ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

東京が強いのは「仕事・経済」地方移住をすすめるなら本気になり逆張りを

地方から人が出ていく、という話。で、地方に戻ってきてもらうために「地方の素晴らしさが知られていないから、その素晴らしさを知ってもらう努力をすればいいんだ!」と努力しているのだそう。

田端さんの意見に100%同意ではないが、やはりPRをなんとかしたらいいというものでもないと思う。そもそもなぜ地方から人が出ていき、都市部に集まるのか?の意味を知る必要がある。

老若男女問わず都市・郊外に住むメリットは大きい

先ずなぜ人は都市部に集まるか?だが、結局のところは便利が良いからだ。それ以上でもそれ以下でもないし、都市部の魅力・メリットというのは便利だからだ。しかもそれは若者だけじゃなく、老若男女にとっても便利なのだ。

最も大きい理由は仕事だろう。これは今に始まったことではなく、昔からだ。北海道・東北から東京へ、西日本からは大阪へ多くの若者が仕事を求めてやって来た。そして若者たちは「金のたまご」と呼ばれ、学歴など関係なく重宝されたのだ。仕事があるところに若い人は寄ってくる、これは時代が変わっても同じだろう。

高齢者にとっては都市のど真ん中よりも郊外くらいがちょうどいい。郊外のいいところは医療・介護施設が整っているところだ。病院もしっかりあるし、アクセスも良い。若者も多いので、介護施設も多くある。地方には介護施設も少ないし、病院も少ない。場合によっては必要な治療が受けられないことがある。

結果として地方よりも都市部もしくは郊外のほうが圧倒的に便利が良いのだ。誰にとっても便利が良いのだ。

地方が変われば人口減少は止まる?

じゃあ田端さんの言うようrに地方が一生懸命頑張って自分たちが変われば人口減少が止まるか?移住してくる人が増えてくるか?というと、あまり期待できないだろう。そもそも日本は人口減少社会になっており、なにもしなくても人口は減っていくのだ。

下記のグラフは都道府県別の人口増減グラフだが、東京とその郊外である埼玉・千葉・神奈川に人が集まっている。もしくは愛知や福岡などの地方都市の人口が増えている。逆に秋田・青森・高知などの地方は人口減少している。

f:id:outroad:20180222143326p:plain

なので地方で何か頑張ったとしても、そもそも減少していくのは避けられない。

ただし、減少の度合いを遅くするであるとか、若い人たちを呼び戻すということは努力次第では可能になるだろう。その際に大事なことは自分たちの持っている資産を活かすこともそうだし、さらに自分たちが変わる努力をしなければならないだろう。

一つの答えが沖縄で、これは完全に沖縄という自然をたくさん持っている地域だからこそできることだ。観光資源をフル活用し、住みたいと思わせることに成功している。何者にも代えがたい自然を持っているということ、それをPRするという方法はいくつかの地方にも使えるだろう。

移住者を増やすために地方はどうすべきか?

ただ、それができない地方はどうするのか?それこそ田端さんが言うように変わらなければならない。どう変わるのか?それは都市との差別化を行うしかない。例えば下記の福井県高浜町では結婚して移住してもらうという施策を取っている。結婚したい願望の強い女性をターゲットにしているともとれる。

pinto-takahama.jp

他にも鹿児島のトカラ列島というところでは、島を必死になってPRした。村人・村役場は過疎になり、島がやっていけなくなるという危機感を持ち、力を入れて移住を促進した。もちろん住民もみんな優しく、移住してきた人たちもうまく馴染んでくれたことも大きいだろう。

まさにこの事例は田端さんが言う「変わる」ということをしっかりと実行したから成功した事例と言えるだろう。

courrier.jp

仕事・経済以外の魅力を生み、若者を引きつける

地方が若者の移住を狙い、人口を増やすために必要なことは仕事や経済以外の魅力を生み出すことだ。仕事や経済の魅力は東京や大阪に勝てるわけがない。都市部の最も強い武器は仕事であり、高い給与だ。そこと真正面から戦って勝てる可能性は0%だ。

だからこそ上記の事例のように、若者の多様になったライフスタイルに寄り添うように、新しい価値観を提供していかなければならない。端的に言えば東京の真逆を行き、そこに付加価値を乗せてアピールする必要がある。いわゆる逆張り。例えば待機児童ゼロもそうだし、仕事はオフィス仕事じゃなくて第一次産業だ。全体で見れば魅力に見えないかも知れないが、切り口次第では魅力になる。

あとは田端さんが言うように本気になることだろう。トカラ列島の事例は本気で役所が移住を進めた結果であり、本気で変わったからこそできたことだと思う。本当に移住を進めたいなら、気持ちもそれだけ大事ということは間違いないだろう。

別に東京のように何十万人・何百万人集める必要はないのだから、100人単位で魅力を感じてもらえるようにすれば、きっと地方も輝くはずだ。