ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

【感想文】ビジネスの世界ではありえるが、個人ではありえないだろう

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

 

遅くなったけれども、クリス・アンダーソンの著書を読めた。さすがに良くできている本だと思う。簡単に言えば製造業が変わる、ものづくりが変わる、それはインターネットなどのバーチャル世界と実物のリアル世界が交わることで変わる、というものだ。

例えばデザインをソフトウェアで行い、それを少量の製造を行ってくれる企業に任せれば、自分好みの商品を作ることができるというわけだ。今までは工場でできたものを買うだけだったのが、自分で工場で作ることができるというわけだ。

ビジネスの現場ではありうるかも

とはいえさすがに一家に一台のプリンタのように、3Dプリンタやレーザーカッターなどが一家に一台の時代がやってくるか?というと、それは難しいだろう。それだけのものを作る必要性がないからだ。さらに紙の書類なら作るものも多いだろうが、3Dの製品で作る必要があるものは少ない。むしろ、作らずに買うほうが今の方はコストパフォーマンスも良い。

本書でも紹介されている例は、基本的にニッチな商品がメインだ。レゴが発売しない非公認のパーツを作って販売するであるとか、クラゲ用の水槽を作るために、クラウドファンディングをしているなどだ。ニッチなニーズに応える技術がでてきているのは間違いないが、ビジネス・企業のレベルでとどまっている。

おそらく、今後もビジネス・企業のレベルでとどまるのではないだろうか。家庭で3Dプリンタなどで製品をデザインして作る、ということは考えづらい。

テンプレートが増え、製造機が増えれば…

とはいえ、全くこの未来がやってことないという風には思わない。例えばテンプレートが増え、そのテンプレートをダウンロードするだけで作れるようなものが増えれば、広まるかなとは思う。その際、3Dプリンターなどが使える場所がコンビニなどに増えていけば、どんどん自分で作るという人は出てくるかもしれない。

つまりまだまだ個人のレベルに落ちてくるまでには何段階か超えなければいけないハードルがある、というわけだ。日本でもまだまだメイカーズの時代はやってきていない。企業でもビジネスでもまだやってきていない。今後もやってくる気配はあまり感じない。

早くこういうワクワクする方向に行ってほしいね。

【映画】マイ・インターン 互いへのリスペクトが会社も家庭も幸せにする

マイ・インターン(吹替版)

マイ・インターン(吹替版)

 

連休ということで、一本映画を見ようかなと思い、アマゾンプライムでレンタル。100円で見られてかなりお得でした。

ベンチャー企業の創業者でありCEOでもあるジュールズ。家庭や仕事での悩みに対し、新しくやってきた70才のシニアインターン、ベンが様々な面でアドバイスをくれる。年齢を超えた友情を二人は育んでいく。

設定も面白いが、この映画の一番いいところは両者がリスペクトを持っている点だ。

年齢を気にせずリスペクトすることが大事

70才のベンはジュールズへのリスペクトを忘れない。おそらく30代であろうジュールズに対して、しっかりと上司として、そして創業者としてのリスペクトを忘れていない。そしてジュールズもどんどんとベンの生き方を尊敬していく。そうして二人は友情が育まれていく。

一番大事なのはこのリスペクトだ。もし日本であれば、年齢の高い人が部下になった場合、その年上の部下にリスペクトをする人がどれだけいるだろうか?また、年齢が下の上司に対し、リスペクトをする人はどれだけいるだろうか?おそらくそんなに多くはないだろう。だからこそ日本だとこの設定はほぼうまくいかないだろう。

年齢を重ねてきた人たちにはそれだけの経験がある。成功も失敗もしてきた経験があり、その経験には耳を傾けるべきだ。そして年齢が若い人には勢いとチャレンジ精神がある。若者は10年20年後のために行動ができる。両者に良い点があること、それをしっかりと敬意を払うべきなのだ。

日本の職場だとありえないだろうなーと思うのは、このリスペクトが両者に生まれないだろうと思ってしまうからなのかもしれない。しかしこういう関係を築けたらいいなと私も思ったりする。

ちなみに私はアン・ハサウェイが大好きだ。好きなタイプはアン・ハサウェイ夏目三久中田有紀小西真奈美だ。

 

頑張る方向性が違って、適材適所が重要では?

