ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

単価が安い仕事を依頼されたときの対処方法

ウェブサイトの制作やウェブマーケティングの支援で、単価が安い仕事が任される事がある。例えばサイト制作で5万・10万と言ったようなものや、ウェブマーケティングで手数料が1万円なんて言うこともある。

個人的には大阪ということもあり、東京より単価が低いのは仕方ないと割り切っている。さらに、今は小さい仕事もとっていこうとしているので、ある程度柔軟に単価が低い仕事も受けるようにしている。

ただし、単価が低い仕事を任されるときには同じように仕事をすることはない。

単価が安い仕事を依頼されたときの対処方法

少ない金額では労力・時間の投入量も少なく

例えば10万円でサイトを作ってくれと言われたときにどうするか?自分の労働時間単価が3000円とすれば、33時間で制作する必要がある。となると、だいたい4日の稼働で作り上げる必要がある。時間単価で考えると、このような形になる。

4日で作るとなると、まぁデザインからコーディングなんてできない。ライティングを考えたり、写真やイラストを一から作るということもできない。なので、

  • フリーの素材を使う
  • ライティングはしない
  • デザイン・コーディングはしない
  • テンプレートを当てはめて必要に応じたカスタマイズを行う

ということになる。これで4日間で制作できなくはない。もちろん発注してきたクライアントの考えているものと同じものが完璧に出来上がることはない。60点くらいのサイトができるだろう。

しっかりとデザイン費用を出してくれたら、デザイナーに発注できるし、コーディング費用を出してくれたら1からコーディングできる。ライティングの費用を出してくれたら、取材・ライティングもできるし、写真・イラストの費用を出してくれたら、イラストレーターにお願いできるし、オリジナルの写真も使えるのだ。

100%発注どおりに行う場合にはお金がかかるものだ。なのでそれでも割引を求めてきたり、予算が足りないということになれば、これらの作業を削っていく。費用がないならイラスト・写真はフリー素材に、ライティングや取材もしない…

私の場合はこのように対処している。

3万円ならWIXの使い方指導だけ

一番安いウェブサイト制作の話では3万円というのがあった。3万円では何もできないのだが、WIXでアカウントを取得し、テンプレートを当てはめ、その使い方を指導するということをしたことがある。作業時間的には2時間くらいと指導1時間30分といったところだろう。

よく「安い値段で受注してはいけない」なんて言うことを言う人がネット上にはいるが、別に安い値段で受注したって構わない。その分、できることが減るだけなのだから。イラストレーターだって「5000円で描いて」って言われたら、スケッチブックに鉛筆で30分でなにかの絵を見ながら描いて、それを破って納品したらいいのだ。

発注された金額なりのものを納品すべき、私はそう考えている。

【感想文】幅広く知的な人間がいかに魅力的か、わかる一冊

アカの他人の七光り

アカの他人の七光り

 

私の尊敬する島地勝彦さんの本。シマジさんの本はたくさん読んでいるけれども、スポーツ新聞や週刊誌にかかれているコラムについてはほとんど見ていなかった。なかなかそういった習慣がない私にとっては、このようにコラムをまとめてくれている本はありがたい。

シマジさんのすごいところは幅広い知識・知恵を持たれていること。今回は仕事・人間関係・食事・ゴルフ・歴史と幅広く掲載されている。世界史を必死になって暗記したころは受験のためだったが、こういう本で世界史の話を読むと、また違った味わいがある。

美味しそうだが手の届かないお店

シマジさんは美食家でもあり、スコッチ・シングルモルトの話やレストランの話は非常に面白い。なんせ私が知らないお店ばかりだし、知らないだけでなくそのお店で扱われる食事は非常に変わっている。

例えばヒグマの肉を食わせてくれるお店が東京にあるらしい。ヒグマの肉なんて、漁師くらいしか食べられないのでは?と思っていたが、実はそういった肉を食えるところがあるようだ。しかもヒグマを食べると精力がすごいことになるらしい。そういう食材なのかと個人的にも非常に興味がある。

他にも「女性を口説くにはここがよい」といったお店もあれば、季節の食事を食べられるところ、弾丸で大阪にでかけて食べたクジラのおでんなど、面白いお店がたくさん紹介されている。シマジさんの紹介してくれているお店には一度でいいから行ってみたい、そう思わせてくれる魅力がある。

文章だけで「行きたい」と思わせる事ができる人は数少ないだろう。

人間として魅力的に生きるには?

