ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

日本のエンジニアの給料が低い理由はSE・PGが多いから

president.jp

日本のエンジニアは給与が低い。世界的にエンジニアの給与は上がっているが、その流れから日本で働くエンジニアは隔絶されているわけだ。最近ようやくファーウェイやサムスンなどの海外企業がエンジニア採用に高い給与を出すようになった。

まぁほぼ大前さんが書いているとおりではあるのだが、エンジニアの給料が上がらない理由は一つではない。経済産業省の「IT人材に関する各国比較調査 結果報告書http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_global.pdf)」を参考にして、理由を紐解いてみたい。

その1:日本の組織における問題

まず一つ目の理由は日本の組織における問題だ。下記のグラフを見ていただけるとわかるが、各国の年代別平均年収を比較したものだ。日本では見事なまでに右肩上がりの年収になっていることがわかる。アメリカやインドなど、大前さんが例で出している国は30代が高く、年齢を重ねると逆に低くなっている。中国も幅は小さいが似たような傾向にある。

f:id:outroad:20180220170805p:plain

さらに下記は学歴別の平均年収で、日本も緩やかではあるが学歴が高いほうが収入が高い。しかしアメリカや韓国、インドネシアなどは学歴が高いほど収入が高くなっている。特にアメリカは顕著に学歴と年収が結びついているし、韓国・インドネシアも博士課程の収入は日本以上になっている。

f:id:outroad:20180220171910p:plain

大前さんが言う高収入のエンジニアと言うのはいわゆる大学院卒、博士課程を修了している人材ということだろう。日本の場合は博士課程まで進んでも、さほど収入は上がらない。そのため魅力的に思われていないようで、日本で働くエンジニアは学位取得に関心がない。

f:id:outroad:20180220172345p:plain

年功序列なので専門学校・大学卒でもそれなりの収入を得られる。
⇒更に学位を取得しても収入はさほど上がらないので、博士課程などが少ない
⇒そのため先進的・高いレベルのエンジニアが生まれない

というように、日本の年功序列型賃金がレベルの高くないエンジニアを多く生む、負のスパイラルを産んでいるのではないだろうか

その2:「でもしかエンジニア」がたくさん存在する?

「でもしか先生」という言葉を聞いたことがあるだろうか?高度経済成長の時代、教師が不足していたこともあり、特にやりたいことがなかったり、特別な技能を持たない人が多く教師という職に流れ込んできたのだ。「先生にでもなるか」「先生にしかなれない」などと言われていた。

でもしか先生 - Wikipedia

どうも最近ではエンジニアもそのような傾向があるようだ。「でもしかエンジニア」とでも呼んだほうが良いだろうか

下記のグラフは「この仕事は人気があると思いますか?という質問」だが、よく当てはまると答えた割合が日本は圧倒的に低い。アメリカでも8割がよく当てはまる・どちらかと言えば当てはまるを選んでいるのに、日本の場合は4割以下だ。

f:id:outroad:20180220165311p:plain

これについての理由としては下記にグラフが参考になる。日本はITの仕事が人気がある・つきたい人が多いという質問に「当てはまる」と答えた人が最も少ない。また実際に働いているエンジニアに「絶対に就職したいと思っていた」と答えた割合も最も少ない。まさに「でもしかエンジニア」だ。

f:id:outroad:20180220165801p:plain

さらに下記のグラフをご覧いただければ、仕事の充実感・やりがいが他国と比べて非常に低いことがわかる。さらに給与や報酬も日本と韓国の二国が満足していると答えている割合が少なく、満足していない割合が高い。

f:id:outroad:20180220170005p:plain

最後に労働時間も見てみると「労働時間」についても満足していない割合は高く、「仕事の成果に対する評価」についても不満を持っている労働者が多い事がわかる。

f:id:outroad:20180220170135p:plain

最初から望んでなったわけではないIT系の仕事なので、他の国に比べて満足感が低く、不満が多く見られるが日本のエンジニアなのだ。そのような状況で「よし、頑張って勉強しよう!」であるとか「頑張ってより良いエンジニアになろう!」などと思う人が多いとは到底思えない。

ちなみに下記は大学・専門学校でどういった内容を専攻していたかを表したモノだが、日本は圧倒的に情報工学系が少ない。社会科学や人文科学から就職したエンジニアも多く、専門性と仕事の結びつきが弱いと言えるだろう。

