ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

【映画】パパはわるものチャンピオン ~プロレス愛してまーす!!

papawaru.jp

新日本プロレスの選手がたくさん出てくる映画、棚橋選手が主役。元エースとして君臨していた大村孝志は怪我のために一時プロレス界から姿を消す。実は大村は爆弾を抱えながらもプロレスをやめず、ヒールレスラー「ゴキブリマスク」としてリング上で嫌われ者を演じていた。

その嫌われ者であるゴキブリマスクが自分の父親であるということを知ると、息子の祥太はショックを受けてしまう。そんな折、孝志にチャンスが巡ってくる。プロレス界の祭典、Z-1へ出場することになるのだった…

とまぁこんな感じで進んでいく映画だが、プロレスファンとしては最高の映画だった。プロレスが好きじゃなくても、生きるとは?生き様とは?教えてくれる事が多い映画だ。

プロレス、愛してまーす!!

株式会社 悪の秘密結社という会社をご存知だろうか。私も最近知ったのだが、ヒーローショーでの悪役を派遣してくれる会社だそうだ。このビジネスを始めた人はすごいところに目をつけたなと思う。

akunohimitsukessya.com

なぜ悪役をあえて演じるのか?祥太は小学生だから、ヒーローのほうがカッコイイと思っている。悪役を演じるパパはかっこ悪く、ダサいのだ。しかし大人になると、こういう悪の秘密結社のような会社を作る人も出てくる。

これこそ生き様というものではないかなと思う。ヒール役をあえて担うプロレスラーが出てきてくれることで、エンターテインメントとしては盛り上がる。もちろん悪役ではなくエースとして、ベビーフェイスのチャンピオンとして輝きたいと思う気持ちもあるだろう。

そんな中で悪役を買って出ることで、プロレスを続け、そしてプロレスを盛り上げてくれている人がいることを、ファンはちゃんと見ている。仲里依紗がその役周りをしてくれているが、ファンはちゃんとレスラーを応援しているのだ。

エースだった人間が年を取り、膝に爆弾を抱えながらもプロレスのリングに立ち続けるために、ヒール役でもやるという気持ちは本人にしかわからないだろう。でも、ファンはその気持ちを少しでもわかりたいと思う。我々は彼らの人生の一片をリングで見届けているのだから。

カッコイイベビーフェイスでいることだけが人生じゃない、勝つことがだけが人生じゃない。あえて嫌われ者を買って出て、勝ちから遠ざかるような選択肢を選ぶこともまた、人生である。もちろん前者は輝かしいし憧れる人も多いだろう。しかしだからといって、後者の人生がダメなわけではないのだ。そんなもがき苦しむこともまた、人間讃歌なのかもしれない。

 

個人的に好きなシーンとして木村佳乃がプロレスのチャンネルをそのままにする場面が好きだ。あれはあれでプロレスラーの奥さんとして、すごくカッコイイなと思った。

プロレス映画としては他にもミッキーローク主演のレスラーがある。私の好きな映画ベスト3に入る映画だ。こちらは少し感情移入できない人もいるかも知れないが、同じくうまく行かずにもがき苦しむレスラーの映画だ。ぜひ一緒に見てほしい。

www.youtube.com