ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

SNSをやっていない人にSNSを勧めるべきか?

www.mbs1179.com

私の好きな芸人、メッセンジャーのあいはらさんがいつも野球のオフシーズンに行っている番組。今回のメンバーもなかなか面白かった。あまり知られていないネイビーズアフロはそれぞれ月収39万円、41万円ももらっているそうだ。くやしい(笑)

さて、この番組内でSNSをやっていないあいはらさんにネイビーズアフロSNSの良さを伝えるということをしていたが、あいはらさんはSNSをやらない。「今どきSNSやらないなんて」と思う反面、やるべきなのか?やるように勧めるのが正しいのか?とふと思った。

パソコンが必要ない経団連会長

先日かなりネット上で盛り上がったのが、経団連会長が今まで執務室にパソコンを置いていなかったという話だ。新たに中西会長が就任し、初めてパソコンが執務室に置かれ、職務指示のメールが送られたという。

www.asahi.com

今までパソコンがなくてもやってこれたわけだが、経団連会長であればパソコンくらい流行っていてほしいものだ。経済を引っ張っていくリーダーだし、デジタルなしで経済は成り立たない時代だ。現在の状況をパソコンやスマートフォンを通して、操作を経験しつつ、今後の経済発展を考えるのは大事な仕事だろう。

ただ、経団連会長ではなく、一個人として考えればどうだろうか?今までパソコン無しでやってきて、それでも十分仕事ができて、さらに何千万円も報酬がもらえる立場につくことができた。部下が何でもやってくれるし、指示するだけでいい。そんな状況であえて新しくパソコンを持とうとする必要があるのだろうか。

固定ファンがいればSNSはいらない

あいはらさんの場合もこの経団連会長の話に近いものがある。メッセンジャーも50歳近くになって、かなりのファンがいる。おっさんがメインのファンではあるが、そのおっさんたちは固定客だ。SNSをやらなくても、ラジオ・テレビ・舞台・雑誌で情報を得て、あいはらさんのイベントに行くし番組も見る。

結局、こういう固定のファンを掴んですでに他のメディアである程度宣伝でき、それでタワーマンションに住める程度の収入は得られているわけだ。そこからさらに「SNSやりましょうよ」と言われても、SNSをやる理由がないだろう。さらに収入を増やしたいというのであればともかく、今の安定を崩してまで新しいことを覚える理由もない。

経団連会長もあいはらさんも、SNSを新しく始める動機は少ないのではないだろうか。

新規参入組にはSNSは必須

ただし、ネイビーズアフロのような若手芸人にはSNSは必須だ。新規参入組は固定客もいないし、ラジオもテレビもない。舞台やイベントがメインなのだから、出演する舞台やイベントをSNSでアピールし、手売りでチケットを売らねばならない。使えるものは何でも使ってアピールしないといけないわけだ。

おそらくあいはらさんも今若手だったら、SNSでもなんでもやっていただろう。

 

SNSをやっていない人にあえて勧める必要性はその人の今の状況によるのだろうね。