note.mu

気持ちはわかるし、多分この方はすごく優しい人なんだろうなと思う。頑張れなかった人、頑張ってもついていけなかった人が取り残されていく世界というのはどうなんだろう?優しい世界なのだろうか?という感じだろうか。

気持ちはわかるが、少し違うと思う。そもそも誰でも彼でもチャットワークやGoogleスプレッドシートをオンラインで編集できるようにする必要があるか?といえば、全くその必要はない。工場のラインで働いている人には必要ないし、本屋さんではたらく人、トラックドライバーなどにも必要がない。

頑張らなくても残れた時代の方が問題

少し前までの時代、昭和の時代ではこういったデジタルスキルが使えなくても特に問題はなかった。そろばんができればよかったし、電卓が出てきてもそろばんでも十分代用できた。タイプライターでなくても手書きでよかった。

つまりこういった新しい技術についていけなくても、十分働いていけた。十分働いていけた理由の一つは代替技術を使えなくても仕事ができたから。そしてもう一つがそういう人を雇用しておくだけの余裕が社会全体にあった、ということだ。どちらかというと、この後者の理由のほうが大きい。

窓際社員という言葉があったように、何もしなくても給料をもらうことはできた時代だ。そんな時代であれば、特に最新スキルを身につける必要はないし、そこについていかなかったとしても、雇用が確保されるわけだからやる必要性はない。それだけ余裕のあった時代でもある。

しかし今は違う。日本は世界でもトップランナー少子高齢化社会だし、経済成長率も他国を下回っている。経済的に厳しい状況では、どうしても効率が求められるし効率化できない人は取り残されてしまう。

一昔前と同じ働き方が通用するわけないのだ。外部環境が変わっているのだから。

余裕のない時代の働き方とは

では窓際社員を雇用して置けるだけの余裕がない現代、こんな時代の働き方としてはどういう働き方が正しいのか?

それが適材適所ではないだろうか。つまり自分の強みで戦うということだ。かの有名な格闘家は「競うな、持ち味を生かせ!」と言ったが、まさにそういうことだ

例えば自分はデジタルスキルにはついていけないとしよう。しかしそれ以上に運転スキルはすごく高くて、一度も事故を起こしたことない人がいる。そういう人は内勤でホワイトカラーの仕事をするよりも、ドライバーの仕事をしたほうが良いだろう。稼ぎたいなら長距離のドライバーでもいい。事故を起こさないドライビングスキルというのは貴重だ。

他にも接客術がうまいという人もいる。そういう人は接客業に向く。デジタルスキルについていく必要なんていない。デジタルスキルは苦手でも、細かい調整が得意という人もいるだろう。そういう人はデジタルスキルが使えなくても、ホワイトカラーとして引く手あまただろう。

結局、そういうデジタルスキルが使えるかどうか?はあまり問題ではない。問題なのは「同じ方向に同じようにみんなが進まないといけない」という幻想を持っていることだ。なぜ誰もがGoogleスプレッドシートを使えなければならないのか?なぜ誰もがSlackを使わなければならないのか?日本の労働者、約6000万人が同じ方向に努力する必要があるのか?

そんな必要はない、自分の得意な分野で戦えばいいだけだ。昭和・平成の時代はそれが許されなかった。みんながみんな、同じように進むしかなかった。しかし令和の時代は変わるのではないだろうか。

自分の好きなことってわかりにくいし、そもそも変わっていくもの

www.bakayarou.xyz

私は今年36歳なので、エラソーなことは言えないんだけれども、確かに最も良い判断をするのはなかなか難しいなという感じです。

自分の人生なんだから、自分の好きなように決めていい。

 

自分の好きなようにってのが、一体なんなのか・・・

 

他の仕事に転職することなのか、起業することなのか。

 

友達もそれほど多くもなく、転職や起業した知り合いもいないので、実際のところどうなのか。

そう、この自分の好きなようにってのが確かに難しい。そもそも自分の好きなことってなんなのか?ここがわかりにくい。特に仕事に追われて精神的に余裕のないときは、家に帰って体を休めること、ストレスを発散させることを第一に考えるもの。だから休日に「好きなこと」ができているわけじゃない。