シマジさんのコラムに一貫していることは「人間として魅力的に生きるにはどうすればいいか?」ということが書かれているのではないかと思う。ゴルフについてのコラムもたくさん書かれているが、ゴルフのことがわからない人でも読めるようにと、ゴルフに関するジョークを書いてくれている。

歴史についても、世界に名を馳せた人たちは一体どういう生き方をしたのか?なぜ彼らに惹かれるのか?という部分にスポットライトを当てている。我々には当然、歴史に名を残すような人たちと同じようには生きられない。それでも少しは真似出来る部分もあるはずだ。それをシマジさんが仲介して教えてくれているように思う。

美味しいお店を知っている人はかっこいいし、ゴルフを楽しめる男たちもかっこいい。歴史を知っていて自分なりの解釈をシている人もかっこいいし、仕事ができる男はかっこいい。これは男性だけでなく、女性でも同じだろう。

人間として魅力的になるために、シマジさんは私の中で師匠でありつづけるだろう。

涙を流してしまった話

涙もろい方ではあるが、ココ最近では感動する映画を見たりして泣くことがあった。泣ける映画としては「レスラー」とか「僕のワンダフル・ライフ」とか、結構泣いてしまった。

レスラー (字幕版)

レスラー (字幕版)

 

ただ、最近はパートナーとの将来についての話をして泣いてしまうことがあった。正直、俺が悪いのはわかっていることなのだけれども、こうもケンカしてしまったり、別れる方向にしか話が行かないと、気持ちは寂しく落ち込んでしまう。ついつい涙がこぼれてしまうこともある。

涙を流してしまった話

生き方を迷いまくる

私個人としては、今のパートナー(もう一緒に住んでいないが)と一生を添い遂げたいと思っている。そのために必要なことをすると決めているし、彼女が求めることをやっていきたい。

今までは「社会貢献がしたい」とか「こういうビジネスにチャレンジしたい」という気持ちが強く、誰かと一緒に結婚するとかは考えたことがなかった。しかし今のパートナーと出会ってから2年強経つが、その間少しずつ考え方が変わっていった。最終的には「この人と一緒にいるために」という考え方になった。

なので今は事業で一発当てようという気もない。それ以上に働いてしっかりと彼女と暮らしていけるようにすること、それが一番だと思うようになった。まぁそれでも年齢も年齢だから、彼女としても「もう待てない」と考えていて家から出ていったわけだが。それでも一緒に過ごしたいと思った相手なので、なんとか二人で前に進める道がないか模索したい。

35歳、今年36歳の年になってまで、まだまだ迷っている。フミコフミオさんは30歳の夏にキャリアに迷ったということだけれども、私なんてまだまだ迷っている。ウロウロしてやっと気づいたのが35歳だったのだ。

delete-all.hatenablog.com

もちろん彼女が離れていくこともあるだろう。その時は私は目標をなくし、またウロウロと迷うことになるだろう。バリバリ働く理由もなくなるわけで、何をするかはまだ未定だ。

キャリアにも迷う

ありがたいことに、会社がややこしいことになっている最中に、多くの人が仕事をくれたり心配して声をかけてくれたりしてくれた。中には東京からわざわざ出張して仕事を持ってきてくれる人もいたりと、いい人にたくさん恵まれているなぁと思う。

ただ、このまま個人事業でやるべきなのか?というのは迷いもある。他の会社に勤めたほうがいいのかもしれない、とも思う。そのほうが安定してるし、彼女も安心するだろうから。でも個人事業でこれだけの人がたくさん仕事をくれるわけで、そちらのほうがたくさん稼いで安定する可能性も低くはない。

となると、どうすべきか?私は迷いもある。ただ、基本路線は彼女と一緒に歳を取るという方向は変わらない。子どもだってほしいし家族を彼女と作りたい。そんな家族の人生をキャリアが支えてくれるものだと思っている。彼女と家族を作って支えてもらえるキャリアとはなんなのだろうか。

まだまだ迷って、喧嘩して涙を流してたりする大人になるとは思っていなかったが、これもまた人生なのかもしれない。


防波堤で見た景色 / BEGIN

日本には副業不可・兼業不可の企業ばかり

会社は未だ係争中であり、まだ決着がついていない。とはいえ、決着がつくまでのほほんとしていられるわけではなく、生活するためのお金を稼がないと行けない。で、今は短大の情報処理の授業が週に3コマあるので、そちらと並行して仕事が出来る会社を探している。

最近日本では副業禁止の企業が減ってきて、副業を認める企業が増えてきたというので、それなら週に3日だけの就業なども出来るんじゃないか?と考えた。というわけで、dodaミドルの転職などに登録して仕事を探している。

日本には副業不可・兼業不可の企業ばかり

ホントに副業可能な企業ってあるの?

