ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

個人的にスタバが好きになってきた理由は細かな注文に答えてくれるから

最近スタバが私の中でふつふつとブームになってきています。いやね、「今頃スタバかよ(笑)時代はタピオカだろ(笑)」とか笑う人も多いかもしれない。でもね、スタバって他のチェーン店のコーヒー店とは違うところがあるなってわかったんだよね。

それが細かい注文に答えてくれるっていうこと。

エスプレッソ氷入れてトールのマグカップ

もう私もおっさんなのでスタバでも「コーヒーください」くらいしか行っていなかった。が、色々と注文を聞いてくれるということを知って、試しに「エスプレッソをマグカップに入れてください。氷は3つくらいで」と頼んでみた。すると、全力でその注文に答えてくれたのだ。

エスプレッソは一般的に小さいカップに入ってくるものだが、別に俺はエスプレッソはいらない。カフェオレが飲みたいのだが、カフェオレというのはスタバにはない。スターバックスラテはあるけれども、ちょっと甘い。

ということでエスプレッソを頼んで、コンディメントバー(砂糖とかミルクとかおいてる場所)でミルクを入れて、カフェオレを独自に作るのだ。そうすればミルクの量も好きなようにできるし、はちみつやガムシロップも好きなように入れられる。場合によってはココアなんていうのも作れたりする。

温めてもらうっていうのはさすがにシてもらったことはないけれども、今の時期ならアイスのカフェオレで十分だ。エスプレッソでなくても、コーヒーを大きめのカップに入れてもらって、牛乳を入れることで独自のカフェオレを作ることも可能だ。

他のチェーン店だとこれが出来ない。コーヒーをアレンジメントできないので、自分好みに作ることができない。ドトールエクセルシオールもプロントも、出来ない。スタバだけが答えてくれるので非常に気持ちが良い。もちろんWi-Fiや電源もあるので、作業もできる。

というわけでスタバ反対派だったが、今はスタバが一番好きだ。フラペチーノとかは頼まないけど、コーヒーの要望に答えてくれるのは本当にうれしい。

スタバのカスタマイズしたカフェオレ