その3:エンジニアの定義が全く違う

おそらくこの3つ目が日本とアメリカ・インドなどの高収入エンジニアとの違いだと思うが、エンジニアについての定義や指している範囲が全然違うのだ

下記のグラフを見ていただければわかるが、日本のエンジニアというのは主として「SE・プログラマー」を指している。しかしアメリカ・インドの高収入エンジニアが存在する国では「プロジェクトマネージャー」と答えた割合が最も高い。他にも「コンサルタント」や「IT技術スペシャリスト」と答えた割合が日本よりも高いのだ。

f:id:outroad:20180220173929p:plain

最初に紹介した記事では大前さんは下記の通り語っている。

国内に安住するエンジニアにも問題がある。日本の企業に就職して、下働きから始まってコーディング(プログラムを書くこと)経験ばかり延々積み上げた結果、40代になってもマネジメントができないエンジニアが多い。それでは給料は上がらないし、コーディングをやる人材なんてフィリピン辺りにごまんといるから、そのうち取って代わられる。エンジニアとして稼ぎたいなら海外に雄飛するべきなのだが、世界で活躍するには語学がパーフェクトでなければならない。

そう、つまり日本のシステムエンジニアプログラマーの年収と、アメリカ・インドで活躍するプロジェクトマネージャー・コンサルタントと収入を比較しているのだ。日本でももちろんプロジェクトマネージャーやコンサルタントになることもできるが、上記のグラフの通り、その数は圧倒的に少ない。

日本もプロジェクトマネージャーやコンサルタントなど、技術者を使う側の人間が増えてくればエンジニアの収入は上がってくるだろう。エンジニアと呼ぶべきかどうかという問題はあるが、高収入エンジニアはコードを書くことを専門としないと推察できる

日本のエンジニアが向かう道は2つある

以上のとおりだが、今後日本のエンジニアが向かう道は2つに分かれている。一つは大前さんが言うように「エンジニアを使う側」になることだ。アメリカ・インドのようにプロジェクトを回す側・コードを書かない側に回るという道だ。

もう一つは現在のコードを書く側を維持し続けるという方法だ。SE・PGでコードを書く側にずっといるという選択肢も日本型雇用の中では悪くはない。ただ、アメリカやインドの高収入エンジニアのようにはなれないので、それなりの収入でやっていくことになるだろう。

どちらの道に進むのが好ましいのだろうか、個々人が考えるべき時期なのかもしれない。年収が高い道に進むことが正しいと私は別に思わない。収入を追い求めてもいいし、コーディング・プログラミングを追求してもいいだろう。ただ、年収を上げるならコーディングから離れた部分を追求しなければならないというだけの話だ

(補足1)

「規模別で年収が大きく違うよね」という言及を見かけたので、規模別のグラフを下記に貼り付けておく。規模別の年収は確かに各国違って、大企業のほうが多く収入をもらっている。と言っても日本の企業の場合、規模が大きくなっても平均年収は1.5倍と言ったところで、そもそも全体の収入が低めに設定されている。

グラフを見て驚くのは全体の平均で言えば中国のほうが高いところだろうか。どのみち日本企業にいたら、プロジェクトマネージャーをやろうがコンサルタントをしようが、年収はそこまで上がらないということもよくわかる。

f:id:outroad:20180221064928j:plain

(補足2)

「日本は確かにPMになると収入は上がるけど、アメリカだとPMだからといって必ずしも収入あがらないよ」という指摘を受けた。確かにPMだから高いという統計は使っている資料にはなかった。おそらくこれは私の仮定が間違っているのだろう。

ただ、アメリカも「コーディング以外の仕事をしているほうが収入が大きい」というのは事実だと思う。補足1で用いたグラフではアメリカの場合、経営者・役員クラスになればなるほどIT人材の収入は上がる(日本は部長くらいから何故か下がる)。上位の役職でコーディングをガリガリしているとは考えにくい。

なのでPMが多いからという私の仮説は間違っている可能性が高いが、大前さんが言うコーディングから離れたほうが収入が上がりやすいと言うのはその通りだと思う。

(補足3)

「結論結局なんなの?」という指摘もあったので、結論として給与を上げるならどうすべきか?ということを結論としておこうと思う。

  1. アメリカもしくは中国に行く
  2. 大学院へ行き、博士課程を終了する
  3. 役員・経営者まで出世する

これが最も給与が上がる可能性が高い道だろう。ちなみにSE・プログラマーとしても中国・アメリカの平均給与は高いので、まず1番目のアメリカ・中国に行くというのだけでも、収入はアップするだろう。もちろん医療費が高い、家賃が高いなどもあるので、経済的に豊かかどうかは定かではないが。

日本にいつづけるのであれば、年功序列なので年を取るのを待つのが最も良いだろう

(追記)

続きを書きました。

t-matsumoto.hatenablog.com