登録してから1週間ほどしか経っていないので、簡単に結論を出すべきではないと思うけれども、副業禁止の企業がほとんどだ。「短大の兼任講師をしているので、それでもいいですか?」と聞いても、副業禁止だから駄目という返事ばかりが来る。

中にはOKと言ってくれるところもある。しかし短大の授業がある間はアルバイト待遇で時給1000円未満での契約になる。結局、非正規雇用を掛け持ちしているだけで、フリーターが2つ・3つアルバイトをとしているのと変わらない。これは兼業・副業とは到底言えない。

私としては会社で契約社員として働くのを主とし、短大の講師を副業として考えられたらいいなと思っていた。しかしそのようなことを許してくれる企業はほとんどない。営業のような自由度が高い企業でもだ。みずほグループが兼業・副業可能というニュースがでているが、これも本当なのか?と怪しんでしまう。

www3.nhk.or.jp

正社員は時間を拘束する契約である

つまり今の日本の正社員というのは、時間を拘束する契約だということだ。成果を出す出さないにかかわらず、週5日行かないといけないし、オフィスに顔を出さないといけない。それが正社員としての条件だというわけだ。

副業や兼業を認めている企業というのはどのくらいあるのだろうか?調べてみるとリクルートのアンケートがあった。副業・兼業を推進している企業は3.6%、容認しているのは25.2%だという。合わせても3割弱ということだ。副業・兼業を認めている企業がまだまだ少ないというのはわかっていたが、このアンケートは俺の仕事探しでの実態よりも数字が高いように思う。

個人的には副業・兼業を推進している企業は1%未満ではないか?と感じている。それくらい副業・兼業は駄目と言われてきているのだ。OKといっているところもアルバイトでの掛け持ちならOKなわけだから、それは副業・兼業ではない。

本当に日本は副業・兼業OKの企業が増えているのか?全く実感はない。加えて、講師の授業をしていることは職務経歴書や登録情報に全て書いているが、ほぼすべての企業がそれを見ていない。職務などどうでもよくて、ただ単に労働力がほしいだけなのだろう。

なぜじゃらんニュースのお寿司食べ放題記事は大スベリしたのか?

じゃらんニュースの記事が大スベリしている。はてなブックマークでもかなり辛辣な意見が多い。じゃらんニュースではこういった記事ははじめて見るのだが、確かに笑える要素はほとんどない。「ここで笑ってほしい」というポイントは見たらわかるが、それが面白くない。

www.jalan.net

最初から読む人の期待しているポイントを外している

ではなぜ面白くないのか?というと、それは読む人が期待しているポイントを外しているからだ。最初に書かれているリード文を引用してみよう。

突然ですが、皆さんは「食べ放題」に行ったことがありますか?

「食べ放題」というと固定された金額で、自分の好きなものを好きなだけ食べられる最高な制度ですよね。

しかし!食べ放題における一番の敵は「元を取れない」こと…

どうすればもっとたくさん食べられるの!?

最初のリード文だけれども、食べ放題で一番の敵は元を取れないこと。つまり食べたものの質や量よりも、たくさんお金を払ってしまうということを問題提起している。元を取るというのが問題的だったはずなのに、なぜか食いっぷりを競うことになってしまっている。たくさん食べたほうが勝ちでは、それは元を取っているとは言わない。

この記事のタイトルも『“お寿司食べ放題”で元が取りたい!裏技を使って「どれだけ食べられるのか選手権」開催』となっている。ということは、何らかの元を取れる裏技があるんではないか?とユーザーは思ってしまうわけだ。

結果的にこの記事にはお寿司の値段が一切出てこない。それでは男性3980円、女性3480円で食べ放題なのだが、優勝した人がどれだけ食べたのか、そしてどれだけの金額が本来ならかかるのか?というのがわからない。つまりこの記事はユーザーの期待を裏切っているわけだ。「食べ放題で元が取れる方法があるなら知りたい!」とアクセスしてきたユーザーに、お寿司の価格も紹介しないし、合計いくら食えたのかも紹介しない。タイトルを見て期待してきたユーザーを裏切った。