好きなことなんて一つじゃないし変わっていく

ただ、一つ私も経験上「あ、そのとおりだな」って思ったのが、アリー/スター誕生にでてきたセリフだ。

船に乗っているときにちょっとだけと立ち寄った港に、数日、数ヶ月、数年居座ってしまった。しかしそれが今までで一番心地が良い、そんなときは身を委ねるのも大事じゃないか。

t-matsumoto.hatenablog.com

数年前までは結婚なんて、考えることはあんまりなかった。したいなー、くらいのノホホンとした考えしかなかったが、今は自分のパートナーと結婚して幸せな家庭を築くこと、これが一番だと考えるようになった。

それまではパートナーに出会うまで、自分でやりたい仕事をいくつか考えて、それをやっていく、そのことばかり考えていた。で、名を馳せるではないけれども、ビジネスで成功して社会貢献につなげる、というようなことを考えていた。

結局、自分にとって大事なことはビジネスでの成功・社会貢献というところから、今はパートナーと幸せな家庭を築くためというものに変わった。大事だと思ったことが、人生の出会いや経験によって、変わっていったのだ。

つまり、今大事なものや大切なものがないというのは別におかしなことでもないというわけだし、一つだけに決めてしまう必要はないということではないだろうか。少なくとも、私は昔と同じものが大事なもの・好きなもの・大切なものというわけではなく、変わっていった。

これが参考になるのかはわからないが、柔軟に考えるのがいいんじゃないでしょうかね?ということです。

 

労働生産性が低い人は高い職場・業種へ転職できるのか?

togetter.com

労働生産性が日本は低いということが話題になっている。元々、日本は一人あたりのGDPが低いと言われていたので、今になって問題とされているというよりも、前々から言われていたというのが正しいだろう。ちなみに日本の一人あたりGDPは2017年に世界で25位、38,448ドルとなっている。

労働生産性でいろいろな人が話しているが、経営者も従業員もレベルが低いことではないだろうか?

f:id:outroad:20190330105239p:plain

労働生産性が低い人は高い職場・業種へ転職できるのか?

労働生産性の定義

そもそも労働生産性とはなにか?下記のサイトから引用してみる。

生産過程における労働の効率のこと。生みだされた生産額を投下した労働の量で割った値、すなわち労働者1人1時間あたりの生産額で示される。

kotobank.jp

つまり労働者一人1時間あたりにどれだけの金額になるものが生産されたか?ということだ。例えば同じGDPでも、労働者の総数が少なければ労働生産性は高くなるし、労働者の総数が同じでも、生み出す価値が高くなれば労働生産性は高くなる。よくビジネスでは「数量×単価」という単純な計算がされるが、労働生産性の場合は下記のように簡単に定義できるだろう。

労働人口×生み出した価値

といえるだろう。

労働生産性を上げるための方法

すなわち労働生産性を上げるために必要なことは下記の2つだ。

  • 労働人口を減少させる
  • 生み出す価値を上げる

日本は人件費を増やすより、先にやることがあるでも書いたが、日本の労働者数はどんどん減っている。「1995年:8762万人」⇒「2018年:7484万3915人」なので、生み出す価値が変わらなければ、労働者人口が減っていくことで労働生産性は上がっていくはずだ。

もちろん生み出す価値を同じにする、というのはなかなか難しい。リストラをしたら必ず売上高は縮小する。そのため、労働人口を減らして同じ価値を生み出すというのは難しいだろう。設備投資や新しいシステムを導入するなどが必要で、まさに経営者が今取り組んでいるのがこの部分だ。

人手不足で採用が難しい、人が少ない中でいかに売上を上げて利益を残すか?ということを考えると、システム化、機械・IT・デジタル化を行う必要がある。多くの企業で検討され、実行されつつある。

あなたはGAFAで働けますか?

