緑や青を基調としたっていいのだ。もちろんそこでよりコストをかけて他にないもの生みたいというのであれば、こういった常識や定形的な考え方を排除して考えるべきだと思う。

真心込めて丁寧に、お客様のことを考えたクリエイティブは絶対に良い者になるのか?

こういう考え方をするようになったのは、実は電通の過労死事件にも通じるところあったりする。電通では無駄な慣習がいくつかあるらしい。例えばお客さんのところに雁首揃えて複数人でいくことで「お客様に尽くしてます!」というアピールをするらしい(笑)それともう一つが納期ギリギリまで考え尽くすことで、より良いものが生まれるという信仰だ。

納期ギリギリまで考えて修正をするというのは確かにお客さんのことを考えて、より良いものを出そうとする姿勢としては悪くはないのかもしれない。しかし納期ギリギリまで考えたものが必ずしも良いものになるだろうか?加えて納期ギリギリまで考えるコストというのを考慮しているのだろうか。

どんなに頑張ってお客さんのことを考えて修正したウェブサイトであっても、実は1万5千円のテンプレートデザインのサイトのほうが成果が上がる、何ていうことだってありうる話しなのだ。ビジネスだけでなく、芸術・アートにおいてもパッと作った作品が何年もかけて作った作品よりも優れているとは限らないのだ。

いいものを作ろうと目指すのは当然だが、いいものを作るためにコストを度返しするとか、精神論で「お客様のために!」と考えていればいいものができるという思想も、個人的には危険だと思っている。

t-matsumoto.hatenablog.com

結局、良いウェブデザインって何?

で、そもそも私が上記の方に対する言及をした最初のエントリーは「ウェブデザインの良し悪しって何で決めてるの?」っていう話題だ。で、私の中でこれはもう完全に結論が決まっていて、それはクライアントの目的を達成できるサイトデザインであること、これが良いデザインだ。逆にクライアントの目的を達成できないサイトはどんなにカッコイイデザインでも悪いデザインだ。

なのでクライアントの目的を達成できるサイトを作ること、その際のデザインを担当するのがウェブデザイナーの役割であり、責任の範囲だと思っている。そこでクライアントの目的を聞き出してはっきりと定義し、デザイナーにデザインに落とし込めるレベルまで説明できるようにするのがディレクターの役割の一つかなと思う。

で、その目的を達成できるサイトを最初から100%作れるか?というと私は自信がない。マーケターでありコンサルタントなのにもかかわらずだ(笑)でも納品後に計測して改善を加えていくのであれば、かなり高い確率で目的を達成できる自信はある。これがコンサルタント・マーケターの仕事だと思う。

言及したディレクターの方も最後にこのように書かれている。

そして調査でわかりきらないところ、最後の最後、仮説を立て自分で判断する部分にこそ、クリエイターやデザイナー、ディレクターの力が問われるんだと思います。

そう、やってみなければわからないことがたくさんあるわけだ。そしてウェブサイト制作の現場ではコストや納期、お客さんのこだわりなど多岐にわたる制約がある。それらのバランスを見た上でデザイナーはクリエイティブを発揮してくれたらいいと思う。条件が次第では「信頼感・安心感のために青・緑を使いました」と言ってもいいのではないかと思うのだ。

まぁ実際の仕事では様々なバリエーションがあるので、バランスのとり方は難しい。でも確実な事実もある。それは最初に制作するは仮説に基づくので、100%のサイトを作ることなんてできないということ。そして制作後は計測・改善によってサイトは目的を達成できるサイトに近づけることができるということだ。

【追記】

最後のエントリー書きました、これで一旦終わり~。

t-matsumoto.hatenablog.com