普通に食べ放題の記事でよかった

もし食べ放題の元を取るための記事であれば、別にこのような対決形式にする必要はなかった。お店の人と話をしながら、どれが一番単価が高いのか、どれをたくさん食べればいいのか、どのくらい食べたらいいのか、食べたら損をする原価の低いものはどれか?などを紹介すればよかった。このテーマだったら、面白いことをやろうとする必要がない。

また、面白くしようとするのであれば、ボケを説明してはいけないというのはテレビでお笑い芸人が何回も口酸っぱく言っているはずだ。それを聞いたことがあれば、いちいち説明して画像をアニメっぽくする必要はない。何も説明せずに行って、その後にツッコめばいいだけだ。

普通に食べ放題を紹介する記事だったらここまではなかったし、お店にとってもプラスだっただろうが、今回はお店にとってもマイナスだったかもしれない。なぜなら、私はこの食べ放題のお店の店名を覚えていないからだ。この記事を書くために3度は読んだのに。

ダイエット漢方「防風通聖散」を処方してもらっている体験談

体重が3ケタを超えたことがある。103キロまで行ったときにはさすがに呼吸や歩行も大変だったのを思い出す。20代だったので、体力もあったからそこから痩せることもできた。マラソンをやるようになって、最高で76キロまで下げることが出来た。176センチ76キロ、まぁそれでも標準体重よりだいぶ上回っているけれども。

で、今は86~87キロくらいだ。銭湯に行ったときに体重を測るようにしているのだが、健康的な食生活をしていたことや精神的にきつかったこともあって、だいぶ体重を落とすことができた。体重と共に筋肉も落ちているのでそこはちょっと残念だが。

実は太っているということで今、漢方を飲んでいる。ダイエットになる漢方だというのだが「防風通聖散」という

防風通聖散で体重は減るのか?

防風通聖散はCMなどでも有名なナイシトールにも使われているものだそうだ。というか、ほぼ同じものというようにお医者さんからは説明を受けている。

【第2類医薬品】ナイシトールZ 315錠

【第2類医薬品】ナイシトールZ 315錠

 
【第2類医薬品】「クラシエ」漢方防風通聖散料エキスFC錠 360錠
 

 さて、実際に効いているのか?というと、微妙な感じだ。お医者さんからも「夜は炭水化物を控えてね」と言われている。炭水化物を控えつつ、防風通聖散を飲むことで、痩せるということなのだろう。つまりこの漢方だけでは痩せないということを遠回しに言っているように思う。

とはいえ、全く効いていないなとも思っていなくて「体重維持には役に立っているかな」と思う。もう2年以上飲んでいるが、飲んでいるときには体重が増えたことはないからだ。その後、食事改善をすることと仕事のストレスでどんどん体重は落ちていった。

デメリットはお腹が緩くなること

体重を維持するだけでもかなり良いとは思うのだが、デメリットもある。それがお腹がゆるくなってトイレに何度も行くことだ。便がゆるくなるので、朝に3回くらいトイレに行くこともある。その後昼に1回行ったりも。毎日朝に1回行けば十分だったのが、何回も行くほどゆるくなるわけだ。

特にお酒を飲みながらであれば、更にゆるくなる。お酒を飲むとただでさえゆるくなるわけで、防風通聖散と合わせるとほんとに大変だ。外に出るのもトイレをしっかり確認しながらでなければならなくなる。

女性は結構便秘気味の人も多いと聞くので、逆に防風通聖散でお腹が緩くなるのはいいかもしれない。男の人はお腹が緩い人も多いから、大変だろう。

まぁ漢方として処方されているもの以外にもルイボス+たんぽぽの根配合、健康ハーブティーなんていうのもあるらしいし、いろいろダイエットは試してみるしかないなと思う。

でも結局、食べる量減らすのが一番いいんだけどね(笑)

【第2類医薬品】防風通聖散料エキス錠「至聖」 396錠

【第2類医薬品】防風通聖散料エキス錠「至聖」 396錠

 

なぜ最低賃金が上がると失業率も上がるのか

最低賃金を上げると失業率が上がる、と聞いたことがないだろうか?日本の場合、最低賃金は徐々に増えている。今、全国の加重平均額は874円となっている。10年前、2008年の段階では703円だった。かなり今は賃金が上がっているのだ。ただ、日本の場合は10年かけて100円以上アップさせてきたので、失業率はさほど上がってはいない。

news.mixi.jp

お隣韓国では一気に最低賃金を上げたことで失業率が上がっている。最低賃金を急激に上げると失業率が上がるのは間違いないことが証明されている。

jp.reuters.com

賃金を上げるとどうなる?