一方で生み出す価値を上げるという意味では一人一人の労働者の質が大事になってくる。例えばだが、高収益を誇るGAFAの社員1人と、中小企業のSE・PGのどちらが高い価値を生み出しているだろうか?同じ作業をしたとしても、GAFAの従業員のほうが圧倒的に高い価値を生み出している。だからこそ報酬・給料も高い。

GAFAはビジネスモデルとしても高収益を残せる仕組みを作り出しているが、その分従業員へ求めるレベルも高い。東大・京大当たり前の学歴、技術も自分で学んで身につけられる地頭の良さも持ち、そして組織でのコミュニケーションもしっかり行える。スーパーマンのような人材が多くいるのだ

GAFAは世界でも特殊かもしれないが、もっと卑近な例を考えればトヨタ・ホンダといった自動車会社に、町工場の労働者が就職できるだけのスキルがある人がどれだけいるだろうか?スキルがあるなら、トヨタ・ホンダといった高収益で報酬・給料も高い職場を選ばない理由はないだろう。

ただ、日本は労働者は優秀とよく言われる。確かに日本の労働者は優秀だと思うが、その優秀は中間レベルでの優秀ということだろう。GAFAトヨタ、最近だとサムスンやファーウェイなどの世界トップ企業で働ける「超優秀レベル」の人は少ないのではないだろうか

国としての対策と個人としての対策

日本という国としての対策では、高付加価値を生み出す世界的な企業に就職できるだけの人材を作る必要がある。超優秀な人材を生み出し、日本で住んで日本の企業に就職してもらえるような仕組みが必要だ。今は超優秀な人材を排出しても、日本の企業には受け皿がほとんどないから海外へ流出してしまうだろう。

こういった国としての対策は政治家や官僚の方々が考えるとして、我々個人が考えないといけないことは、より報酬の高い企業に移るにはどうすべきか?ということだ。企業経営者に「たくさん金をよこせ!」とか言っても意味がない。

そして「経営者はもっとたくさん給料を払える仕組みを作るべき」という主張もまた、的外れだ。経営者がたくさん給料を払える仕組みを作れば、それに伴い従業員へ求められるレベルも上がるGAFAと同じだけの給与がほしければ、GAFAの従業員と同じスキルが求められるのだ。

なので、我々個人はより報酬の高い企業に移るために、スキルを身につける・経験を積むということを考えないといけないのだ。

経営者も労働者もレベルアップが必要

結局、経営者も労働者もレベルアップする必要がある。経営者がより高収益の企業を作り、それに必要なスキルを持った労働者が入ってきたら、労働生産性は上がっていくだろう。逆に労働者だけがレベルアップすれば、既に労働生産性が高いGAFAのような企業に流出するだろうし、経営者だけがレベルアップしたら、従業員が採用できずに倒産するだろう。

両方のレベルアップがなければ日本の労働生産性は上がらないだろう。

【感想文】かなり読みやすく具体的な工夫がすぐにできる

伝え方が9割

伝え方が9割

 

話題になっている本書、今になって読んだけれども確かに話題になってもおかしくないなというような印象を受けた。文字数も少ないし、わかりやすく書かれているからだ。

コピーライターである著者は伝え方を変えるだけで断られることが減り、受け入れられることが増えるというものである。もちろん、これは統計的に考えられているものではなく著者の経験によるものだ。なので確実ではないし、複雑系の世の中で言葉だけが影響しているとも言えない。

しかしそれでも、言葉を工夫するだけで受け入れられる可能性が高まるなら、低コストだ。

言葉は誰のために発するか?

本書で最も大事なことは、おそらく「言葉は誰のためのものか?」ということではなかろうかと思う。つまり、言葉は自分のものではなく相手のものである、という前提が必要ということだ。相手の気持や立場に合わせて、言葉を選ばなければならない。むしろ相手にどうインパクトを残すか?などを考えなければならない。

多くの場合、言葉を発するときには自分のために発することが多い。しかし、相手のことを考えて発した言葉の場合はかなりの確率で受け入れられるようになる、というのが本書の主張だ。確かに、気持ち的にもそういう事がありうるだろうと考えられる。

例えばよくあるパターンだが、最初に感謝を伝えることで受け入れてもらいやすくするというものだ。営業でも「失礼しました」や「すいませんでした」ということを言わず、「ありがとうございます」に変換することで良い方向に向くことが多い、とされている。

おそらくそれはどの場面でも同じなのだろう。

 

本書はさほど難しくないし、1時間程度で読み終えるくらいのボリュームなので、本を読むのが苦手な人にもおすすめできる。また、シリーズでは漫画で読むパターンのものもあるので、活字が苦手な方は漫画で読んでみてもいいだろう。

まんがでわかる 伝え方が9割

まんがでわかる 伝え方が9割

 

【感想文】確かに、100円均一のレベルは上がった気がする

百円の男 ダイソー矢野博丈

百円の男 ダイソー矢野博丈

 

