ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

サラリーマンよりフリーランスこそ副業を持つべき

surftrip.hatenablog.com

ちょっとこのエントリーに書かれていることとは違うのだけれども、「自分で飯を食う」というのはなかなか難しい。上記ブログにも書かれているが、サラリーマンもしくはそれなりの企業に入れば、メシ自体は食える。ただ、フリーランスはそうは行かない。仕事を得て食っていくにはなかなか大変だ。

個人的に自分でメシを食うということを考えると、フリーランスこそ副業をすべきだと思う。特に代理店などのつながりがないのに独立した人ほど

フリーランスには3つの収入の柱が必要

よくフリーランスで言われていること、中小企業などでも言われていることだが、収入の柱を3つ持っておくと良いと言う。なぜかと言えばこれはリスクヘッジだ。一つの仕事がダメになって収入が途絶えても、その他2つの仕事で耐えしのぐ事ができるようになり、長く続けられるようになるからだ。

フリーランスや中小企業の場合はどうしても大手の下請けという収入がメインになるので、収入の柱が一つになりがちだ。収入の柱が一つになってしまうと、そちらがダメになったときに倒産・廃業は避けられない。さらに取引先も「うちがダメになったら、あんた困るだろ?」と、足元を見て取引条件を悪化させてきたりする。

なので3つの収入の柱があれば、こういったリスクを回避できるわけだ。最近では3万円の仕事を10個持て、なんていうのもあったがこれもまさにそういうことだ。リスクヘッジすることで発言力も増すし、仕事がダメになったときの融通が利くのだ。

フリーランスも副業があればそれで食っていける

フリーランスでそれなりに稼いで食って行けている人たちの多くは、大企業の代理店などとのつながりがあったりする。私の周りでもウェブデザイナーやコーダーは代理店の仕事をこなすことで、うまく食って行けている。月額50万前後くらいは稼げるレベルになっている。

フリーランスになるならば、絶対にこういった「太客」を得ておく必要がある。ただ、中には私のように何もなしに独立する人もいるだろう。ただ単に貯金を浪費していくばかりという人もいるかと思う。仕事を持たずして独立すると仕方ないことだ。

しかしここで副業があれば気持ちはだいぶ楽になる。副業で食っていければ、フリーランスとして、直取引の相手を探す余裕も出てくるだろう。もちろん副業に頼り切りにならないようにしなければならないが、それでも貯金を食いつぶすだけよりも、取引先を見つけられる可能性は高くなる。

実は私もフリーランスでありながら、副業で仕事をしているような状態だ。自分で応募したわけではないのだが、友人からお願いされて精神障害発達障害の方向けのパソコンの講師をしている。これがそれなりにお金になっているのだ。もしこの収入がなければフリーランスとしてやっていけないだろうと思う。

副業+フリーランス収入という新たな働き方

別にフリーランス収入だけで稼がなければならない、というわけでないだろう。フリーランスの収入が15万円、副業が8万円あれば23万円の収入になる。うまく節税をすれば可処分所得は20万円くらいになるだろうから、十分やっていけるだろう。ウェブ系などは特に。還付金というボーナスも得られる可能性だってある。

こういった働き方と言うのは今後増えていっていいのではなかろうか?副業と言うとどうしてもサラリーマンの土日の副業というイメージが強かったが、フリーランスでも副業はできる。フリーランスのほうがサラリーマンよりも副業という柱を持っておいたほうがいいのかもしれない。

ちなみに私はパソコン講師という実業のウェブマーケティングに近いところで仕事ができている。フリーランスが副業をする場合は実際の仕事に近いところで仕事をする方が良いだろう。そのほうがシナジー効果を生めるはずだ。だいぶ働きやすいと思う。

私個人としては将来的な展望もあるので、このままフリーランスで行くことはないと思うが、フリーランスでずっと働きたいという人は副業もしつつフリーランスをしてみてはいかがだろうか。特に今から独立する人はフリーランス+副業という働き方を、考えてみてほしいと思う。