さて、最低賃金引き上げに対し、米村歩さんはこのようにツイートしている。

内容としてはすごく的を射たものだと思うし、理論的には正しい。ビジネスの生産性が低い、つまり利益を上げられない企業は退場していくという新陳代謝は促したほうがいいだろう。

ただ、最低賃金を上げるというのは少しまた議論がある。最低賃金が上がるということは、それだけの成果を出さないといけないことになる。例えば時給700円の場合と時給1000円のときには、300円以上の成果を出さなければいけない。

そのために出来ることは下記の3つだ。

  • ITや機械化で生産性を上げること
  • 従業員たちのスキルを上げること
  • 従業員の負荷を上げること

ITや機械化を進めれば一人あたりの生産性が上る可能性は高い。ただし、その分必要のない人たちがでてきて余剰人員を抱える可能性がある。ここで解雇できればいいのだが、日本の場合は難しいため、生産性の高い人と低い人が混在することになる。

従業員たちのスキルを上げるとなると、今までやっていなかったことをやらなければいけない。スキルをつけることで生産性の高い仕事を得られる可能性がでてくるが、ついていけない従業員は出てくる。

最後に従業員の負荷を上げるというのは従業員がやることを単純に増やすのだ。コンビニがいい例で、昔のコンビニと比べるとやることが格段に増えている。生産性の低いことでもスタッフが担う数を増やせば時間あたりの生産性は上がる。そのかわり、従業員の疲労やストレスもあるだろう。

つまり賃金を上げれば従業員は何らかの負荷があるのだ。解雇の可能性が高まるか、新たなスキルを身につける必要があるのか、疲労やストレスが増えるか、だ。

だから最低賃金があがると、この労働者への負荷についていけない人が失業して失業率が上がるわけだ。

高付加価値産業の創出を

個人的には最低賃金をアップさせるよりも、GAFAのような企業をいかに生むか?GAFAでなくても、時価総額ランキングにランクイン出来るような企業を生み、そこで多くの賃金を払えるようにするほうが大事だと思っている。

リードするのも底上げも両方重要だが、日本の場合はどちらかというとリードする会社を作るという方にもっと力を入れるべきと個人的に思っている。

最低賃金引き上げも悪いわけではないので、韓国のように急激に上げるのではなく1~2%ずつ上げていくのが良いのではないだろうか。日本の経済成長率と同じくらいの幅が良いと思う。

結婚するためにフリーランスをやめるという選択肢

現在、会社は係争中でいろいろもめている。どうなるのかはわからないが、このまま行けば倒産・自己破産になるのではないかと思う。

そうなったとしても、生活自体はやっていかないといけないわけだ。というわけで、フリーランスを経由して会社員になろうかなと思っている。

フリーランスだと結婚できない?

フリーランスだと結婚できないってこと?」と思われがちだが、そうではない。フリーランスで働きながら、結婚している人は私の周りにもたくさんいる。その場合、十分な稼ぎがあり、安定してある程度稼いでいるというのがある。

フリーランスも人それぞれで安定して稼げいているという人もいれば、ほとんど稼げていないという人もいる。フリーランスでなかなか稼げないという人にとって見れば、結婚するためには会社員になったほうがいいだろう。

私の場合もどちらかというとフリーランスであまり稼げていなかった。ただ、私の場合は仕事が取れなかったというか、仕事を選びすぎてきた。自分がやりたい仕事だけをやる、ということをしていたら、結構大きい仕事も取り逃してきたのだ。そういうことをしていたら、さすがに結婚できるほどの稼ぎにはならない。

フリーランス経由会社員

現在、自分の会社は弁護士に任せて係争中であり、短期大学で講師もしている。なので、すぐに会社員ということは難しい。その間はフリーランスとして稼げる部分はどんどん稼いでおかないと、借金だらけで首が回らなくなってしまう恐れがある。

まぁ将来はどうなるかはわからないけれども、フリーランスから会社員になろうかなとは思っている。いろいろ経験してきたことも多いし、それなりに活かせるスキルがあるんじゃないかと思う。

人それぞれの人生だけれども、私だけの人生じゃなくなったわけだし、また人一倍頑張らないといけないなと感じている。