子どもの頃、近くのスーパーでよく100円セールをしていた。まぁ100円セールで帰るものといえばハサミとかスプーンとか食器とか、そういうものだった。あんまり商品数も多くないし、必要なものがあれば買うくらいのものだった。

それが今やダイソーを筆頭に100円ショップで買えるものが非常に多くなった。引っ越しして、最初に行くところはダイソーで、必要なものは低コストで揃えられるような時代になった。

不運の連続から奇跡の成長を遂げたダイソー

今やダイソーといえば100円ショップのトップであり、多くの人が知っている企業だ。しかし、創業者の矢野さんは順風満帆な人生を過ごしてきたわけではない。

例えばダイソーの前に養殖業を行っていたのだが、全然うまく行かず大赤字になってしまい夜逃げしている。東京に家族で夜逃げしてくるとき、奥さんの支えが励みになったという。

またダイソーがうまくいきだし、100円市をスーパーの店頭などで行っている時代、放火にあってしまった。在庫も事務所も燃えてしまって、再起不能な状態だったそうだ。しかしそこから矢野さんと親族、そして多くの人の力を借りて再度復活したのだそうだ。

このように矢野さんは今やすごい人になっているが、順風満帆ではなかった。今、人生で不運な状況に直面している人もいるだろう。私も困難な状況に今はあると感じている。しかしそんな時に矢野さんの状況を見ると、短期間で解決しようとしないほうがいいのではないかと思う。

ダイソーが大きくなったのも1ヶ月2ヶ月のことではない。何十年もかけて、今の地位にあるわけだ。であれば、困難な状況も1年2年3年とかけて、克服していくべきなのではないか?矢野さんの姿勢を見ると、そんなふうに感じる。

海外展開してるの、知ってました?

ダイソーは国内はもとより、海外展開も積極的に行っている。アメリカ・カナダ・オマーンサウジアラビアインドネシア・中国…その他にも、多くの国でダイソーは展開をしている。

海外展開をする場合も基本的な原則は一緒で100円の高級品を売る、ということだけは曲げずに商品力で勝負しているようだ。もちろん現地のルールや文化に従い、2ドルショップなども多いようだが、それでも「こんなものがこの値段で!」という質にはこだわっているようだ。

おそらく商売の本質なのだと思う。仕入れて売る、その時に差額が利益になるが、その利益を小さくすればするほど、良いものが仕入れる。そしてお客さんは良いものを欲しがる。結果的に、薄利多売にしていくことこそ、多くのお客さんに支持されていくということなのだろう。

100円で販売して50円の利益を取るか、100円で販売して1円の利益を取るか。多くの人は前者を選ぶが、100円ショップは後者を選べた矢野さん、ダイソーが勝った。ビジネスというのは奥深い。

百円の男 ダイソー矢野博丈

百円の男 ダイソー矢野博丈

 

【映画】ボクのワンダフルライフ 泣ける・感動できる・犬かわいい

www.amazon.co.jp

犬を主人公にした映画で、生まれては死んで生まれ変わるというのを繰り返す。何回も死んじゃうので、すごく悲しくなるのだがエンディングや見終わった後は心地よく終われる。アマゾンプライムビデオで見られるので、アマゾン会員方はぜひどうぞ。

犬が生きる意味って?

何度も生まれ変わるわけで、いろんな犬が出てくる。犬好きにはたまらない。いろいろな犬がいるのだが、犬の生きる意味とはなんだろうか?なぜ人間と一緒に生きるのだろうか?犬は人間と一緒にいて、楽しいのだろうか?実際、犬と意思疎通できるわけではないので、本音のところはわからない。

ただ、やはりいろいろな人生を経験して、楽しいものもあれば楽しくないものも会ったようだ。犬として楽しんでいた人生もあれば、そうではない人生もある。その中でも「この人と一緒にいたい」と思ってもらえる、そんな関係が最も良いのだろう。

つまり犬が生きる意味というのは人間との関係性の中で作られるのだろう。そして犬が最も良い人生だったと思ってもらえるよう、人間はしっかりと関係を築かないといけない。虐待などはもってのほかだ。そういう意味では教育にもいい映画と言えるだろう。

ぜひ犬好きの人は見てほしい。